☆☆たいかな日記☆☆

主に野鳥の観察が中心ですが最近は何でもあり。風景、行事、植物、動物他、気が向けば撮ります。

野鳥(は)

良く見かける。。

 良く見かける交雑種です。アメリカヒドリの緑色帯に相当する部位に赤茶色が強く出ている。

ヒドリガモ×アメリカヒドリ。F00A0053

緋色。。

 光が強すぎ緋色が綺麗に出ない。
 当地ではかなりの個体数が生息しているけど、見かけることが少ない鳥です。

ヒクイナ(緋水鶏、Ruddy-breasted Crabe)L:23。ツル目クイナ科ヒメクイナ属。F00A0021
F00A0443



気になるカモ。。

 最近、この交雑種は観てなかったので出かけた。鳥友は交雑種詣でを笑うけどルーツを
想像するだけでも楽しい。珍鳥マニアでも興味が薄いようで、観に来る人は少ない。

交雑種。アカハジロ×ホシハジロ♂。F00A0392
F00A0396
F00A0041
F00A0574

葦原上空を飛ぶ。。

 白い鳥の撮影は難しい。何とか撮ったけど、不満が残ります。

ハイイロチュウヒ(灰色沢鵟、Hen Harrier)L:♂43-47、♀48.5-54。W:98-124。
タカ科チュウヒ属。
F00A0340
F00A0338
F00A0335
F00A0332
F00A0076
F00A0336



山を背に。。

 山を背に飛ぶ猛禽。ハイイロチュヒ雌がゆっくり飛んだ。愛想の良い子です。

ハイイロチュウヒ♀(灰色沢鵟、Hen Harrier)L:♂43-47、♀48.5-54。W:98-124。
タカ科チュウヒ属。F00A0257
F00A0219
F00A0235
F00A0452


若様登場。。

 田んぼの畔にいたハヤブサ。若い個体です。

ハヤブサ(隼、Peregrine Falcon)、L:♂42、♀49、W:84-120。ハヤブサ科ハヤブサ属。F00A0370
F00A0421
F00A0427

電線に沢山。。

 電線に100羽以上の小鳥が止まっていた。注意して観るとハギマシコの集団でした。
辺りを警戒して安全確認、その後田んぼへ下りました。

ハギマシコ(萩猿子、Asian Rosy Finch)L:16。スズメ目アトリ科ハギマシコ属。F00A1144b
F00A1208b



帰れない鴨。。

 交雑種です。ホシハジロ×アカハジロの雑種雌成鳥。羽根を痛めているようで池に
滞在しています。

F00A0476 (2)
F00A0476 (1)

猿子(動画)。。

 ゆっくり採餌していたので動画で撮影しました。

ベニマシコ(紅猿子、Long-tailed Rosefinch) L:15。スズメ目アトリ科ベニマシコ属。


猿子。。

 朝の挨拶。早朝、池へ行く前に立ち寄るポイントです。今朝も数羽が迎えてくれました。

ベニマシコ(紅猿子、Long-tailed Rosefinch) L:15。スズメ目アトリ科ベニマシコ属。F00A0073
F00A0074
F00A0160a
F00A0247
F00A0296



二度目。。

 次はいつ会えるか分からないので再度、観に行った。出が悪く2時過ぎまで待っていたら
集団で飛んで来た。(少し前の撮影です。)

ハギマシコ(萩猿子、Asian Rosy Finch)L:16。スズメ目アトリ科ハギマシコ属。@在庫。F00A0787
F00A0426
F00A0514
F00A0736
F00A0365
F00A0298


近隣の鳥。。

 久しぶりに近隣の草地へいった。行くとすぐ赤い鳥が迎えてくれた。

ベニマシコ(紅猿子、Long-tailed Rosefinch)L:15。スズメ目アトリ科ベニマシコ属。F00A0208
F00A0200
F00A0195



羽根を広げた!!。。

 こちらを向いてポーズを決めてくれました。お利口さん。 

ハジロカイツブリ(羽白鳰、Black-necked Grebe)L:31、W:57。
カイツブリ科カンムリカイツブリ属。F00A0461
F00A0077
F00A0521








足環。。

 画像を見て気づいたけど足環がついていました。残念ですが判別できません。

ベニマシコ(紅猿子、Long-tailed Rosefinch)L:15。スズメ目アトリ科ベニマシコ属。F00A0104b
F00A0113b
F00A0113bb


群れに会った。。

 山でハギマシコに会いました。ヤシャブシの実に群れていた。

ハギマシコ(萩猿子、Asian Rosy Finch)L:16。スズメ目アトリ科ハギマシコ属。F00A0038
F00A0077
F00A0236
F00A0169
F00A0128
F00A0898
F00A0877


青空を舞う。。

 青空を気持ち良さそうに舞うタカです。小さいタカだけど勇壮です。

ハイタカ(灰鷹、鷂、Eurasian Sparrowhawk)L:♂30-32.5、♀37-40、W:60.5-79。
タカ科ハイタカ属。F00A0249
F00A0243



2か所で観た。。

 ハギマシコを求め、はるばる隣県の山へ登りましたが少し観たのみ・・・寂しい。
 
ハギマシコ(萩猿子、Asian Rosy Finch) L:16 。スズメ目アトリ科ハギマシコ属。
F00A0210
F00A03521
F00A0365a_edit1



くるくるくるくる。。

水面をくるくる、回りながら集団で採餌するハシビロガモ。面白く、みていても飽きない。

ハシビロガモ(嘴(広鴨、Northern Shoveler) L:50。カモ科マガモ属。F00A0212



綺麗なカモ。。

 初めてみた個体です。嘴の特徴はハシビロガモ、胸、肩羽、脇はオカヨシガモの特徴。
 日本のカモ識別図鑑のハシビロガモ×オカヨシガモ♂に似ている!

ハシビロガモ×オカヨシガモ♂。
F00A0667
F00A0587
F00A0339
F00A0536

へら。。

 特徴あるスプーンを左右に振りながら採餌するヘラサギくん。食べ終わったのかテトラで
休息していました。時折、カワウが動くので気になるようです。

ヘラサギ(箆鷺、Eurasian Spoonbill) L:83。ペリカン目トキ科ヘラサギ族。F00A0801
F00A0982
F00A0913
F00A0873


ヘラサギ(箆鷺、Eurasian Spoonbill) L:83

再度、猿子。。

再挑戦の猿子です。綺麗だけど尾羽が欠けた。少し残念。

ベニマシコ(紅猿子、Long-tailed Rosefinch)L:15。スズメ目アトリ科ベニマシコ属F00A0360
F00A0318
F00A0047
F00A0453
F00A0200

ビックリです。。

 カモを撮っていたら上空をカラスに終われて飛んだのは・・・・ハイイロチュウヒ♂でした。
 ・・・こんなのもありですかねぇ。

ハイイロチュウヒ(灰色沢鵟、Hen Harrier) L:♂43-47、♀48.5-54、W:98-124。
タカ目タカ科チュウヒ属。F00A0508


綺麗な♂がいた。。

 陽射しが強かった。

ベニマシコ(紅猿子、Long-tailed Rosefinch)L:15。スズメ目アトリ科ベニマシコ属。F00A0554
F00A0483
F00A0402
F00A0391



赤い眼。。

赤い眼が際立って目立つカイツブリ。飛んだら羽の一部が白いのが分かります。


ハジロカイツブリ(羽白鳰、Black-necked Grebe)L:31、W:57。カイツブリ目カイツブリ属
カンムリカイツブリ属。F00A0902b
F00A0751b



白鶺鴒。。

  この手の鳥は判別が難しい。ハクセキレイ?、セグロセキレイ?。この場所に両種がいて
判別は不可能。最後は声を聴き、ハクセキレイとしました。それも悩んだ末です。

ハクセキレイ(白鶺鴒、White Wagtail)L:21。スズメ目セキレイ科セキレイ属F00A0856
F00A0093
F00A0923

宮跡(2)。。

朝日が眩しい早朝の宮跡です。ホオアカは数羽いました。

ホオアカ(頬赤、Chestnut-eared Bunting)L:16。スズメ目ホオジロ科ホオジロ属。F00A0066




燃ゆる秋色(2)。。

モズが止まった同じところにホオジロのペア?がきました。

ホオジロ(頬白、Meadow Bunting)L:16.5。スズメ目ホオジロ科ホオジロ属。F00A0126
F00A0117


可哀想に。。

 普段は沖合の海にいる鳥が内陸の池にいると聞き、変だなあと思い観に行ったら
かなり弱っているようでした。その後、落鳥。可哀想。

ビロードキンクロ(天鵞絨金黒、Velvet Scooter)L:55。カモ目カモ科ビロードキンクロ属。
F00A0103


海辺のシギ(2)。。

内陸にも入るけど、やはり海辺で観ると落ちつきます。

ハマシギ(浜鷸、Dunlin)L:21。チドリ目シギ科オバシギ属。F00A1644



小型のタカ。。

 急にハイタカが飛んだ。慌ててシャッターを押したけど、少しピントが甘かった。
  機敏なはしっこいタカ→ハイタカ。

ハイタカ(灰鷹、鷂、Eurasian Sparrowhawk) L:♂30-32.5、♀37-40。W:60.5-79。
 タカ目タカ科ハイタカ属。F00A0056b
F00A0057b
F00A0052b

八畳。。

今季、初ツグミがこの子でした。ビックリです。

亜種ハチジョウツグミ(鶫、Dusky Thrush) L:24。スズメ目ヒタキ科ツグミ属。F00A0504f

コスモス畑。。

コスモス畑にいたホオジロ。

ホオジロ(頬白、Meadow Bunting)L:16.5。スズメ目ホオジロ科ホオジロ属。F00A0169b

菊畑。。

 菊の収穫はほぼ終わりです。菊畑でホオジロが囀っていた。

ホオジロ(頬白、Meadow Bunting)L:16.5。スズメ目ホオジロ科ホオジロ属。F00A0566



ホオジロ。。

 目の前に止まったホオジロ君。本来なら「一筆啓上つかまつり候」と鳴きたいけど、
お口に御馳走を咥えているので声は出ず。

ホオジロ(頬白、Meadow Bunting)L:16.5。ホオジロ科ホオジロ属。
F00A0016
F00A0034

ハチクマ。。

 羽根が傷んでいるハチクマ(♂)です。子育てが終わったのかな?。

ハチクマ(蜂角鷹、八角鷹、Honey Buzzard)L:♂57、♀61、W:121-135。タカ科ハチクマ属。
F00A0066

ホオジロ。。

 枯れ枝で縄張り宣言。ホオジロが透き通る声で囀っていた。

ホオジロ(頬白、Meadow Bunting)L:16.5。ホオジロ科ホオジロ属。F00A0127
F00A0109

ヒヨドリ。。

涼をとりに山の谷川へ。涼しくて気持ちが良いです。
谷川に来たヒヨドリ。

ヒヨドリ(鵯、Brown-eared Bulbul)L:27-28.5。ヒイヨドリ科ヒヨドリ属。
F00A0105b
F00A0015b

飛んでいた。。

 行先分からず!!。行動範囲が広すぎます。

ハチクマ(蜂角鷹、八角鷹、Honey Buzzard)L:♂57、♀61。W:121-135。タカ科ハチクマ属。
F00A0049b

ハチクマ。。

 ハチクマ♂が飛んでいた。繁殖場所は分かれば・・・・。

ハチクマ(八角鷹、蜂角鷹、Honey Buzzard)L:♂57、♀61。W:121-135。タカ科ハチクマ属。
F00A0332
F00A0337

睡蓮池(2)。。

バンの親子。子供は5羽残っていました。

バン(鷭、Common Moorhern) L:32。クイナ科バン属。
F00A0176
F00A0194

水場(4)。。

気持ち良さそう。。

ヒヨドリ(鵯。Brown-eared Bullbul)L:27-28.5。ヒヨドリ科ヒヨドリ属。
F00A0071b
F00A0736fb

黒い子と睡蓮。。

自宅近隣の池にバンの子がいました。黒い子は撮り辛いです。

バン(鷭、Common Moorhen)L:32。クイナ科バン属。
F00A0726
F00A0887F00A0936

F00A0836

雄姿。。

餌を求めて飛び回っていました。居ついて欲しいけど・・・・。暗色型成鳥♂。

ハチクマ(八角鷹、蜂角鷹、Honey Buzzard)L:♂57、♀61、W:121-135。タカ科ハチクマ属。
F00A0184
F00A0201

今季も来た!!。。

今季も飛来した(♂)。どこで営巣するかな?

ハチクマ(八角鷹、蜂角鷹、Honey Buzzard)L:♂57、♀61、W:121-135。タカ科ハチクマ属。
F00A0388b
F00A0364b

仲良し。。

仲良しカラス。寄り添っていました。

ハシボソガラス(嘴細鴉、Carrion Crow)L:50。カラス科カラス属。
F00A0371

再度、ヒヨドリ。。

まだ、滞在していたので再度、観てきた。極力、人を避けるよう、気を使いながらの
撮影でした。

ヒヨドリ(鵯、Brown-eared Bullbul)L:27-28.5。ヒヨドリ科。@在庫。
F00A0804b
F00A0877b
F00A0949b
F00A0820b
F00A0839b
F00A0991b
F00A1008b

ホオジロ。。

菜の花とホオジロくん。

ホオジロ(頬白、Meadow、Bunting)L:16.5。ホオジロ科ホオジロ属。
F00A0117
F00A0800

ホオアカ。。

田んぼを2羽が追っかけこをしていました。ペア成立のようです。

オアカ(頬赤、Chestnut-eared Bunting)L:16。ホオジロ科ホオジロ属。
F00A0478f

ヒヨドリ。。

 白いヒヨドリがいます。昨年から居たようですがが、神出鬼没でどこへ出現するか
分からなかったけど、桜が咲くと居心地が良いのでしょう。桜並木の同じ場所に滞在
しています。

ヒヨドリ(鵯、Brown-eared Bulbul)L:27-28.5。ヒヨドリ科。@在庫。
F00A0758bF00A0441bf
F00A0433bf
F00A0964bf
F00A0803bf
F00A0804b
F00A0956b

ヒバリ。。

田んぼにいたヒバリ。

ヒバリ(雲雀、Eurasian Skylark)L:17。ヒバリ科ヒバリ属。
ヒバリF00A0239
ヒバリF00A0245
記事検索
プロフィール

tai_kana98

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード