法輪寺は、斑鳩町三井@奈良にある聖徳宗の寺院。山号は妙見山。本尊は薬師如来、
三井寺とも呼ばれ、「法林寺」「法琳寺」とも言われ法隆寺東院の北方に位置する。
 現存する三重塔は1975年(昭和50年)の再建であるため、世界遺産「法隆寺地域の
仏教建造物」には含まれていない。法輪寺は寺史に関わる史料が乏しいため、創建
事情の詳細は不明ですが、発掘調査の結果等から、7世紀中頃には存在していたよう
です。
 本尊薬師如来像と虚空蔵菩薩像も飛鳥時代末期にさかのぼる古像である。
 三井寺という別名は、当寺のある三井の地名に由来し、付近に聖徳太子ゆかりといわれ
ている3つの井戸があった所から来ている。@Wikipedia。

法輪寺@斑鳩。①P2120046
②P2120047
③P2120054
⑤P2120051
④P2120049
⑥P2120056