☆☆たいかな日記☆☆

自然の中で鳥との出会いを求め活動しています。主に近隣での観察が中心ですが、時にはミニ遠征もします。

野鳥(や)

魚とった。。

ヤマセミです。天気が良すぎて苦労しました。

ヤマセミ(山翡翠、Crested Kingfisher)L:38。
F00A0007
F00A0627
F00A0285
F00A0286
F00A0287
F00A0306
F00A0556

寛いでいた。。

芽吹きが始まった川沿いです。ヤマセミが何かを考えているかのように長い間、
止まっていました。

ヤマセミ(山翡翠、Crested Kingfisher)L:38
F00A0599
F00A0709

暗かった。。

暗いところを動き回って巣材を集めていました。

ヤブサメ(藪鮫、Asian Stubtail)L:10.5
F00A0039
F00A0021

島の鳥(1)。。

亜種ヤマガラで三宅島、御蔵島、八丈島に分布する固有種です。
ベンケイくんより黒っぽい。

オーストンヤマガラ(山雀、Varied Tit)L:14
F00A020

想い出。。

 二十年来の鳥友のNさんがご病気のため永眠されました。ご冥福をお祈りいたします。

彼が見つけたヤドリギツグミは全国的に有名になり多くの人が楽しみました。
 ありがとうございました。

 当時の写真を再掲します。
 ヨーロッパ、アフリカ北部からバイカル湖近辺で繁殖しています。国内では愛知県、
福岡県、石川県で確認されている迷鳥です。体長は28㎝でツグミ(24㎝)より大きく
トラツグミ(30㎝)に近い。 (初認:2013.12.17、終認:2014.4.8。)

ヤドリギツグミ(宿木鶫、Mistle Ttrush)L:26-29
IMG_8598
IMG_8616
IMG_9596
IMG_9314
IMG_9323
IMG_9198

赤か?。。

この場所では久しぶりです。愛想の良い♂がいました。アカヤマドリか?。

ヤマドリ(山鳥、Copper Pheasant)L:♂125、♀55。アカヤマドリ。
F00A0093
F00A0061
VX9M5。

変な水鳥シリーズ(6)。。

今年も来ました。3季連続飛来。

ヨシガモ×オカヨシガモ、♂成鳥。 @18.12.31既掲載。
F00A0512
F00A0293
F00A0557

公園の鳥(8)。。

やはり留鳥。まだ滞在中のベンケイ君。
昨秋の喧騒が嘘のよう。静かな公園です。

ヤマガラ(山雀、Varied Tit)L:14
F00A0340
F00A0313
F00A0417f
F00A0421

公園の鳥(7)。。

動きの早いおみくじ鳥。公園の人気者です。

ヤマガラ(山雀、Varied Tit)L:14。
F00A0067
F00A0253
F00A0295f

近隣の鳥(4)。。

人にすぐ馴れる鳥、ヤマガラです。

ヤマガラ(山雀、Varied Tit)L:14。
F00A0123

ヨシガモ。。

この鴨は薄曇りの日が綺麗に撮れます。今年も沢山、きています。
冬鳥が少なく暇を持て余していて身近な鳥を撮っています。

ヨシガモ(葭鴨、Falcated Duck)L:48。
F00A0233

F00A0222
F00A0145f

ヨシガモ。。

今年も来ましたが 池が広すぎて遠い。撮れない。

ヨシガモ×オカヨシガモ、雑種♂成鳥。 @在庫。(3季目)
F00A0293

川沿いにて(3)。。

冬になると群れて飛来する都の鳥。市内の川に沢山います。

ユリカモメ(百合鷗、Black-headed Gull)L:40、W:92
F00A0928F00A0874
F00A0899

山の池。。

 山の池は水が綺麗なのか水草が多いようで、バンが潜って水草をとっています。
 ヨシガモが浮かんでくるバンを待ち構え横取りしています。ズボラなヨシガモです。

ヨシガモ(葭鴨、Falcated Duck)  L:48
F00A0094b
F00A0067b

近隣です(1)。。

近隣の池に今年もヨシガモは来ています。この池は休息地のようで寛いでいます。

ヨシガモ(葭鴨、Falcated Duck)L:48
F00A0082

珍しい。。

 地元の池では初記録です。可愛い幼鳥がいました。人がいても気にせず採餌して
いましたが翌日は見かけません。1日だけの滞在だったのでしょう。

ヨシゴイ(葭五位、Yellow Bittern)L:36
F00A2116f

F00A2306f
F00A1909f
F00A1896b
F00A0791f
F00A091f

山雀。。

 ヤマガラは留鳥または漂鳥として全国に生息しています。
 国内では8亜種が分布。
 各地で普通に見られるヤマガラ(九州以北)、ナミエヤマガラ(新島、神津島)、オーストン
ヤマガラ(八丈島、三宅島)、タネヤマガラ(種子島)、ヤクシマヤマガラ(屋久島)、
アマミヤマガラ(奄美大島、トカラ列島)、オリイヤマガラ(石垣島、西表島)、
絶滅したダイトウヤマガラ(大東島) などです。

 画像のヤマガラは突然変異で江戸時代からその存在は知られていたようです。その
色柄からベンケイ(弁慶柄)またはアイゼン(愛染明王柄)と呼ばれていました。
 大きさは普通に見かけるヤマガラと同じです。
 理学博士黒田長禮氏の論文「本邦産ヤマガラの色變型と雑種」に下記の古い文献の
引用記述があります。

 「喚子鳥」には「あいぜんがら、大きさ山がらに にて、けいろ山がらの白き所も不殘 
かば色に赤し、山がらのるいな り、諸事  山がらにかはる事なし、まれに山がらの内にまじり
わたる」   
 「飼鳥必用」 には「愛染柄 、既  鳥  秋  日光ち ゝぶよりも出、江戸にても間々とれし事有 、
此鳥  山がらの替り共付ず 、尤塒をすれば山がらとなる、飼方山がらに同樣也 」

  また、論文には黒田博士が1925年3月、銀座松坂屋で ベ ンケイヤマガ ラとして入手し、
飼育したとの記載もありました。

ヤマガラ(山雀、Varied Tit)L:14・・・・・・・
この種のヤマガラは古くからアイゼンまたはベンケイと呼ばれていた。
F00A0161
F00A0164
F00A0206
F00A0244
F00A0248
F00A0294
F00A0338

居残り。。

ヨシガモ♂がまだいます。帰りそびれたのか、それとも傷ついているのか分かりません。
昨年7月に近隣の違う池で見たのと同一個体かも知れません。当分、観察を続けます。

ヨシガモ(葭鴨、Falcated Duck)L:48
F00A7241
昨年、7月に近隣でみた個体。換羽した個体は初めてみました。@'17.7.28
F00A499017.7.25

のそっり、のっそり。。

毎日、我が縄張りを見まわっている彼は最近、出が悪いようです。
今季、最後の掲載かな。

ヤマドリ(山鳥、Copper Pheasant)L:♂125、♀55  @在庫。
F00A1908b
F00A1945b
F00A1981b
F00A1987b
F00A2080b

