☆☆たいかな日記☆☆

自然の中で鳥との出会いを求め活動しています。近隣での観察が中心ですが、時にはミニ遠征もします。

野鳥(た)

苦労してます。。

 昨年と同じように期待していましたが思いの他 少なく探しまくっています。
 至近距離では撮れない。

チュウジシギ(中地鴫、Swinhoe's Snipe)L:27。
F00A0076
F00A0032

当年。。

 小さな鷸トウネン。可愛いです。

トウネン(当年、Red-necked Stint)L:15。
F00A0462
F00A0487

大膳。。

 ダイゼンの群れです。ここで栄養をつけ、海原を渡っていくのかな。

ダイゼン(大膳、Grey Plover)L:29。
F00A0331
F00A0312
F00A0287
F00A0163
F00A0152

チュウシャク。。

  干潟にいたチュウシャクシギ。
  大杓、中杓、小杓・・・先日、滅多に見られない小杓が居たと連絡があったので
探したけど見つからず。   

チュウシャクシギ(中杓鷸、Whimbrel)L:42。
F00A0375
F00A0210

今季初。。

 今季初です。いきなり若い個体をみました。

チュウジシギ(中地鴫、Swinhoe's Snipe)L:27。第1回夏羽。
F00A0679
F00A0795
BTX09A30。

ひまわり。。

 夏の風物詩、向日葵です。傍にダイサギが1羽。

ダイサギ(大鷺、Great Egret)L:90 。
F00A0399

燕の塒入り。。

 平城宮跡の燕のねぐら入りです。今は夕方7時過ぎから30分ほどがピークです。
数万羽のツバメが乱舞します。

大極殿。
KIMG0076
夕焼けが綺麗。
F00A0132
ツバメの塒入り(動画、約1分)。
 

たんちょう。。

 可愛い雛が1羽。親が移動すると離れず追いかけて行くのが可愛い。

タンチョウ(丹頂、Red-crowned Crane)L:145。
F00A0462
F00A0369

F00A0489

たんちょう。。

 脚が長いねぇ。羨ましい・・・。忙しそうに採餌していて頭を上げてくれない。

タンチョウ(丹頂、Red-crowned Crane) L:145。
F00A0693F00A0706
F00A0745

睡蓮の花。。

 長雨が続きます。大雨情報も伝わってきていますが、大きな被害が無いことを祈ります。
小雨になったので近所の池を見て来ました。睡蓮の花は今が盛りで葉の上に一羽のサギが
乗って採餌していました。小魚、ザリガニなどが豊富なようです。

チュウサギ(中鷺、Inermediate Egret)L:69
F00A0134
F00A0219
F00A0020
F00A0180
F00A0248

KITE。。

トビも猛禽。撮って欲しいと目の前に止まりました。

トビ(鳶、Black-kite)L:♂58.5-59、♀68.5、W:157-162
F00A0008

だいさぎ。。

普段は撮らないけど、この時期は、草花が綺麗なので・・・。

ダイサギ(大鷺、Great Egret)L:90
F00A0232

ホバっていた。。

狙いを定め、一直線に急降下。首尾よく獲物を仕留めて意気揚々と引きあげていきました。

チョウゲンボウ(長元坊、Common kestrel)L:♂33、♀39、W:68-76 
F00A0684f
F00A0676

いきなり来た。。

渡って来て間もないのか落ちつかず飛びまわっていました。

ツツドリ(筒鳥、Oriental Cuckoo)L:32
F00A0040b
F00A0030b

真っ盛り。。

蓮華の花は真っ盛り。お花畑にチュウサギが・・・。

チュウサギ(中鷺、Intermediate Egret)L:69。
F00A0006
F00A0911
F00A0010

小さな鳥。。

葦原の小さな鳥。茎の中に居る昆虫類を食べています。

ツリスガラ(吊巣雀、Chinese  Penduline Tit)L:11 
F00A0128b
F00A0602b
F00A0334b
F00A0409b

大鷺。。

冬になるとやってくるダイサギです。

ダイサギ(大鷺、Geat Egret)L:90。亜種オオダイサギ。
F00A0161
F00A0270

また、出会った。。

今季三度目のトラツグミです。

トラツグミ(虎鶫、Scaly Thrush)L:29.5。
F00A0862f

つぐみ。。

蕾が固い梅の木に止まるツグミくん。

ツグミ(鶫、Dusky Thrush)L:24。
F00A0168b

二度目の鵺。。

今季ニ度目の鵺。暗い場所でミミズを探していました。

トラツグミ(虎鶫、Scaly Thrush)L:29.5。
F00A0467

F00A0501

近隣の鳥(5)。。

ツグミも増えてきました。

ツグミ(鶫、Dusky Thrush)L:24。
F00A0158b

ぬえ。。

今シーズン初のトラツグミです。

トラツグミ(虎鶫、Scaly Thrush)L:29.5
F00A0414
F00A0548

猛禽(2)。。

寒さのせいか餌が少なく、長時間、電柱に止まっていたチョウゲンボウ♂。やっと
イモムシを捕獲しました。

チョウゲンボウ(長元坊、Common kestrel)L:♂33、♀39、W:68-76。
F00A0097
F00A0004
F00A0144
F00A0105

近隣の鳥(3)。。

沢山居たけど、田んぼ色に溶け込んで探すのが辛い。

タヒバリ(田雲雀、Buff-bellied Pipit)L:16
F00A0038

近隣の鳥(1)。。

やっと里へ下りてきたツグミ。一挙に増えてきました。

ツグミ(鶫、Dusky Thrush)L:24
F00A0151

川沿いにて(2)。。

川で採餌中。堂々としていました。

ダイサギ(大鷺、Great Egret)L:90 。(チュウダイサギ、冬羽)
F00A0070b

ダイサギ。。

 亜種ダイサギ(ダイダイサギ)は脛の色が黄色い。

ダイサギ(大鷺、Great Egret)L:90 。冬鳥。
F00A0671 (1)
F00A0671 (2)

田んぼで採餌。。

地元の田んぼです。数えたら16羽。このまま、越冬するでしょうか。

タゲリ(田計理、Northern Lapwing)L:32
F00A0184

F00A0266

ともえ。。

前日、近隣の池にトモエガモがきました。見にいきましたが遠くに7羽いたのみ。
早々と移動したようです。

トモエガモ(巴鴨、Baikal Teal)L:40
F00A0112b
F00A0112bb
F00A0167b
F00A0161b
F00A0153b
F00A0155b

朝日が眩しい。。

今年も来たタゲリ。
稲刈りが終わった田んぼです。まだ飛来は少なくこれからが楽しみです。

タゲリ(田計理、Northern Lapwing)  L:32
F00A0121
F00A0323

近隣にいた鷸。。

忙しそうに採餌していた1羽のツルシギ。珍しく長く滞在していました。

ツルシギ(鶴鷸、Spotted Redshank)L:32
F00A0133
ツルシギ&アオアシシギ。
F00A0055

尾羽根の数は。。

尾羽根は14枚。タシギ!!

タシギ(田鷸、Common Snipe) L:27
F00A0125
F00A0201
F00A0191

つる。。

 ツルシギは2羽。時々、飛び去り少し経てば戻ってきます。
 証拠写真を撮って早々に退散しました。

ツルシギ(鶴鷸、Spotted Redshank)L:32
F00A0562
F00A0479 (1)

地元の池。。

タシギ到着です。
毎年、池に沢山きます。その数20羽以上。この冬は何羽来るでしょうか。

タシギ(田鷸、Common Snipe)L:27
F00A0011
F00A1266
F00A1293
F00A1527a
F00A1158

また、杜鵑。。

 まだ滞在していたのか、新たにやって来たのか?。池の桜並木にツツドリがいました。
 愛想が良く、近かったけど、何故か綺麗に撮れません。
 
ツツドリ(筒鳥、Oriental Cuckoo)L:32
F00A0662bb
F00A0225b
F00A0561b
F00A0621b
F00A0630b
F00A0629a

2羽いた。。

 桜の葉に毛虫がつくと杜鵑がやってきます。
 地元の公園に成鳥、幼鳥 各1羽が来ました。
  
ツツドリ(筒鳥、Oiental Cuckoo)L:32
F00A0404b
F00A0671b
F00A0549b

遠くを飛ぶ。。

 関西では営巣箇所が少なく渡りで見ることが多いです。
 護衛はハリオアマツバメ、コシアカツバメです。

ツミ(雀鷹、Japanese Sparrowhawk)L:♂27、♀30、W:51-63F00A0711
F00A0158

チュウジ祭り。。

見かけるのはチュウジのみ。今季も終わりました。

チュウジシギ(中地鷸、Swinhoe's Snipe)L:27
愛想の良い個体。
F00A1479f
F00A1522
F00A1581
F00A1603
F00A0343
これくらいだと愛想の良い方か。撮るまでの時間は長かった。
F00A0120f
F00A0176
愛想の悪い個体。遠~い。
F00A0560f

砂浜にて(3)。。

その昔、宮中の宴会料理に使われていたとか。美味しかったのでしょう。

ダイゼン(大膳、Grey Plver) L:29
F00A0234
F00A0270

燕。。

今年生まれ。そばで親が見守っていました。
黒色メラニンの欠乏でしょうか。来年も帰って来るかなぁ。

☆この個体は京田辺市で見つけました。その後、平城旧跡の塒で確認されています。
    9月14日発見、9月16日平城旧跡で確認、その後の情報は無い。

ツバメ(燕、Barn Swallow)L:17
F00A0281b
F00A0615b
F00A0494b
F00A0373b

海辺にて(7)。。

大、中、小・・・数が多く よく見かけるのがチュウシャクシギ。でも居たのは1羽のみでした。

チュウシャクシギ(中杓鴫、Whimbrel)L:42
F00A0265

海辺にて(3)。。

海辺沿いの休耕田です。少し逆光気味でした。

トウネン(当年、Red-necked Stint)L:15
F00A0389

チュウサギ。。

池には2種2羽のサギがいます。

チュウサギ(中鷺、Intermediate Egret) L:69
F00A0777
口角は目の後方を越えない。
F00A0026

ダイサギ。。

自宅近隣の池は睡蓮が蔓延って困っています。
住み着いている鷺は魚が獲り辛いでしょうね。

ダイサギ(大鷺、Great Egret)L:90
F00A0797
口角は目の後方を越えて伸びる。
F00A0797a

ジシギ。。

 ジシギを探しに田んぼへ行っています。珍種を探してるけど見かけるのはチュウジ
のみ。今季も不満が残りそう。

チュウジシギ(中地鷸、Swinhoe`s Snipe)L:27
F00A0702
F00A0486
F00A0601

畦道で(2)。。

田んぼに居たチュウサギです。

チュウサギ(中鷺、Intermediate Egret)L:69
IMG_1500b

今季第1号。。

これから見かけるチュウジシギ。今季第1号としてはまずまずでした。

チュウジシギ(中地鷸、Swinhoe`s Snipe)L:27
IMG_0779

大極殿。。

大極殿西側の葦原です。ツバメは約30,000羽でした。
工事が影響しているのか 東側からの低空での塒入りはありません。東側には大きな
クレーンがあり建物が建造中です。低空滑走が出来ないのでしょう。
高い空からいきなり塒入りするツバメが多かったです。

大極殿。。
DSC_8615
朱雀門。
DSC_8617
大極殿の燕塒入りです。@55秒。18.8.2
 
@1分17秒。18.8.3
 

燕塒入り。。

 平城京のツバメの塒入りです。夕方、5万羽が乱舞する塒入りは圧巻です。
 しかし、塒入りする葦原近くに大きな構造物が立っていてツバメの数は
例年より少なく南の玉手門の葦原へ一部が移動しています。
環境の変化に敏感なのでしょうか?

工事中の大極殿前。
DSC_8610b
DSC_8606b
玉手門東側の葦原から西を望む。約15,000羽が塒入りしました。@18.8.1
DSC_8629b
動画@2分40秒。携帯動画です。


強風の中で。。

今年巣立った子のようです。
強い風に向かってふわ~り、ふわ~りと気持ち良さそうに滑走していました。

チョウゲンボウ(長元坊、Common kestrel)L:♂33、♀39、W:68-76
F00A0076
F00A0075

F00A0169
F00A0137
記事検索
プロフィール

tai_kana98

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード