東大寺、二月堂でお水取りの行事が始まっています。
 夜のお松明に行きたいけど寒いのと人が多いので諦めて昼の行事を少しだけ
 見てきました。
 
*お水取り: 東大寺二月堂で行われる「修二会)」という法会の行事です。
 修二会の正式な名称は「十一面悔過(じゅういちめんけか)」と呼ばれています。
 儀式は 心身を清めた「練行衆(11名の僧侶)」が一般の拝観者は見ることが出来ない
 二月堂の本尊「十一面観音菩薩」に向かい宝号を唱え、荒行によって過去の罪過を
 懺悔し、天下安穏などを祈願するもの です。
 修二会は752年から始まり、大火で伽藍が焼け落ちても続けられてきた不退の行法で
 今年で1273回目となります 。お水取りは3月12日の深夜から3月13日の未明に
 かけておこなわれる儀式で 二月堂前の若狭井という井戸から観音菩薩にお供えする
 「お香水」を汲み上げる行事です。(ネット参照)

修二会が行われる二月堂。①3060120
②P3060028
お水取りの時だけ掲げる角行灯。⑧P3060054
60~80㎏あるお松明。③P3060004
④P3060140
練行衆は食堂(じきどう)へ走って入り、祈りながら一汁二采の膳を囲みます。⑤P3060158
P3060156
食後、練行衆が退堂する時、生飯(さば)をします。(懐紙に包んだ取り残しご飯を屋根に投げ鳥獣に施食)。カラスがちゃっかり待っています。⑥P3060218
P3060217
食事作法が終わると参籠です。入堂し深夜まで業を行います。⑦P3060253
P3060254
童子による食事の世話。⑨P3060172
➉P3060179
⑪P3060191
⑫P3060128b
草履。⑭P3060112
お松明の火の粉をはらう箒。⑬P3060080