やま。。

今季、しばしば登場したウスアカです。

ヤマドリ(山鳥、Copper Pheasant)L:♂125、♀55 @在庫
F00A9789bF00A9680b
F00A2225b

ヤマちゃん雌。。

 かって郵便切手の意匠にも使われたヤマセミです。派手さは無いけど、野鳥フアンに
人気があります。

ヤマセミ(山翡翠、Crested kingfisher)L:38
F00A0418F00A0375

ヨシ×オカさん。。

池に散っている桜の花びらを美味しそうに食べています。居なくなったと思っていた鴨さんが
まだ滞在していました。結局、探しきれなかったのが真相です。反省、反省。

ヨシガモ×オカヨシガモ ♂ 
F00A8282F00A9463
BY8A09。

夜の荒廃地。。

見かけることが少ないシギ。遠征すれば撮れたようですが腰が重く諦めました。

ヤマシギ(山鷸、Eurasian  Woodcock、L:34 @在庫。
F00A0669bF00A9757bF00A5124b

やまちゃん再度。。

ウスアカヤマドリです。綺麗な♂。

ヤマドリ(山鳥、Copper Pheasant)L: ♂125、♀55 @在庫
F00A2411F00A2664
F00A2574
F00A2689
F00A2401
F00A2695

まだ、いた。。

近くに寄って来なかったので撮り辛かったけど、長期間、楽しませてくれました。
居なくなったと思っていたけど、探したらおりました。

ヨシガモ×オカヨシガモ ♂。 `18.3.9
F00A1783F00A2113

ヤマちゃん。。

ヤマちゃんのシーズンです。少し警戒しているヤマドリ。今季も見ることができました。

ヤマドリ(山鳥、Copper Pheasant)L:♂125、♀55)@在庫。
F00A2989F00A3000
F00A3083
F00A3073
F00A3256

ユリカモメ。。

そろそろ帰るユリカモメ。ゆっくり寛ぐのもここ数日でしょうね。

ユリカモメ(百合鷗、Black-headed Gull)L:40、W:92
F00A0477

厳しかった。。

池に鴨さんの群れが滞在していました。人馴れしてなく  近づくと 即、飛びます。
警戒心が強いカモさん達の群れに1羽の変な鴨がいましたが いつの間にか
消えました。北帰行が始まったのでしょうか。

ヨシガモ×オカヨシガモ ♂ 
F00A9465F00A9512F00A5787

魚獲り名人。。

川沿いを往復してやっと見つけた鹿の子斑の魚獲り名人。
この時期、空気が澄んでいるので綺麗に撮れます。

ヤマセミ(山翡翠、Crested kingfisher)L:38

F00A6140


悩みシリーズ(5)。。

どこに出没するか分からない。あちらこちらを移動していました。
探しに探してやっと見つけた個体です。
あまり見られない雑種のようです。

ヨシガモ×オカヨシガモ ♂  @在庫。
F00A2889
F00A2962
F00A3174

ユリカモメ。。

毎冬 見かける可愛いカモメさん。

ユリカモメ(百合鷗、Black-headed Gull) L:40、W:92
F00A8025F00A8055

山の池。。

早朝の人のいない山の池です。今年は来るのが少し遅かったようです。
江戸時代に雄は容姿が良く 美しい「をしどり」に似ているので「をしかも」と
言われていたようですが 少し無理があるカモ。

ヨシガモ(葭鴨、Falcated Duck) L:48
F00A9465F00A9455F00A9527
F00A9424

綺麗なカモ。。

近隣の池です。♂3、♀2を見ました。

ヨシガモ(葭鴨、Falcated Duck) L:48
F00A5719F00A5747
F00A5795

町の鳥。。

北海道千歳市、岡山県高梁市、鳥取県三朝町、熊本県人吉市などの自治体が
町の鳥に指定しています。

ヤマセミ(山翡翠、Crested kingfisher)L:38F00A9797

仲良し(1)。。

干上がった田んぼに2羽のシギがいました。
ヨーロッパトウネンは数少ない旅鳥ですが今季は各地から「出ているよ」と便りがあります。

ヨーロッパトウネン or ニシトウネン(欧羅巴当年、Little Stint) L:14
F00A2900
ヒバリシギと一緒。
F00A2568

山の小鳥(3)。。

地元の小鳥さんです。

ヤマガラ(山雀、Varied Tit ) L:14
F00A8065

喧騒は終わった。。

人で溢れていたお山は静けさを取り戻しました。
巣立ち前に数回、行ったけど巣立ち後は撮ってない。

ヤイロチョウ(八色鳥、Fairy Pitta) L:18  
@7.9
F00A0382F00A0089F00A0521
F00A0702
F00A0728
@7.11
F00A1189

帰らなかったの?。。

理由は分かりません。近所の池にヨシガモがいました。

ヨシガモ(葭鴨、Falcated Duck) L:48
F00A4990

夏の五位。。

やはり、この子は夏の子です。近隣で子育てをして欲しい。

ヨシゴイ(葭五位、Yellow Bittern) L:36
F00A9926
F00A0073
F00A0054

また、行った。。

周囲が暗いと色が悪いです。

ヤイロチョウ(八色鳥、Fairy Pitta) L:18  @6.19
F00A5680F00A5659F00A5656
F00A6036

3年連続。。

今年もやって来たヤイロです。

ヤイロチョウ(八色鳥、Fairy Pitta) L:18  @6.12
F00A1436F00A1267

南国の鳥(6)。。

チッチョンチョコレート、ピヨピヨピヨピヨ。 八重山諸島では留鳥です。
沖縄本島に生息するのは亜種タイワンシロガシラ。

ヤエヤマシロガシラ(八重山白頭、Chinese Bulbul ).L:18-19cm.
F00A7386

少し変。。

部分的に白化した若い雄です。毎日、同じコースをパトロールしているようですが
時間が定まりません。

ヤマドリ(山鳥、Copper Pheasant) L:♂125、♀55 
F00A4914F00A5359F00A5578
F00A5147

再挑戦。。

 前回は下見。今回は本番と勇んで行ったけど登山はきつい。分かってはいても 
欲深さに負け 足が向きました。現地についてまず長~い休息。次の行動まで 時間が
かかりました。・・・やはりしんどい・・・

 待つこと1時間。座っていた背後に気配が・・・2mの距離でした。 
 
ヤマドリ(山鳥、Copper Pheasant) L:♂125、♀55
12節ある立派な♂です。
F00A6965
F00A7153
F00A7115
F00A7022
♀。
F00A7084

尾が長い。。

 山登りが苦手で遅れ遅れになっていましたが、一度は見ておかねばと思い、急遽、
出かけました。急な山道を何度も休憩しながら やっとたどり着いた先には・・・
 綺麗な♂が待っていました。

ヤマドリ(山鳥、Copper Pheasant) ウスアカヤマドリ L:♂125、♀55 
♂。
F00A5872
F00A5916
♀。
F00A6055

渓流にて(2)。。

ヤマセミの季節です。4個体 みました。2個体の画像を貼ります。

ヤマセミ(山翡翠、Crested kingfisher)L:38 
♀。
F00A3801F00A3797
♂。
F00A3494
F00A3599

ユリ。。

可愛いカモメです。ふんわり、ふんわりと風に向かって飛ぶ姿は哀愁を感じます。

ユリカモメ(百合鷗、Black-headed Gull) L:40、W:92
F00A0774

ヨロ、ヨロ。。

前傾姿勢の足長くん。あちらこちらへとヨロヨロ歩く姿が可愛いです。

☆トウネンと比較して足がやや細長、腰高、寸胴です。
ヨーロッパトウネン or ニシトウネン(ヨーロッパ当年、Little Stint) L:14
F00A0815F00A0829F00A0855

好きな鴨。。

毎季、見かける鴨。好きなカモの一つです。

ヨシガモ(葭鴨、Falcated Duck) L:48
F00A6835F00A6697
F00A6718

都の鳥。。

冬になると加茂川に来るユリカモメ。可愛いです。
市内へ所用で出かけた際、つい、撮ってしまいました。

ユリカモメ(百合鷗、Black-headed Gull) L:40、W:92
F00A6022
記事検索
プロフィール

tai_kana98

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード