☆☆たいかな日記☆☆

自然の中で鳥との出会いを求め活動しています。近隣での観察が中心ですが、時にはミニ遠征もします。

野鳥(は)

ベニ♂。。

当地に落ち着くか未定です。移動途中かな。

ベニマシコ(紅猿子、Long-tailed Rosefinch)L:15。
F00A0167
F00A0138F00A0157

群れるシギ。。

 ハマシギの群れがいました。内陸の池にも時々、入ります。

ハマシギ(浜鷸、Dunlin) L:21。
F00A0728bF00A0625b

すっきり青空(2)。。

 頭上をハイタカが舞っています。首尾よく獲物が見つかりますように!!。

ハイタカ(灰鷹、鷂、Eurasian Sparrowhawk)L:♂30-32.5、♀37-40、W: 60.5-79。
F00A0635fff

三つ巴。。

3羽のハクセキレイが激しく争っていました。

ハクセキレイ(白鶺鴒、White Wagtail)L:21。
F00A0521bF00A0505b
F00A0520b
1羽が押さえ込まれました。
F00A0514b

海辺にて(3)。。

気持ち良さそうに飛んでいた鷸。

ハマシギ(浜鷸、Dunlin)L:21。
F00A0096
F00A0098F00A0123

山で。。

 出会いはなかったけど、日々の行動記録としてアップします。
 今年産まれのホオジロ兄弟です。

ホオジロ(頬白、Meadow Bunting)16.5。
F00A0636a

寛ぐヒクイナ。。

 ヒクイナのポーズ様々。田んぼにいけば、良く見かけます。そんなに個体数は多くない
と思うけど・・・。

ヒクイナ(緋水鶏、Ruddy-breasted Crake)L:23。
F00A0477
F00A0400
F00A0174
F00A0284
F00A0337
F00A0464

鵯。。

陽射しが強い。眩しそうなヒヨドリくん。

ヒヨドリ(鵯、Brown-eared Bulbul)L:27-28.5。
F00A0518

初々しい。。 

 今年うまれのハチクマです。親は子を見守って一緒に飛翔していました。

ハチクマ(八角鷹、蜂角鷹、Honey Buzzard )L:♂57、♀61、W:121-135。幼鳥。
F00A0094

また、見た。。

 ジシギを探しているけど、まだ見つかりません。この子は必ず出て来ますが。。

ヒクイナ(緋水鶏、Ruddy-breasted Crake) L:23。F00A013
F00A0206
F00A0224

緋色の鳥。。

 もともと警戒心の強い鳥、ヒクイナがあぜ道で休息していました。

ヒクイナ(緋水鶏、Ruddy-breasted Crake) L:23。
F00A0122a
F00A0344
F00A0349

ベニ。。

 夏の暑い時期が似合う鳥、ベニアジサシ。ふわりと浮かぶように飛ぶ姿が優雅です。
遠かったのでうっすらピンクが見え辛い。

 ベニアジサシ(紅鰺刺、Roseate Tern)L:33-38、W:72-80
F00A0255

F00A0363
F00A0274

谷沿いで(6)。。

うるさいほど鳴きながら飛びまわっていたヒヨくん。

ヒヨドリ(鵯、Brown-eared Bulbul)L:27-28.5。
F00A0298

シギ。。

 そう言えば最近、見てないなぁ!。海水浴場で夏羽が出ていたそうですが夕方から
花火大会があり、その後、行方不明とか。久しぶりの珍鳥でしたが残念です。

ヒメハマシギ(姫浜鷸、Western Sandpiper)L:16 @在庫:09.9.21。
IMG_8003

えぞふくろう。。

   夜、音を立てず飛んで獲物を襲うので「森の忍者」と呼ばれている梟。北海道には亜種
エゾフクロウが生息しています。この地では可愛い雛が3羽誕生しました。
   
エゾフクロウ(蝦夷梟、Ural  Owl)L:50、W:95-110。
F00A0762bbF00A0471b
F00A0509b
F00A0291b

はしぶとがら。。

 北の大地に生息する小さな鳥さん。動きが激しく、上手に撮れない。

ハシブトガラ(嘴太雀、Marsh Tit) L:13
F00A0150

遠くに止まった。。

凄く警戒する鳥さん。カメラを向けるだけで飛んでしまう。
遠くの木立に止まったいたのをやっと撮った。

ハチクマ(八角鷹、蜂角鷹、Honey Buzzard)L:♂57、♀61、W:121-135。♀。
F00A0452
F00A0465
F00A0466

バン。。

一人(鳥)だちできるようになり自分で餌を探しています。池には数羽の子鷭がいます。

バン(鷭、Common Moorhen)L:32。
F00A0167b

ハチクマ。。

飛んで来たハチクマ♂。どこかで営巣している筈。

ハチクマ(八角鷹、蜂角鷹、Honey Buzzard )L:♂57、♀61、W:121-135。
F00A0122

巣立ち。。

毎年、見ているので今年はパスしようと思いながらも通いました。
昨年の台風の影響で営巣木が折れていて、今年はダメかと思いましたが無事、
巣立ちました。良かった、良かった。

フクロウ(梟、Ural Owl)L:50、W:95-110。
F00A0263
F00A0019
F00A0055
F00A0372
BTX9MA11。

ペアで飛翔。。

ハチクマのペアが飛んでいました。どこかで巣作り、子育てが始まるでしょう。

ハチクマ(八角鷹、蜂角鷹、Honey Buzzard)L:♂57、♀61、W:121-135
♂。
F00A0062
♀を意識しているようです。
F00A0011
♀。
F00A0139
F00A0202

親も可愛い。。

普段は撮り辛い親が出てきました。ラッキー。

フクロウ(梟、Ural Owl)L:50、W:95-110。
F00A0523
F00A0400
F00A0297
F00A0263

頭上では。。

青空を数羽のハチクマが渡って行きました。

ハチクマ(八角鷹、蜂角鷹、Honey Buzzard)L:♂57、♀61、W:121-135。
F00A0512f
F00A0505

藤の花。。

藤の花が咲きました。ヒヨドリが時々、やってきます。

ヒヨドリ(鵯、Brown-eared Bulbul)L:27-28.5。
F00A0166

川沿いの鳥。。

以前は苦労せず、見ていたヒクイナ。そう言えば暫く撮って無かったような気がします。
鳴き声で存在が分かりました。

ヒクイナ(緋水鶏、Ruddy-breasted Crake)L:23
F00A0258b
F00A0228b

遠征した。。

久しぶりの茨城です。強行軍で見に行ったハシジロくんです。

ハシジロアビ(嘴白阿比、Yellow-billed Loon)L:89、W:145
F00A0776
F00A0518F00A0889
F00A0957
10年前のハシジロくん。
IMG_9241
BR9A06。

帰る前に。。

山へ帰る前に花見をしたいけど・・・恨めしそうに蕾を眺めるビンズイくん。

ビンズイ(便追、Olive-backed Pipit)L:14-15。
F00A1712

ヒヨくん。。

花に埋もれたヒヨくん。隠れているように見えるので落ちつくようです。

ヒヨドリ(鵯、Brown-eared Bulbul)L:27-28.5。
F00A0044f
山茶花の花を少し。
F00A0419

移動前(3)。。

ヒドリガモのペアが激しく羽ばたいていました。

ヒドリガモ(緋鳥鴨、Eurasian Wigeon)L:48.5。
F00A0485
F00A0432

近隣(3)。。

新芽が伸びてきて枝に止まることが多くなりました。

ベニマシコ(紅猿子、Long-tailed Rosefinch)L:15。
F00A0237

変な水鳥シリーズ(8)。。

小さな川にいた交雑種。川を1キロほど探して見つけました。

オナガガモ×ヒドリガモ ♂成鳥。
F00A0486
F00A0493
F00A0228

変な水鳥シリーズ(5)。。

河口に居たホオジロガモの雄化個体。もう一羽の♀と一緒にいました。

ホオジロガモ(頬白鴨、Common Goldeneye)L:45。@19.2.4既掲載。
F00A0827

三度目。。

三度目です。まだ、種子があるようです。
そろそろ、終りにします。

ベニマシコ(紅猿子、Long-tailed Rosefinch)L:15。
F00A0205b
F00A029b
F00A0143b

再度、ベニ。。

じっくり撮りたくて 早朝、再訪しました。

ベニマシコ(紅猿子、Long-tailed Rosefinch)L:15。
F00A0260b
F00A0155
F00A0208b
F00A0162b

早朝に。。

探鳥会の集合前に寄り道して撮ったベニマシコ。綺麗な♂がいました。

ベニマシコ(紅猿子、Long-tailed Rosefinch)L:15
F00A0069
F00A0991
F00A0826

農耕地にて。。

日中に地面に下りているのを見かけるのは少ない鳥です。昼から出ていると聞いたので
遠征しました。
楽に撮れるかと期待していましたがそう甘くはない。辛抱強く待ちました。

ハイイロチュウヒ(灰色沢鷹、Hen Harrier)L:♂43-47、♀48.5-54、W:98-124
F00A0511
F00A0475

ほのぼの。。

微笑ましい。春ですねぇ~。

ホオジロガモ(頬白鴨、Common Goldeneye)L:45。
F00A0477F00A0199
F00A0257f
F00A0372f
F00A0615f
F00A0624f
F00A0435f

雄化個体?。。

河口に居たホオジロガモです。一羽は雄化個体だと思います。

ホオジロガモ(頬白鴨、Common Goldeneye)L:45。
F00A0810
成鳥♀。
F00A0824
雄化個体。
F00A0827

民家の庭で。。

急に飛んで来てチョコンとたたずみました。暫し、留まり消えました。

ビンズイ(便追、Olive-backed Pipit)L:14-15。
F00A0451

ほおじろさん。。

二度目です。期待して行ったけど、♂の飛びが少なかった。

ホオジロガモ(頬白鴨。Common Goldeneye) L:45
F00A2327
F00A2229
F00A2447
F00A2398
F00A2011
F00A2368
F00A2294

再々再々、紅。。

猿の子 再々挑戦。まだ、思うような色の子は見ない。滅茶、欲深い私です。

ベニマシコ(紅猿子、Long-tailed Rosefinch)L:15
F00A0250F00A0439
F00A0392
F00A0265

ハシビロガモ。。

英名の通りショベルのような広い嘴で湖面に浮かぶプランクトンを掬うハシビロガモ。

ハシビロガモ(嘴広鴨、Northern Shoveler ) L:50。
F00A0213

ベニ。。

まだ、すっきりしません。と言うのも潜っていて良い場所に出ないからです。
粘ってもこれが限度です。

ベニマシコ(紅猿子、Long-tailed Rosefinch) L:15
F00A0475
F00A0445

雄姿。。

今年は多いのか、ほぼ毎日みます。3個体みました。

ハイタカ(灰鷹、鷂、Eurasian Sparrowhawk)L:♂30-32.5、♀37-40、w:60.5-79
F00A0943
F00A0964
F00A0944

ほほじろはじろ。。

 今年も川に沢山、来ています。早い流れに身を任せ、採餌しています。
 下流まで流されると飛んで上流へ戻ります。

ホオジロガモ(頬白鴨、Common Goldeneye)L:45
F00A0057
F00A0174
F00A0086
F00A0148
F00A0463
F00A0179
F00A0015

紅ちゃん。。

居るにはいるけど、撮りずらい。数日通ったけど諦めました。

ベニマシコ(紅猿子、Long-tailed Rosefinch)L:15
F00A0082b
F00A0177b
F00A0241b
F00A0206b

ズボラの続き(1)。。

暗い場所をうぎき回るビンズイ。画像が流れる。

ビンズイ(便追、Olive-backed Pipit)L:14-15
F00A0115b

ズボラしてます(2)。。

地味だけど可愛い小鳥さん。また、ホオジロ。

ホオジロ(頬白、Meadow Bunting)L:16.5
F00A0037b
F00A0045f

色が出ない。。

 諦めムードです。近隣では綺麗な子は撮れません。早くも敗北宣言?。

ベニマシコ(紅猿子、Long-tailed Rosefinch)L:15@在庫。
F00A0106b

F00A0009b
F00A0094b
F00A0068b

アワダチソウ。。

朝の陽射しを浴びて佇むホオジロ。何を考えているのでしょう。

ホオジロ(頬白、Meadow Bunting)L:16.5
F00A0049f
記事検索
プロフィール

tai_kana98

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード