☆☆たいかな日記☆☆

自然の中で鳥との出会いを求め活動しています。主に近隣での観察が中心ですが、時にはミニ遠征も致します。

野鳥(ら)

ミャー。。

ミャーと鳴く久しぶりのレンカクです。少し遠出しました。

レンカクはタマシギと同じく一妻多夫で、卵と雛の世話は♂が行います。
♀は♂が雛の世話をしている巣へ侵入し、♂が育てている子たちを殺した後、つがいに
なります。そして新たに卵を産み 子育てを♂に委ねます。・・・・厳しい世界!!。

レンカク(蓮角、Pheasant-tailed Jacana) L:55(尾長:30) @在庫。
F00A0208b
F00A0205b
F00A0387b
F00A0582b
F00A0590b
急にバタバタ・・・、何かが起きた!。みるとウシガエルがレンカクの頭を銜えていました。
F00A0618b
カエルに引きずり込まれ レンカクは頭から水没。必死にもがいています。
F00A0627b
やっと脱出。やれやれ。思わぬ災難でした。この間、40秒。苦しかったでしょう。
F00A0630b
銜えられた首の後が痛々しい。
F00A0644

瑠璃鳥。。

宿泊したホテルの軒先に巣を作っていました。
見た通りで深い青色と赤茶色の羽根が美しい奄美を代表する固有種です。

ルリカケス(瑠璃懸巣、Lidth`s Jay)L:38 @奄美。
F00A6056F00A5870F00A6001
F00A6048

夜間撮影。。

ホテルの裏山から鳴き声が聞こえたのでライトを照らし探しました。
明かりに浮かび上がったアオバズクです。
後で気付いたけどホテルの明かりに来る蛾などの昆虫が目当てのようです。

リュウキュウアオバズク(琉球緑葉梟、Ryukyu Hawk Owl)L:27-30、W:66-70@奄美
F00A2848
F00A2808
F00A2860

奄美の鳥たち(5)。。

不鮮明ですが見た記録として掲載します。

リュウキュウサンショウクイ(琉球山椒食、Ryukyu Minivet)L:20 @奄美。
F00A7177

奄美の鳥たち(2)。。

太平洋一帯に分布していて奄美が北限です。飛びもの撮影は難しいですね。

リュウキュウツバメ(琉球燕、Pacfic Swallow)L:14 @奄美
F00A3944

ルリちゃん。。

近隣の公園に綺麗なルリビタキがいます。10分ほど小枝に止まり その後 パトロールに
出かけ、再度、戻ってきます。可愛いですよ。

ルリビタキ(瑠璃鶲、Red-flanked Bluetail)L:14
F00A1858F00A9713
F00A2145
F00A5539
F00A2632

綺麗なルリ。。

立派な♂。警戒しているのか  あまり出てくれません。

ルリビタキ(瑠璃鶲、Red-flanked Bluetail)L:14
F00A5106F00A4979

ルリ。。

毎季、撮っているけど瑠璃色が綺麗なので近隣に来れば撮りに行きます。

ルリビタキ(瑠璃鶲、Red-flanked Bluetail) L:14
F00A0318F00A5216

これからです。。

公園にいたルリビタキ。餌が豊富なのか まだ出て来ません。

ルリビタキ(瑠璃鶲、Red-flanked Bluetail) L:14
F00A8591

赤の顔。。

アカショウビンの顔を拡大しました。

リュウキュウアカショウビン(琉球赤翡翠、Ruddy Kingfisher) L:27 @石垣
F00A1652F00A2252F00A9344
F00A2278
F00A1325
F00A8606

赤い鳥。。

本土に飛来するアカショウビンと比べると少し紫がかっています。至る所で会いました。

リュウキュウアカショウビン(琉球赤翡翠、Ruddy Kingfisher) L:27 @石垣
F00A8925
F00A9099
F00A9351
F00A1743
F00A9072
F00A6494
F00A2252F00A9021

夜の撮影。。

 本土に分布するオオコノハズクに似ているが、羽色が赤みがち、かつ暗色。
暗くて見えないが趾に羽毛は生えていない。

 夜の撮影は慣れてなく苦労しました。もう少し、訓練しないと・・・。

リュウキュウオオコノハズク(琉球大木葉木梟、Collared scops owl) L:25 @石垣。
F00A7213
F00A7138

赤い五位。。

 草地の中に潜っていて上に登って来ません。やっと上がったけど枯れ枝の中でした。
飛んだ姿が赤いのでアカショウビンと間違えた人もいたとか。

リュウキュウヨシゴイ(琉球葭五位、Cinnamon Birttern) L:40 @石垣
F00A2992F00A2953
F00A2693
F00A6820

南国のアオバ。。

 本土のアオバズクは夏鳥として渡来するが リュウキュウアオバズクは留鳥です。

リュウキュウアオバズク(琉球緑葉梟、Ryukyu Hawk Owl)L:27-30,W:66-70 @石垣。
F00A8162
F00A7270

南国の鳥(14)。。

本土に居るヒクイナと ほとんど見分けがつかないようです。雨上がりの道に
出来た水たまりにいました。

一先ず、南国の鳥シリーズを中断します。残りは整理次第、掲載します。


リュウキュウヒクイナ(琉球緋水鶏、Ruddy-breasted Crake)  L:21-23
F00A3146F00A3199

南国の鳥(13)。。

雨模様の空で暗い朝です。枯れ木に止まっていました。

リュウキュウツミ(琉球雀鷹、Japanese Sparrowhawk) L:♂27、♀30、W:51-63。
F00A3296

南国の鳥(12)。。

南国のヒリリー君。近くに飛んで来て甲高い声で囀りました。

リュウキュウサンショウクイ(琉球山椒食、Ryukyu Minivet)L:20
F00A6679

南国の鳥(3)。。

キジバトは少し黒目です。(羽根の色が暗色傾向。)

リュウキュウキジバト(琉球雉鳩、Eastern Turtle Dove) L:33
F00A9656
F00A1241
F00A6518

鳥も花見。。

桜の季節です。鳥も満開の桜を見てからお山へ帰るのでしょうか。

ルリビタキ(瑠璃鶲、Red-flanked Bluetail) L:14
F00A1279 (1)
F00A1441

飛び様々。。

面白いので再訪しました。
餌がないのに何度も飛び込んでいたので枯れ葉の下にいた小さなムカデを与えました。

ルリビタキ(瑠璃鶲、Red-flanked Bluetail) L:14
F00A6370
F00A5107
F00A4734
F00A4783
F00A4778
F00A4792
F00A4760
F00A4781
F00A4782F00A6371

ホバ&飛びつき。。

珍しくルリビタキがホバリングするシーンに出合いました。苦労したけど数枚撮れました。

ルリビタキ(瑠璃鶲、Red-flanked Bluetail) L:14
F00A4355F00A4357
F00A4352
F00A4358
F00A4359
F00A4353
F00A4402F00A6256

瑠璃。。

 また、ルリです。綺麗な♂に会いました。
 地元も大事にしないと・・・。

ルリビタキ(瑠璃鶲、Red-flanked Bluetail) L:14
F00A4278F00A4268F00A4811

ついて来た。。

山道を歩いていたら何度も先回りして追いかけてきました。

ルリビタキ(瑠璃鶲、Red-flanked Bluetail) L:14
F00A7999F00A8014

瑠璃。。

遅まきながらやっと綺麗な♂が撮れました。

ルリビタキ(瑠璃鶲、Red-flanked Bluetail) L:14
F00A0823F00A0840
♂若のようです。
F00A0970

定番の冬鳥。。

今冬も楽しませてくれるでしょう。里山のルリビタキです。

ルリビタキ(瑠璃鶲、Red-flanked Bluetail) L:14
F00A5866

御苑の鳥。。

御苑に綺麗なルリビタキがいました。

ルリビタキ(瑠璃鶲、Red-flanked Bluetail) L:14
F00A5094

美男子。。

早朝の公園は静かです。散歩中の常連さんに数人会うのみです。
ルリビタキはまだ眠いのか動きが鈍いです。

ルリビタキ(瑠璃鶲、Red-flanked Bluetail) L:14

またまた、瑠璃。。

児童公園の滑り台の傍に綺麗なルリがいました。

ルリビタキ(瑠璃鶲、Red-flanked Bluetail) L:14
F00A3731
F00A3687

再度、瑠璃。。

今季は綺麗な子に会っていません。

ルリビタキ(瑠璃鶲、Red-flanked Bluetail) L:14
F00A7487

瑠璃。。

枝被りで撮り辛かった瑠璃です。少しづつ見かけるようになりました。

ルリビタキ(瑠璃鶲、Red-flanked Bluetail) L:14
F00A6332

F00A6233

瑠璃♂。。

近所の山にいた瑠璃♂です。

ルリビタキ(瑠璃鶲、Red-flanked Bluetail) L:14
F00A8604
F00A8597

沖縄の記録(1)。。

遠征の記録です。

亜種リュウキュウヒヨドリ(鵯、Brown-eared Bulbul) L:27.28.5
F00A1847

仲良し燕。。

本土のツバメ(L:17)より少し小さいツバメです。

リュウキュウツバメ(琉球燕、Pacific Swallow) L:14 @沖縄
F00A0342

目白。。

少し色が濃いかな。亜種リュウキュウメジロです。

亜種リュウキュウメジロ(目白、Japanese White-eye) L:12 @沖縄。
F00A1687

ハシブト。。

本土のハシブトガラスより一回り小さいけどハシブトガラスです。

亜種リュウキュウハシブトガラス(琉球嘴太烏) L:42。 @沖縄。 
<ハシブトガラス(嘴太鴉、large-billed Crow) L:57>
F00A0667

高い山には(1)。。

冬に里山へやって来るルリビタキはこの時期、高い山へ登ると至る所で囀っています。
暗い場所にいたのでこれが精一杯です。

ルリビタキ(瑠璃鶲、Red-flanked Bluetail) L:14
F00A2951

まだ、居たよ。。

愛想の良い子はまだいます。広場へ行くと待ってましたと言わんばかりに出迎えてくれました。

ルリビタキ(瑠璃鶲、Red-flanked Bluetail) L:14
F00A3587

リベンジ。。

警戒心の強かった子が何故か人馴れしています。

ルリビタキ(瑠璃鶲、Red-flanked Bluetail) L:14
F00A6546
F00A6472
F00A6192
違う場所で。
F00A6592

♂がいたけど。。

ルリビタキの綺麗な♂が飛んで来たのでカメラを向けたけどすぐ飛びました。・・・愛想わるう~。

ルリビタキ(瑠璃鶲、Red-flanked Bluetail) L:14F00A4394
代りに。
F00A4024
F00A5120

瑠璃。。

 冬鳥たちのシーズン インです。鳴き声を聴いて一瞬、子の声はどんな鳥だったかと考えて
しまいます。すぐ思い出しましたが初聴きは戸惑います。まだまだ修行が足りませんぞ。

ルリビタキ(瑠璃鶲、Red-flanked Bluetail) L:14
IMG_6724

IMG_6737

蓮、続き。。

再度のアップです。やはり良い場所には来なかったです。
レンカク(蓮角、Pheasant-tailed Jacana)L:55
IMG_4396
IMG_4596
IMG_4409
IMG_4615
少し遠いけど池の方へ飛んできました。
IMG_4748
IMG_4687

蓮。。

迷い鳥めがけてチョコッと遠征しましたが綺麗な場所には出てきません。
一夫多妻で繁殖するこの鳥くんは日本での繁殖例もあるようです。
レンカク(蓮角、Pheasant-tailed Jacana)L:55
IMG_3814
IMG_3957
IMG_3287
IMG_3388
2006.6@奈良。近隣に来たレンくん。
IMG_5874
2006.7@茨城、某図鑑に同じ場所での写真があります。当地への赴任時。
IMG_6847
2010.6@茨城。早朝、一人で撮っていたら通りすがりに見た人が来て午後からは人だかりに
なりました。
IMG_4107

小鳥たち。。

寒々とした林ですが小鳥たちは元気です。

ルリビタキ♀(瑠璃鶲、Red-flanked Bluetail) L:14
IMG_5436

コゲラ(小啄木鳥、Japanese Pigmy Woodpecker) L:15
IMG_5813
アトリ(花鶏、Brambling) L:16
IMG_5831
ゴジュウカラ(五十雀、Eurasian Nuthatch) L:14
IMG_5790
ヤマガラ(山雀、Varied Tit)L:14
IMG_5776

寒中散策。。

昨日の荒天が嘘のような好天。今日は朝から小学校へ校外授業のお手伝いにいきました。
撮影なしデー故、氷雨が冷たい昨日の写真をアップします。

ルリビタキ(瑠璃鶲、Red-flanked Bluetail) L:14
IMG_6719
IMG_6830
IMG_6818

瑠璃。。

日曜日は人が多いので出かけるのを止めようかと思いながらも公園へ行きました。
寒いせいか散歩の人もまばら、カメラマンもいない、鳥も出ない。それでも待っていたら
ようやく陽が射しやっとルリビタキが活動開始。

ルリビタキ(瑠璃鶲、Red-flanked Bluetail) L:14
IMG_4930
IMG_4996
IMG_4804
IMG_4751

ルリビタキ。。

公園で綺麗なルリビタキ♂に会いました。

ルリビタキ(瑠璃鶲、Red-flanked Bluetail) L:14
IMG_0795
IMG_0780
IMG_0814

瑠璃色の鳥。。

今季は冬鳥が少ない中で見つけた瑠璃色の鳥。もう少し青い子を見たいんだけど。
この子の声はヒッヒッ、カッカッ・・・ジョウビに似ています。
IMG_2952
ルリビタキ(瑠璃鶲、Red-flanked Bluetail) L:14
IMG_3063

昼でも気温8℃。。

熱が冷めたのか熱がありすぎるのか?最近、出かけるのが少し億劫・・・
でも、引き籠りは良くないしカメラの虫干しも必要かと思い出かけましたが天候急変で急に雨、
更に寒さも応え散々な日でした。今季初のルリです。

ルリビタキ(瑠璃鶲、Red-flanked Bluetail) L:14
IMG_0858
IMG_0834
IMG_0826

最近の常連さん。。

1/19(晴)
家から近いので午後から一走り。同じ場所でお馴染みさんに・・・

ルリビタキ(瑠璃鶲、Red-flanked Bluetail) L:14
IMG_6371
ジョウビタキ(常鶲、Daurian Redstart) L:15
IMG_6376
ミヤマホオジロ(深山頬白、Yellow-throated Bunting) L:15.5
IMG_6347

深山+。。

1/15(晴)
深山の♂がいました。

ミヤマホオジロ(深山頬白、Yellow-throated Bunting) L:15.5
IMG_2824
IMG_2718
IMG_2848
IMG_2742
瑠璃色も。
ルリビタキ(瑠璃鶲、Red-flanked Bluetail) L:14
IMG_3082
+α
コゲラ(小啄木鳥、Japanese Pigmy Woodpecker) L:15
IMG_3327
ヒガラ(日雀 Coal Tit) L:11
IMG_3443
記事検索
プロフィール

tai_kana98

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード