☆☆たいかな日記☆☆

きまぐれブログへようこそ。♪♪自然の中で鳥との出会いを求め、近隣、時にはミニ遠征を続けています。♬♬

野鳥(は)

飛んでいた~。。

2羽の雄が仲良く飛翔。

ハチクマ(八角鷹、蜂角鷹、Honny Buzzard)L:♂57、♀61、W:121-135。
遠くて見辛いけど獲物を掴んでいます。
F00A7014F00A7009
近くにツバメが。
F00A6899

羽根。。

ブッポウソウの羽根。猫が捕って来ました。

ブッポウソウ(仏法僧、Oriental Dollarbird) L:30
DSC_0005

ビックリ!!。。

 地元も大事です。里山をパトロールしていたら、ビックリです。
 通過個体でしょうか。こんなのが2羽いました。 

ブッポウソウ(仏法僧、Oriental Dollarbird) L:30
F00A0465
F00A0516

ハッチ。。

今年も渡ってきたハチクマ。近くで見ると大きいでしょうね。

ハチクマ(八角鷹、蜂角鷹、Honny Buzzard)L:♂57、♀61、W:121-135。
F00A5507
F00A5531
F00A5722
F00A5503
F00A5034

近所の池(2)。。

バンの雛も5羽。親は忙しそう。

バン(鷭、Common Moorhen)L:32
F00A9581
F00A9608

落ちて来た。。

歩いていたら目の前に落ちて来た。何処かで親が見守っていると思い探したが見つからず。
そのままにして立ち去りました。

ホオジロ(頬白、Meadow Bunting) L:16.5
F00A4496

干潟のシギ。。

潮が引いた干潟にヒバリシギが1羽いました。

ヒバリシギ(雲雀鷸、Long-toed Stint) L:14.5
F00A1832

はくせきれい。。

水田にいたハクセキレイ。小さな虫を探しています。

ハクセキレイ(白鶺鴒、White Wagtail)L:12
F00A3915

ふくチャン。。

今年も出会えた可愛い子。すくすく育って欲しいです。

フクロウ(梟、Ural Owl)L:50
F00A0124
F00A1975F00A9907
F00A9253

ひばり。。

私が立っている傍で ピーチクパーチク・・・大きな声で囀っていました。

ヒバリ(雲雀、Eurasian Skylark) L:17 
F00A5233F00A5263

山での記録(1)。。

欲求不満が今にも爆発しそうです。勇んで行ったけど満足な写真は撮れません。
唯一、良かったのは雲一つない青空と新緑の空気を吸ったことです。
行動記録として掲載します。

ヒガラ(Coal Tit、日雀)) L:11
F00A8275

白い花。。

白い山茶花の蜜を吸うヒヨドリ。

ヒヨドリ(鵯、Brown-eared Bulbul) L:27.28.5
F00A4538

桜鵯。。

桜の蜜はご馳走です。

ヒヨドリ(鵯、Brown-eared Bulbul) L:27.28.5
F00A6509

ひばり。。

暖かくて良い天気。雲雀が大きな声で囀っています。
普通の雲雀です。

ヒバリ(雲雀、Eurasian Skylark) L:17 
F00A7626
F00A7614

ほおあか。。

草が枯れて止まる所が少ない。
数羽のホオアカが越冬しています。そろそろ、山へ帰るでしょう。

ホオアカ(頬赤、Grey-headed Bunting ) L:16 F00A4863
F00A4905
F00A4550F00A5172

再度、連雀。。

また、見てきました。やはり2羽です。

ヒレンジャク(緋連雀、Japanese Waxeing)L:17-18
F00A8020F00A8063

レンジャク。。

今季はまだ見てなかったヒレンジャク。地元にやっと来ました。今更と思いながらも
短いレンズを持って見てきました。最近は大砲は持てない。

ヒレンジャク(緋連雀、Japanese Waxeing)L:17-18
F00A7163F00A6922 (1)F00A6922 (2)

普通種シリーズ(2)。。

良く見かるホオジロくん。最近はごく普通の鳥を撮っています。

ホオジロ(頬白、Meadow Bunting) L:16.5
F00A6364

凄い数。。

ハマシギの大群に圧倒されました。

ハマシギ(浜鷸、Dunin)L:21
F00A4164
F00A3587F00A3301

梅鵯。。

梅に止まった鳥シリーズ。、まずはヒヨドリから。

ヒヨドリ(鵯、Brown-eared Bulbul) L:27.28.5
F00A4697

早朝。。

雨上がりで動きが悪いようです。

ホオジロ(頬白、Meadow Bunting) L:16.5
F00A8447

急に飛ぶ。。

予告なしで飛び出すので慌ててシャッターを押しました。

ハヤブサ(隼、Peregrine Falcon)L:♂42、♀49) 
F00A5459F00A5460F00A5461
F00A5532

宮跡。。

数羽のホオアカが旧跡にいますが撮りやすい所へは上がりません。

ホオアカ(頬赤、Grey-headed Bunting ) L:16 
F00A8025F00A8040

暇なので。。

とりわけ行きたい所があるわけでも無くぶらり近隣徘徊です。
愛想が良くないベニ。辛抱、辛抱・・・。

ベニマシコ(紅猿子、Long-tailed Rosefinch) L:15
F00A2465F00A2378
F00A2420

寒い日(1)。。

少しは暖かくなるかと思って出かけたら寒い一日でした。
寒さに負けず いつも行く旧跡で鳥達に遊んでもらいました。。

ヒヨドリ(鵯、Brown-eared Bulbul) L:27.28.5
F00A5293

黒い鳥。。

沢山いても滅多に撮らない鳥、カラスです。

ハシボソガラス(嘴細鴉、Carrion Crow)L:50
F00A4884F00A4898

丸呑み。。

食欲旺盛なピーヨくん。木の実を丸呑みしていました。

ヒヨドリ(鵯、Brown-eared Bulbul) L:27.28.5
F00A7678F00A7686

このり。。

はしっこい鷹が我が天下とばかり青空を舞っていました。
平安時代は♂は「このり」、♀は「はしたか」と呼ばれていたようです。

ハイタカ(灰鷹、鷂、Eurasian Sparrowhark) L:♂30.32.5、♀37-40、W:60.5-79
F00A0112

ぎょうさん いた。。

2か所に分かれて数羽いました。10羽+はいるかも?。

ヒクイナ(緋水鶏、Ruddy-breasted Crake)  L:23
F00A4708
F00A4782
F00A4811
F00A4695

何でも撮る(3)。。

待っていたら近くに止まったヒヨドリです。

ヒヨドリ(鵯、Brown-eared Bulbul) L:27.28.5
F00A4725

何でも撮る(2)。。

水浴び中のビンズイです。

ビンズイ(便追、Olive-backed Pipit) L:14-15
F00A3335

チラチラ出現。。

ヒクイナが数羽いました。イタチに襲われなければ良いけど・・・。

ヒクイナ(緋水鶏、Ruddy-breasted Crake)  L:23
F00A0832
F00A0763

しゃもじ鳥。。

気のせいか、この所 見かけることが多くなりました。若い子です。

ヘラサギ(箆鷺、Eurasian Spoonbill) L:83
F00A0294F00A0559
小魚が・・・。
F00A0587
F00A0587bb

新年初撮り。。

おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
赤い鳥、今年の初撮り鳥です。

ベニマシコ(紅猿子、Long-tailed Rosefinch) L:15
F00A5700
F00A5400F00A5496
F00A5407
F00A5669

漁港です。。

海辺で出会った冬羽の羽白です。取りあえず、押えました。

ハジロカイツブリ(羽白鳰、Black-necked Grebe) L:31、W:57
F00A1194F00A1191

ムクドリ科。。

外来種。近年、徐々に増えておりまする。

ハッカチョウ(八哥鳥。Crested Myna) L:27。外来種。
F00A2589

採餌中。。

セイタカアワダチソウの実を啄んでいます。
明るくても陽射しが強いと難しいですね。再度、天候を考え撮ってみます。

ベニマシコ(紅猿子、Long-tailed Rosefinch) L:15
F00A3849F00A3796
F00A3328

ハイタカ。。

ノスリと同じ河川敷にいました。若い個体です。

ハイタカ(灰鷹、鷂、Eurasian Sparrowhark) L:♂30.32.5、♀37-40、W:60.5-79
F00A5026a

ビンくん。。

枝に止まった「木雲雀(異名)」くん。そう言えば雲雀に見えないこともない。
暗い地面にいることが多いので「闇雲雀、地雲雀」?と呼んでも良いかとも
勝手に思っています。

ビンズイ(便追、Olive-backed Pipit) L:14-15
F00A0890

雌だけ。。

公園の池にホオジロガモ♀がいました。まだ若いようです。

ホオジロガモ(頬白鴨、Common Goldeneye) L:45
F00A1219F00A1136
F00A1502

ぼっちはじろ。。

普通種ですが時には撮らないとねぇ・・・。
江戸時代には「ぼっちはじろ」、「あかがしら」と呼ばれていたようです。

ホシハジロ(星羽白、Common Pochard)L:45
F00A1919F00A1105
F00A2175
F00A2200
F00A1090

ヒバリくん。。

冬羽のヒバリシギが田んぼに数羽いました。
江戸時代からヒバリに似ているのでヒバリシギと呼ばれていましたがヒバリより
小さいです。

ヒバリシギ(雲雀鷸、Long-toed Stint) L:14.5
F00A2682
F00A2694
K6N07。

青空。。

@地元です。
秋晴れの澄みわたった空をハイタカが飛んでいました。

ハイタカ(灰鷹、鷂、Eurasian Sparrowhark) L:♂30.32.5、♀37-40、W:60.5-79
F00A8645F00A8648

続、止まり木(4)。。

滅多に撮らない烏です。下界でゴミあさりをせず 山で暮らしていたら嫌われないのに。

ハシブトガラス(嘴太鴉、large-billed Crow)L:57
F00A9480

晴れた・・・。。

一瞬の青空。空が青いと撮りやすい。

ハチクマ(八角鷹、蜂角鷹、Honny Buzzard)L:♂57、♀61、W:121-135。
F00A8618
F00A7344
F00A7337

雨上がり。。

雨は上がったけど山の周囲は霞んでいます。渡りの鳥は飛ばず地元のハヤブサが
来ただけです。

ハヤブサ(隼、Peregrine Falcon)L:♂42、♀49) 
F00A8708

ハッちゃん。。

渡りが始まっていますが天気が悪く鷹も私たちも困っています。

ハチクマ(八角鷹、蜂角鷹、Honny Buzzard)L:♂57、♀61、W:121-135。
F00A6543F00A6660
F00A6310
F00A6241
F00A3137

ツバメ(2)。。

上手には撮れなかったけど今季の記録です。

ハリオアマツバメ(針尾雨燕、White-throated Needltail) L:19-21、W50-53
F00A4329

シギ(1)。。

台風接近。雨をものともせず突っ込みました。お蔭で足元はドロドロ。やはり長靴が
要りました。
水際にいたハマちゃんです。

ハマシギ(浜鷸、Dunin)L:21
F00A2095

渡りかな?。。

幼鳥が1羽飛んで来ました。方向から見て渡りだと思います。
曇り空は感心しません。

ハヤブサ(隼、Peregrine Falcon)L:♂42、♀49) F00A9385

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード