☆☆たいかな日記☆☆

きまぐれブログへようこそ。♪♪自然の中で鳥との出会いを求め、近隣、時にはミニ遠征を続けています。♬♬

野鳥(は)

白化個体。。

車で走行中、飛んだのを見たので探したら河川敷に下りていました。

ハクセキレイ(白鶺鴒、White Wagtail)L:12
F00A2774F00A3022F00A2812
2013.8に見た個体。
IMG_7542

雄化個体。。

ホシハジロ♀の雄化個体です。珍しいので掲載します。

ホシハジロ(星羽白、Common Pochard)L:45
F00A9950
F00A0081

近隣巡り(2)。。

暗い林にいるビンズイですが時々、枝に上がります。

ビンズイ(便追、Olive-backed Pipit) L:14-15
F00A6173
F00A7799

水鳥(4)。。

ヒドリガモのペア。

ヒドリガモ(緋鳥鴨、Eurasian Wigeon) L:48.5
F00A5508

水鳥(2)。。

紅葉が湖面に映えます。採餌中のホシハジロ。

ホシハジロ(星羽白、Common Pochard)L:45
F00A3097

今季の記録(2)。。

薄暗い所にいます。冬になれば公園で見かけるでしょう。

ビンズイ(便追、Olive-backed Pipit) L:14-15
F00A5131a

猛禽(2)。。

何度も飛んで来たハイタカ。獲物を探しているようです。

ハイタカ(灰鷹、鷂、Eurasian Sparrowhark) L:♂30.32.5、♀37-40、W:60.5-79
F00A3457
F00A5024

猛禽(1)。。

快晴の空を飛んでいたハヤブサ。遠かったけど。

ハヤブサ(隼、Peregrine Falcon)L:♂42、♀49) 
F00A3653

花は終わり。。

菊の盛りは終わっていました。
鳥達は花を愛でる気はさらさらなく畑に湧いている虫を探しています。

ホオジロ(頬白、Meadow Bunting) L:16.5
F00A9254F00A9243
F00A9181
F00A0139

コスモス畑(2)。。

寛いで止まっていたホオジロくん。

ホオジロ(頬白、Meadow Bunting) L:16.5
F00A7324F00A7318

ハリオ。。

朝だけのショウ。団体で飛んでいました。針が見れない・・・。

ハリオアマツバメ(針尾雨燕、White-throated Needltail) L:19-21、W50-53
F00A5754F00A5786
F00A5742

岬の鷹(1)。。

ここ数年、行ってなかった南の岬です。
国民宿舎が閉鎖され寂しくなった岬は人は少なし、鳥も少なし。

ハチクマ(八角鷹、蜂角鷹、Honny Buzzard)L:♂57、♀61、W:121-135 
個体a
F00A4871
個体b
F00A4951
個体c
F00A5122

絡む。。

 ツミとハチクマが遭遇すると必ずと言ってよいほど小さいツミが追いかけます。
仲が悪いのかじゃれているのかどちらなのでしょう。

ハチクマ(八角鷹、蜂角鷹、Honny Buzzard)L:♂57、♀61、W:121-135 
F00A4371
F00A4372
F00A4379
F00A4382
F00A4395

青空高く。。

青空を気持ち良さそうに舞うハチクマ。

ハチクマ(八角鷹、蜂角鷹、Honny Buzzard)L:♂57、♀61、W:121-135 
個体a、幼鳥。
F00A2967F00A2985
個体b、幼鳥。
F00A3416
F00A3401

スピードあり。。

素早く飛んで来ていつの間にか去っていきました。
飛びもの撮影は苦手です。

ハリオアマツバメ(針尾雨燕、White-throated Needltail) L:19-21、W50-53
F00A2592F00A2594

渡りの記録(2)。。

距離があったハチクマです。

ハチクマ(八角鷹、蜂角鷹、Honny Buzzard)L:♂57、♀61、W:121-135 
F00A5556F00A5786

山の鳥(1)。。

バックの青が綺麗です。暇の合間の1カット。

ホオジロ(頬白、Meadow Bunting) L:16.5
F00A5620

ちょぴり遠征。。

 先日、ちょっぴり遠征しました。久しぶりの成果に満足,満足。沢山撮りました。
 世界全体の生息数は400羽(成鳥)以下で絶滅の危機に瀕しています。

ヘラシギ(箆鷸、Spoon-billed Sandpiper)L:15 絶滅危惧ⅠA類(CR) ・・・絶滅寸前
F00A9512
F00A9752b
F00A9002
F00A9707
F00A0687
F00A9181
F00A0718
F00A9392

嘴太。。

ウミネコの群れの中にいました。大きさが違うので すぐ分かりました。
(ユリカモメと同じ大きさ)

ハシブトアジサシ(嘴太鰺刺、Gull-billed Tern) L:33-43、W:85-103
F00A1178
F00A1035
F00A1697
急にノビたのではみ出しました。油断大敵。
F00A1704

やっと会えた。。

やっと会えた鷸は草被りでした。若い個体です。

ハリオシギ(針尾鷸、Pintail Snipe) L:25
F00A3474F00A3109

猛禽シリーズ(2)。。

青空なんだけど距離有り。残念。

ハチクマ(八角鷹、蜂角鷹、Honny Buzzard)L:♂57、♀61、W:121-135。
F00A4255F00A4117
F00A4638

仲良し(2)。。

今季2度目のヒバリシギ。

ヒバリシギ(雲雀鷸、Long-toed Stint) L:14.5
F00A2734

ヒバリ似。。

    可愛いヒバリシギ。干上がった水田で採餌していました。

 春秋の渡りの時期に旅鳥として府内に飛来するが個体数は少ない。
 

ヒバリシギ(雲雀鷸、Long-toed Stint) L:14.5
F00A6491F00A6410

ヒクイナ。。

行動範囲が狭いのか いつも同じ畦道にいるヒクイナ。

ヒクイナ(緋水鶏、Ruddy-breasted Crake)  L:23
F00A4511F00A4158
F00A5380

海辺にて(2)。。

 大群を作る習性がある鳥なのに小さな水たまりに1羽、寂しそうに佇んで
いました。仲間と はぐれたのでしょうか。
 ハマシギの群れは毎年、ほぼ同じ個体で構成されていて他の群れとの交流は
ないようです。

ハマシギ(浜鷸、Dunin)L:21
F00A2145

幼鳥シリーズ(2)。。

幼い子は順調に育っています。

ヒヨドリ(鵯、Brown-eared Bulbul) L:27.28.5
F00A9873

飛んでいた~。。

2羽の雄が仲良く飛翔。

ハチクマ(八角鷹、蜂角鷹、Honny Buzzard)L:♂57、♀61、W:121-135。
遠くて見辛いけど獲物を掴んでいます。
F00A7014F00A7009
近くにツバメが。
F00A6899

羽根。。

ブッポウソウの羽根。猫が捕って来ました。

ブッポウソウ(仏法僧、Oriental Dollarbird) L:30
DSC_0005

ビックリ!!。。

 地元も大事です。里山をパトロールしていたら、ビックリです。
 通過個体でしょうか。こんなのが2羽いました。 

ブッポウソウ(仏法僧、Oriental Dollarbird) L:30
F00A0465
F00A0516

ハッチ。。

今年も渡ってきたハチクマ。近くで見ると大きいでしょうね。

ハチクマ(八角鷹、蜂角鷹、Honny Buzzard)L:♂57、♀61、W:121-135。
F00A5507
F00A5531
F00A5722
F00A5503
F00A5034

近所の池(2)。。

バンの雛も5羽。親は忙しそう。

バン(鷭、Common Moorhen)L:32
F00A9581
F00A9608

落ちて来た。。

歩いていたら目の前に落ちて来た。何処かで親が見守っていると思い探したが見つからず。
そのままにして立ち去りました。

ホオジロ(頬白、Meadow Bunting) L:16.5
F00A4496

干潟のシギ。。

潮が引いた干潟にヒバリシギが1羽いました。

ヒバリシギ(雲雀鷸、Long-toed Stint) L:14.5
F00A1832

はくせきれい。。

水田にいたハクセキレイ。小さな虫を探しています。

ハクセキレイ(白鶺鴒、White Wagtail)L:12
F00A3915

ふくチャン。。

今年も出会えた可愛い子。すくすく育って欲しいです。

フクロウ(梟、Ural Owl)L:50
F00A0124
F00A1975F00A9907
F00A9253

ひばり。。

私が立っている傍で ピーチクパーチク・・・大きな声で囀っていました。

ヒバリ(雲雀、Eurasian Skylark) L:17 
F00A5233F00A5263

山での記録(1)。。

欲求不満が今にも爆発しそうです。勇んで行ったけど満足な写真は撮れません。
唯一、良かったのは雲一つない青空と新緑の空気を吸ったことです。
行動記録として掲載します。

ヒガラ(Coal Tit、日雀)) L:11
F00A8275

白い花。。

白い山茶花の蜜を吸うヒヨドリ。

ヒヨドリ(鵯、Brown-eared Bulbul) L:27.28.5
F00A4538

桜鵯。。

桜の蜜はご馳走です。

ヒヨドリ(鵯、Brown-eared Bulbul) L:27.28.5
F00A6509

ひばり。。

暖かくて良い天気。雲雀が大きな声で囀っています。
普通の雲雀です。

ヒバリ(雲雀、Eurasian Skylark) L:17 
F00A7626
F00A7614

ほおあか。。

草が枯れて止まる所が少ない。
数羽のホオアカが越冬しています。そろそろ、山へ帰るでしょう。

ホオアカ(頬赤、Grey-headed Bunting ) L:16 F00A4863
F00A4905
F00A4550F00A5172

再度、連雀。。

また、見てきました。やはり2羽です。

ヒレンジャク(緋連雀、Japanese Waxeing)L:17-18
F00A8020F00A8063

レンジャク。。

今季はまだ見てなかったヒレンジャク。地元にやっと来ました。今更と思いながらも
短いレンズを持って見てきました。最近は大砲は持てない。

ヒレンジャク(緋連雀、Japanese Waxeing)L:17-18
F00A7163F00A6922 (1)F00A6922 (2)

普通種シリーズ(2)。。

良く見かるホオジロくん。最近はごく普通の鳥を撮っています。

ホオジロ(頬白、Meadow Bunting) L:16.5
F00A6364

凄い数。。

ハマシギの大群に圧倒されました。

ハマシギ(浜鷸、Dunin)L:21
F00A4164
F00A3587F00A3301

梅鵯。。

梅に止まった鳥シリーズ。、まずはヒヨドリから。

ヒヨドリ(鵯、Brown-eared Bulbul) L:27.28.5
F00A4697

早朝。。

雨上がりで動きが悪いようです。

ホオジロ(頬白、Meadow Bunting) L:16.5
F00A8447

急に飛ぶ。。

予告なしで飛び出すので慌ててシャッターを押しました。

ハヤブサ(隼、Peregrine Falcon)L:♂42、♀49) 
F00A5459F00A5460F00A5461
F00A5532

宮跡。。

数羽のホオアカが旧跡にいますが撮りやすい所へは上がりません。

ホオアカ(頬赤、Grey-headed Bunting ) L:16 
F00A8025F00A8040

暇なので。。

とりわけ行きたい所があるわけでも無くぶらり近隣徘徊です。
愛想が良くないベニ。辛抱、辛抱・・・。

ベニマシコ(紅猿子、Long-tailed Rosefinch) L:15
F00A2465F00A2378
F00A2420
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード