☆☆たいかな日記☆☆

自然の中で鳥との出会いを求め活動しています。主に近隣での観察が中心ですが、時にはミニ遠征も致します。

風景

下鴨神社。。

 賀茂御祖神社(通称下鴨神社)は平安京造営以前に京を治めていた豪族賀茂氏の
氏神です。ユネスコの世界遺産「古都京都の文化財」の一つで祭神は賀茂建角身命
と玉依媛命。
DSC_8629b

DSC_8642b
DSC_8643b
DSC_8647b
DSC_8649b
DSC_8659b
下鴨神社の入り口にある河合神社。
河合神社DSC_8636b

三井下鴨別邸。。

 三井家11家の共有の別邸として三井北家(総領家)第10代の三井八郎右衛門高棟が
大正14年(1925年)に建築した旧三井家下鴨別邸です。建築に際し、木屋町三条にあった
木屋町別邸を主屋として移築しました。

旧三井家下鴨別邸は下鴨神社の南にあります。
DSC_8630b
主屋と玄関棟。3階に望楼がある。
DSC_8741b
DSC_8769b
庭園。
DSC_8690b
DSC_8713b
2階座敷から庭を望む。
DSC_8698b
1階座敷から庭を望む。
DSC_8711b
孔雀牡丹図(原在正筆)杉戸絵。
DSC_8717b
墨蘭図(絹本墨画)三井高福筆。明治15年。
三井高福は三井家8代目当主で第一国立銀行、三井銀行、三井物産などを創立し、
三井財閥の基礎を固めた。
DSC_8684b
月下鵞鳥図(紙本墨画)田能村直入筆。
田能村直人は現在の京都市立芸術大学の礎となった京都府画学校の設立に尽力した。
DSC_8692b

御手洗井。。

 祇園社の御旅所です。元、藤井助正の居住跡でこの名水は毎年、祇園祭の時だけ井戸を
 開け神水をふるまったそうです。現在は毎年7月14日~24日まで井戸を公開しています。

 DSC_8608b
DSC_8611b

紅葉の名所。。

  紅葉の名所、永源寺です。永源寺は臨済宗永源寺派の大本山で山号は瑞石山。
  南北朝時代(興安元年1361年)に近江守護職、佐々木六角氏頼公が創建した寺院です。
  開山は寂室元光禅師。 ライトアップされた夜間参拝は有名です。
F00A0921F00A0798
DSC_8933
F00A0862
F00A0901
F00A0939
F00A0938
DSC_8939

湖東三山(3)。。

 三か寺 巡りましたがどのお寺も素晴らしかったです。
 最後にお参りしたのは百済寺です。

 百済寺の山号は釈迦山で天台宗寺院、本尊は十一面観音、開祖は聖徳太子とされ、
 百済の龍雲寺にならって寺を建てたそうです。
 平安京に都ができ、比叡山に天台宗が開創されると、やがて天台宗の寺院として
 規模が拡大され壮大な寺院になりましたが信長による兵火で消失しました。 
F00A0764
F00A0609
F00A0643
F00A0664
F00A0726

湖東三山(2)。。

 金剛輪寺の山号は松峰山、天台宗の寺院です。本尊は聖観音菩薩、開祖は行基です。
 信長の兵火で被害を受けるが、本堂、三重塔は消失を逃れたそうです。
    本堂はかなり高い場所にあり、ちょっとした登山でした。途中、下りて来る人に後どれ
 くらいありますかと尋ねたら、未だ序の口と言われ疲れが一度に出ましたが気を取り直し
 登りました。
F00A0422
F00A0439
F00A0487
F00A0500
F00A0514
F00A0538
F00A0553

湖東三山(1)。。

 秋色を探しに友人と湖東三山(西明寺、金剛輪寺、百済寺)へ行きました。
 滋賀県は良いお寺が多いです。

 最初、行ったのは西明寺です。
 龍應山西明寺は天台宗の寺院で本尊は薬師如来、開基は三修上人、西国薬師四十九
 霊場第三十二番札所です。かっては、寺領2千石、17の諸堂、3百の僧坊があり繁栄
 したようです。
F00A0282
DSC_8910b
F00A0324b
F00A0320
本堂。
F00A0372
F00A0365b
三重塔。
F00A0335b

両界山。。

 華厳寺へ行った時、近隣の横蔵寺へ寄りました。

 横蔵寺は岐阜、揖斐川町にある天台宗寺院で山号は両界山、本尊は薬師如来、
 西美濃三十三霊場第一番札所です。
 寺伝では最澄が延暦寺を開創する際に、本尊薬師如来像を自ら刻み、同じ霊木から
 造ったもう一つの薬師如来像をこの寺に祀ったそうです。
F00A0143b
F00A0145b
仁王門。
仁王門F00A0155b
本堂。安置されている薬師如来座像は秘仏で60年に一度、開扉される。
本堂F00A0205b
三重塔。
三重塔F00A0182b
舎利殿。妙心上人の舎利仏(ミイラ)が安置されている。舎利殿F00A0219b

谷汲山。。

 高校の友人が西国三十三か所巡りをしていて華厳寺だけ残っていました。7年ほど前に
華厳寺を残し全て終わっていました。満願結願寺院は付き合って欲しいと言っていたのが
やっと実現しました。
 彼(岡山)と関西在住の友計4名で岐阜まで行きました。

 華厳寺は岐阜、揖斐川町にある天台宗の寺院で山号は谷汲山、本尊は十一面観音、脇侍
は不動明王と毘沙門です。西国三十三か所の札所寺院では唯一、近畿地方外にあります。

参道。
F00A0011b
山門。
F00A0022b
F00A0034b
F00A0043b
F00A0061b
F00A0063b
F00A0079b
F00A0097b
F00A0074b

六角堂。。

 頂法寺は一般には六角堂の通称で知られている天台宗系の寺院です。本尊は
如意輪観音で 西国三十三所第十八番札所です。
 六角堂は華道、池坊の発祥の地として知られていて華道家元が住職を務めています。

DSC_8658b
DSC_8625b
DSC_8696b
DSC_8689b
DSC_8669b
鐘楼堂。
DSC_8614b

建部大社。。

 近江国一宮  建部大社(大津市)です。日本武尊を「建部大神」として祀っています。
 源頼朝が平治の乱に敗れ伊豆国に流された道中、立ち寄って源氏の再興を祈願、後に
大願成就したことから出世開運の神として有名になりました。
 昭和20年(1945年)に日本で初めて作られた千円紙幣の図柄に日本武尊と本殿が使用
されています。

F00A1033b
F00A1040b
F00A1049b
F00A1055b
F00A1073b

郷里。。

 中学校の同窓会で岡山へ帰省しました。
 少し早く着いたので後楽園~岡山城まで足を延ばしました。
 常の帰省は車で、鉄道の旅は久しぶりです。
岡山駅。
DSC_8711a
DSC_8712b
駅前のカラフルな路面電車。
DSC_8720c
DSC_8729d
後楽園。
皆さん、ご存知の日本三名園の一つです。1700年(元禄13年)に岡山藩主池田綱政公の
命により完成した名園です。
DSC_8659e
唯心山から望む園内。
DSC_8623f
DSC_8620g
日が良かったのか婚礼衣装のペアが多かったです。バックは鶴鳴館。
DSC_8670h
慈眼堂(観音堂)。
慈眼堂DSC_8685k
岡山城。慶長2年(1597年)築城。
宇喜多秀家が築城した岡山城は外観が黒く烏城とも呼ばれています。
DSC_8634i
月見櫓。
月見櫓DSC_8647j

田舎の祭り。。

 実家@岡山です。帰省予定が延び延びになっていました。久しぶりに帰ったら、丁度、
祭りの最中で賑わっていました。

 郷里では有名な秋まつりで八社の御神輿が一堂に会します。寂れたとは言え、それなりに
 賑やかですが、高齢化の影響で祭りの主役は子供たちになっていました。。

 加茂大祭:毎年10月の第三日曜日に地域にある複数の神社が集まる寄宮祭で 岡山県の
                 重要無形民俗文化財にしてされています。
            鴨神社、松尾神社、化気神社、素戔嗚神社、日吉神社、八幡宮、三所神社、
                    天計神社の八社が総社宮に集まります。
F00A0357a
F00A0253
F00A0201b
F00A0138c
F00A0280d
F00A0322e
F00A0314f
F00A0062ff
F00A0268g
F00A0333h
BX8O21。

京都二条界隈。。

 烏丸御池から二条界隈を堀川まで歩きました。約半世紀前に働いたことがある懐かしい
地域です。人通りは少なく静かな街になっていました。

京都国際マンガミュージアム。
 京都市と京都精華大学が共同でマンガの展示、漫画文化の研究を目的として造った
ミュージアム。元、龍池小学校の校舎を活用しています。京都国際マンガミュージアムDSC_8599b
DSC_8600b
DSC_8602f
薫習館(松栄堂)
 7月にできた香りが体験できる展示館。
 この建物(左)は昭和34年(1959年)に建てられた古いビルで、私が最初に勤めた
会社の本社ビルです。
 懐かしかったので入りましたが中は当時のままでした。現在は隣接の松栄堂(線香の
老舗)の所有になっています。
薫習館、松栄堂DSC_8604b
DSC_8605b
DSC_8606f
薬祖神祠。
 二条通の一角にある小さな祠です。
 二条通は古くから薬の町として栄えましたが今は問屋も少なくなり、往時の賑わいは
ありません。11月に薬祖神祭(神農さん)があります。
薬祖神祠DSC_8612b
三井越後屋本店紀念庭園。
  三井越後屋呉服店の京都の拠点は、当初、有った店が手狭になり宝永元年(1704年)に
この地に移転しました。
三井越後屋本店紀念庭園DSC_8616
東三条院址。
 平安時代に藤原氏の屋敷があった場所で南北280m、東西130mと広大な敷地だったようです。

東三条院址DSC_8617

豊臣秀吉の妙顕寺城跡。
 妙顕寺は日像が建立した日蓮宗寺院ですが秀吉はここに二条新邸を構築し、聚楽第を
造るまで京都の政庁にしていました。
豊臣秀吉妙顕寺城跡DSC_8624
御金神社。
 金色の鳥居など黄金色に飾られた神社でお金に纏わる神社として有名です。
御金神社DSC_8620
二条城。
二条城DSC_8634b

宇奈月。。

 学生時代の友、数名で小旅行を楽しみました。
 京都駅からバスで5時間、宇奈月温泉&黒部へいきました。
    御多分に漏れずこの地も閑散としていました。街中は人影は少なく、幽霊ホテルも
 多々、ありました。

宇奈月の温泉街は閑散としています。@18.10.10
F00A0331b
トロッコ宇奈月駅。
F00A0302b
トロッコ電車。
F00A0249b
F00A0239b
紅葉は少し早いようです。
F00A0065b
F00A0091b
発電所。
F00A0167b
F00A0102d
宇奈月温泉駅。
DSC_8629b
F00A0315b

奈良公園。。

先日、所用で奈良公園を歩きました。
興福寺は中金堂再建落慶法要で賑わっていました。 @18.10.8。
DSC_8622
DSC_8609
DSC_8616
先月の台風の爪痕@春日大社参道。
DSC_8612
DSC_8613

再々、お山。。

秋の風が吹いている山は空が澄んでいて、遠くまで見えます。山に向こうの
真ん中あたりが「太陽の塔」です。
DSC_8605
肉眼では見えませんが・・・。
IMG_0465b

ホテル内。。

暑かったので涼しいところで・・・。@京都ホテル オークラ。
DSC_8637a
DSC_8636a

行願寺(革堂)。。

革堂へ寄りました。
西国観音霊場の第十九番札所。1004年に行円上人により開祖された天台宗の寺院。

行願寺(革堂)、本尊は千手観世音菩薩
DSC_8639
DSC_8641
寿老人神堂。
DSC_8644
暑かったので進々堂で休憩。
DSC_8645

Standby。。

いつでもOKです。

近所の山。。
DSC_8613
遠くの山。。
DSC_8616
DSC_8614

3泊4日の旅。。

 急遽、北海道への旅です。行先は札幌近郊。
 北の国は梅雨が無いので安心しきっていましたが台風の影響で雨続き。
 結局、目的は果たせず、今回は下見と言い訳をしています。
 リベンジします。(笑)。

初日:出発@関空。午後からの出発で夕方、札幌に着きました。
DSC_8611b
北海道の広い農地 @機内より。
DSC_8617b
2日目:雨の石狩川河口です。人はおりませぬ。
ノビタキ、ノゴマ、アカモズ、コヨシキリ、アリスイ・・・満足に撮れません。
DSC_8634b
3日目:北大 苫小牧研究林。土砂降りです。鳥影なし、熊の糞あり。
DSC_8645b
DSC_8648b
4日目:西岡公園。天気が良かったらクマゲラ、ヤマゲラが見られたのに・・・。
ハリオアマツバメの水飲みポイントです。
DSC_8657b
帰路@千歳空港。
DSC_8658b
大阪に着いたら晴れ。腹立たしい。
DSC_8661b

以下、札幌市内の風景&食事です。
雨の中の市場。
DSC_8625b
狸小路。
DSC_8619b
DSC_8638b
食事は・・・。
初日 夕食はラーメンで。@炎神で塩ラーメン。
DSC_8621b
DSC_8623b
2日目 昼食。石狩川河口近隣 佐藤水産で海鮮丼。
DSC_8630b
何故か味噌ラーメンも。海老が入っています。
DSC_8627b
2日目 夕食。なんで銀座ライオンかと娘に言われました。
狸小路ライオン@1914年誕生。
DSC_8644b
ハンバーグ定食。海老フライがついています。
DSC_8640b
3日目 夕食。北海道ならジンギスカンではと娘から突っ込みがありました。
店名は忘れましたが最後の夜はジンギスカンです。
DSC_8652b

安堵町。。

  案山子が増殖している安堵町に大きな聖徳太子が登場しました。高さは12メートルほど
あります。

車内から携帯で撮影。
DSC_8606

近隣の古寺。。

 近隣の古びたお寺です。初めて行きました。

 海龍山 王龍寺は 黄檗宗の寺院です。黄檗宗は隠元禅師によって日本に伝わった、
臨済宗の流れをくむ、禅宗の一つで宇治、萬福寺が大本山です。
 王龍寺は聖武天皇の勅願による古刹で、現在の寺院として体裁がととのえられたのは、
江戸時代になってからです。
 本尊は、石仏(磨崖仏)の十一面観音菩薩像です。

王龍山、山門。
DSC_8612
DSC_8614
本堂。
DSC_8616
庫裏。
DSC_8617
DSC_8618

屏風岩。。

山桜が満開の屏風岩です。今年は1週間ほど早く満開になりました。
屏風岩。
DSC_0224b
DSC_0221b
DSC_0211b
BY8A12。

近隣の寺。。

快晴の日、友人と佐保路を散策しました。

秋篠寺。
奈良時代末期、光仁天皇の勅願により開基。本尊は薬師如来。F00A6927bF00A6944b
F00A6934b
不退寺(別名、業平寺)、聖観音像は業平作、立派な仏像です。
F00A6994b
F00A6999b

天王寺界隈。。

天王寺界隈を歩きました。ここも外国の人が多いです。

通天閣。
F00A5490b
F00A5632b
F00A5608b
ビリケンさん。
F00A5635b
阿倍野ハルカス。
F00A5516b
茶臼山方面。
F00A5494b

時間つぶし。。

駅上から見た線路です。

大和西大寺駅。
DSC_0207b
DSC_0210b
DSC_0218b

歴史公園オープン。。

 平城旧跡に歴史公園がオープンしました。
 今までは荒地が多く残り  野生生物が沢山いたけど整備されて建物が立ち始め、鳥など
も減っています。気にはなりますが時代の流れですかねぇ。

開園式@18.3.24
DSC_0209b
DSC_0220b
遣唐使船。
DSC_0232b
展示館内。
DSC_0233b
せんとくん。
DSC_0236b
野鳥の会のブース。
DSC_0215b
催し物。
DSC_0231b
DSC_0238bDSC_0217b

連結バス。。

今月末からけいはんな学研都市で二両連結のバスが運行されます。
バスは全長18メートル、定員130名。通常のバス(全長11メートル)よりかなり長いです。
DSC_0208

宇治。。

 宇治橋から宇治川右岸を上流へ歩くと「さわらびの道」の案内があります。この道を進む
と宇治神社、宇治上神社が見えてきます。明治時代以前は宇治神社と宇治上神社は二社
一体でしたがその後、分離されました。
 祭神は兎道稚郎子命(うじのわきいらつこのみこと)で宇治の地名の語源は兎道稚郎子命
が宇治に来た際に兎が道案内をしたとか、兎が群れて通ったから等の説があります。

宇治神社。
DSC_0210
宇治上神社。
DSC_0209
DSC_0206
宇治橋から上流を望む。向かって左が宇治神社、右が平等院方面。
DSC_0211

清水寺。。

 清水寺へ行きました。京都に住んでいるといつでも行けると言う思いがあり、遠のいて
いました。222年ぶりに随求堂の扉が開帳され秘仏大随求菩薩像(だいずいぐぼさつぞう)
が公開されたのでお参りしました。
 菩薩像は江戸時代中期の作で台座を含めると高さは2メートル半、一面に金箔が張ら
れた厨子の中に鎮座し、8本の腕に剣や経典、蛇などを携えています。
 堂内は胎内巡りもできます。・・・撮影禁止で写真はありません。

随求堂。
DSC_0240b
清水寺参道。
DSC_0233b
清水寺。
DSC_0236b
DSC_0256b
地主神社。
DSC_0247b
音羽の滝。ほとんどが外国の人。
DSC_0261b
帰りに立ち寄った梅香堂で小倉抹茶ゼリーパフェをいただきました。
梅香堂は東山今熊野にある甘味処でボリューム抜群のホットケーキも美味しい。
DSC_0264b

本能寺。。

寺町通りを通ったので本能寺へ寄りました。
DSC_0212DSC_0214
信長公廟。
DSC_0215
DSC_0216

カーブミラー。。

いつも鳥を観察している池の中にカーブミラーがあります。
何のために設置されたか不思議です。
水鳥がぶつからないため?、誰かが投げ入れたか?・・。冗談めいた話があります。
近所の人に聞きましたが分かりません。40年以上前からあると言われました。

推論ですが、以前、この池の堤防は低くその後、嵩上げされ ミラーの手前を道路として
整備したけどミラーは撤去されなかった・・・。これが正しいかも。
DSC_0318
池の前の駐車場の持ち主にミラーが役に立ちますかと聞きましたがミラーの位置が低く
全く見えないそうです。
DSC_0320
池の遠景。冬になるとミコアイサ、ホシハジロ等、鴨が休息しています。
DSC_0327

静なお寺。。

 通りすがりに寄った喜光寺です。奈良菅原町にある法相宗の寺院で菅原氏の寺領で
あったことから「菅原寺」とも呼ばれています。参拝客はいなかった。

喜光寺。本尊は阿弥陀如来。
DSC_0342
DSC_0344

御金神社。。

 金色の鳥居がある御金(みかね)神社へ行きました。結構、お詣りする人が多い
ようで沢山の絵馬が奉納されていました。
 少しは運が回ってくるでしょうか。

DSC_0349DSC_0339
DSC_0346
絵馬。
DSC_0341

泉山七福神巡り。。

 昨年に続き七福神巡りをしました。昨年は都七福神巡り。今年は元勤務先近隣の泉山
七福神巡りです。昨年は雨の中、京都市内を隅々まで巡りました。今年はよもや雨は無
いだろうと思っていましたが 昨年と全く同じ土砂降りの雨。笑わずにはおられませぬが
折角、メンバーが集まったのでお詣りを続けました。
 七福神は撮影禁止で撮れないのでお詣りしたお寺を紹介します。

泉山七福神巡りの案内ポスター。 @18.1.10
DSC_0244b  

1番、福禄寿。
即成院。真言宗泉涌寺派塔頭。山内に那須与一の墓がある。

DSC_0238b
2番、弁財天。
戒光寺。丈六さんで有名な全高10mの木造「丈六釈迦如来像」がある。
DSC_0241b
DSC_0243b
3番、恵比須神。
今熊野観音寺。本尊は十一面観音。西国三十三所十五番札所。
DSC_0255b
4番、布袋尊。
来迎院。空海が三宝荒神像を安置し開創。大石内蔵助が設けた茶室「含翠軒」と庭園が
ある。近隣に勤務していた当時の散歩コース。秋の紅葉はお勧めです。
DSC_0260b
5番、大黒天(走り大黒天)。
雲龍院。南北朝時代に後光厳天皇の勅願で造られたお寺。本尊は薬師如来三尊像。
訪れる人が少ないのか或いは知る人ぞ知る隠れ寺なのか静かな趣のある寺院です。
DSC_0276b
DSC_0284b
DSC_0286b
6番、毘沙門天。
悲田院。聖徳太子が身寄りのない老人や放置された子供を収容する施設として造った。
DSC_0294b
悲田院からの市内遠望。
DSC_0297b
7番、寿老人。
法音院。鎌倉時代に無人如導によって創建されたお寺。
DSC_0305b
番外、楊貴妃観音。
御寺泉涌寺。真言宗泉涌寺派総本山。本尊は釈迦如来、阿弥陀如来、弥勒如来の
三世仏。皇室の菩提寺。楊貴妃観音堂に唐の皇帝玄宗の妃・楊貴妃の等身座像の
聖観音像がある。
DSC_0272b
DSC_0264b
番外、愛染明王。
新善光寺。御嵯峨天皇の御願寺として一条大宮の地に創建、その後泉涌寺山内へ移設
された。
DSC_0248b

梅山古墳。。

 梅山古墳は明日香村にある前方後円墳で第29代欽明天皇陵とされています。
 近くまでいったので寄りました。
DSC_0230
DSC_0231
DSC_0229



近鉄特急。。

 ここ1週間空振りの連続。未だに目が出ません。カメラも出さず、ひたすら耐えています。
落ち込みます。
 鳥画像がないので携帯で撮った電車を掲載します。

まだ、乗ってない「しまかぜ」。一度は乗らないと。回送中です。DSC_0179DSC_0180

湖北。。

湖北の風景です。

DSC_0207aDSC_0208aDSC_0210a

初詣。。

初詣は北野天満宮です。
混雑が気になり一日遅い2日にお詣りしました。
今更、学問の神様詣をするとは思ってもいなかったけど 孫が高校受験前で お詣りしたい
と言うので一緒に行きました。
DSC_0198
DSC_0199
DSC_0201
DSC_0204
DSC_0208
N8J02.

謹賀新年。。

皆さま、気持ち良い新年をお迎えのことと存じます
今年も健康で楽しく過ごされることをお祈りします
私も健やかで 充実した1年であればと願っています

年賀状2018元旦
@近隣の水上池です

駅前。。

静かな駅前のイルミネーションです。
DSC_0199

無残な状態・・・。。

 この時期、この古墳の周りのお濠にかなりの数のオシドリが入ります。以前、トモエガモ
の群れも入りました。
 ところが休息場所の古墳の周りが突然、伐採され無残な状態になっています。
 木が繁ったのが伐採理由かとは思いますが何もこの時期にやらなくても良いのではと
思うのは私だけでしょうか。当然、オシドリは居なくなりました。
 ・・・環境への配慮や野鳥保護を無視する宮内庁・・・

 ☆ウワナベ古墳・・・平城宮の北東にあり 被葬者は明らかではないですが第16代
   天皇の皇后八田皇女と推定されています。
DSC_0193
DSC_0194

非武装地帯。。

5年前に訪問した38度線 非武装地帯(Demilitarized Zone)。
前にも掲載したけど 最近、頻繁に話題になるので思いだしました。

非武装地帯(板門店)への立入りは許可が必要です。
軍事分界線から東西241㎞、幅4㎞の非武装地帯は50年以上も人が入ってなく
境界地帯は数多くの地雷が埋められています。
P2094920
鉄条網越しにみる北朝鮮。
P2094899
北朝鮮が南侵目的で掘った地下トンネルも歩きました。
1978年に発見されたトンネル入口。地表から73mの地下に長さ1,635メートル
のトンネルがあります。1時間に1個師団の武装兵の侵入が可能とか。
File5040
朝鮮動乱の時、被弾した機関車。
File5023
都羅山駅(Dorasan Station)から北朝鮮方面を望む。
2002年4月に出来た北朝鮮へ通じる駅。 線路は連結されているが封鎖されていて
ここから先へは行けません。
(ソウルから56㎞、平壌まで205㎞の地点。一番近い北朝鮮の開城駅まで17㎞)
P2094941
P2094942
非武装地帯のある食堂。
P2094955
ソウル地下鉄設置の防毒マスク。
46118fd2-s
792e92f3
非武装地帯は野鳥の宝庫です。珍しい鳥が上空を沢山飛んでいました。
9b264a8c2

記事検索
プロフィール

tai_kana98

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード