☆☆たいかな日記☆☆

主に野鳥の観察が中心ですが最近は何でもあり。風景、行事、植物、動物他、気が向けば撮ります。

野鳥(さ)

さんかのごい。。

黙して語らず。。。。いつまでも続きます。

サンカノゴイ(山家五位、Eurasian Bittern)L:70。ペリカン目サギ科サンカンゴイ属。3.28。F00A0149

さんかのごい。。

 いつまでいるのか気になり時間があれば確認に行っています。@21.3.25。

サンカノゴイ(山家五位、Eurasian Bittern)L:70。ペリカン目サギ科サンカンゴイ属。F00A0305
F00A0483

さんかのごい。。

 まだ、滞在中です。葦が伸び観にくくなりました。探すのに苦労します。

サンカノゴイ(山家五位、Eurasian Bittern)L:70。ペリカン目サギ科サンカンゴイ属。@3.18。F00A0024
F00A0075



桜満開。。

 桜を愛でるシジュウカラ。花があると映えますね。

シジュウカラ(四十雀、Japanede Tit)L:15。シジュウカラ科シジュウカラ属。F00A1050b

名残惜しそう。。

まもなく旅立つジョウビタキ。移動前に沢山食べて渡ってください。

ジョウビタキ(常鶲、Daurian Redstart) L:14。スズメ目ヒタキ科ジョウビタキ属。F00A0054b

さんかのごい。。

 様々なポーズを撮りたいけど いつ動くか分からず、撮影失敗の連続です。辛抱できない。

サンカノゴイ(山家五位、Eurasian Bittern)L:70。ペリカン目サギ科サンカンゴイ属。@3.16F00A0234
F00A0334
F00A0430
F00A0431

さんかのごい。。

日参しています。珍鳥がこれだけ撮れるのは滅多にないです。
他の鳥がくると威嚇します。

サンカノゴイ(山家五位、Eurasian Bittern)L:70。ペリカン目サギ科サンカンゴイ属。@3.12F00A0129
F00A0264
F00A0438
F00A0255

宮跡の葦原で。。

当分、掲載するかと思います。また、サンカノゴイです。タウナギをゲット。

サンカノゴイ(山家五位、Eurasian Bittern)L:70。ペリカン目サギ科サンカンゴイ属。@3.11。F00A0001
F00A0513
F00A0685



サンカノゴイ。。

近隣にサンカノゴイが来た。滅多に観れない鳥が普通に現れ、皆さんが楽しまれています。
最初、見つかったのは2月25日で、現在も滞在中です。
私が最初に観た3月6日の画像です。

山間(田舎)に住むゴイサギとして江戸時代からサンカノゴイと呼ばれていたようです。
日本でも繁殖していますが数は少ない。

サンカノゴイ(山家五位、Eurasian Bittern)L:70。ペリカン目サギ科サンカノゴイ属。F00A0202
F00A0382
F00A0483



暖かい日(3)。。

 山茶花満開、梅も満開。スズメはくつろいで花見中。

スズメ(雀、Eurasin Tree Sparrow)L:14-15。スズメ科スズメ属。F00A0144b
F00A0086b


暖かい日(2)。。

 眼が可愛いジョウビ♀。相性良し。

ジョウビタキ(常鶲、Daurian Redstart) L:14。スズメ目ヒタキ科ジョウビタキ属。F00A0047b (1)
F00A0033b


沢山、いた。。

 絶滅危惧種ですが、近年、放鳥活動が順調に進み数が増えています。一度に12羽は
初めて観ました。

シジュウカラガン(四十雀雁、Cackling Goose)L:67 。カモ科コクガン属。F00A0699
F00A0552
F00A0490
F00A0590



近隣の鳥(5)。。

 地味な鳥さんです。この時期、街中の公園でガサガサと落ち葉を掻き分け、ミミズなどを
探しています。

シロハラ(白腹、Pale Thrush)L:24-25。スズメ目ヒタキ科ツグミ属。F00A0243
F00A0226



近隣の鳥(3)。。

 ジョウビタキ♀。可愛いです。

ジョウビタキ(常鶲、Daurian Redstart)L:14。スズメ目ヒタキ科ジョウビタキ属。F00A1712b




ちょっぴり遠征。。

 ♀はまだ見てなったのでちょっぴり遠征しました。愛想の良い子でした。
 (少し前の画像です。)

サバクヒタキ(砂漠鶲、Desert Wheatear)L:14.5-15.5。スズメ目ヒタキ科サバクヒタキ属。F00A1385
F00A1230
F00A1326
F00A0927



オスもいた。。

 ジョウビタキが多い。鳴くので居たらすぐ分かります。

ジョウビタキ♂(常鶲、Daurian Redstart)L:14。スズメ目ヒタキ科ジョウビタキ属。F00A0697
F00A0706



ナンキンハゼ。。

 白いナンキンハゼの実に埋もれていたジョウビタキ♀。長いこと、止まっていた。

ジョウビタキ♀(常鶲、Daurian Redstart)L:14。スズメ目ヒタキ科ジョウビタキ属。F00A0259
F00A0326


秋色が綺麗。。

バックの秋色が綺麗。秋たけなわです。

ジヨウビタキ♂(常鶲、Daurian Redstart)L:14。スズメ目ヒタキ科ジョウビタキ属。F00A0788
F00A0913
F00A0998


海辺のシギ(3)。。

 『青い月夜の 浜辺には 親をさがして 鳴く鳥が 波の国から 生まれ出る ぬれた翼の 銀の色♫♫』
  ・・・地味な鳥さん。砂浜に同化していて動かないと分からない。  

シロチドリ(白千鳥、Kentish Plover)L:17チドリ目チドリ科チドリ属。F00A1279




柿の実(1)。。

 今季初もの。この冬も楽しめそう。

シロハラ(白腹、Pale Thrush)L:24-25。スズメ目ヒタキ科ツグミ属。F00A0541

陽射し強し(6)。。

1羽のみで少し寂しい。

セイタカシギ(背高鷸、Black-wined Stilt)L:37。セイタカシギ科セイタカシギ属。F00A0234
F00A0481


ジョビが来た。。

 2,3日前に山で声を聴いたけど、早くも自宅にジョウビタキがやってきました。

ジョウビタキ(常鶲、Daurian Redstart)L:14。スズメ目ヒタキ科ジョウビタキ属。
F00A0446



外来種。。

 綺麗な鳥、でも外来種。ヒマラヤやミヤンマーなどに分布する鳥で江戸時代に輸入された
 ようです。山へ行けば沢山いて うるさいほど囀っています。

ソウシチョウ(相思鳥、Red-billed Leiothrix)L:15。スズメ目チメドリ科ゾウシチョウ属。
F00A0232b
F00A0167b


平城京跡にて。。

 平城京跡の草地は野鳥が寛く空間です。早朝はまだ起ききれてないセッカが至る所で
 羽を乾かしています。

セッカ(雪花、Zitting Cisiticola ) L:13。スズメ目セッカ科セッカ属。
F00A0216b
F00A0330b
F00A0360b
F00A0301b

雀。。

ヒレタゴボウの花が咲いていました。スズメが数羽止まっていたけど実は熟れているのかな。

スズメ(雀、Eurasin Tree Sparrow)L:14-15。スズメ科スズメ属。
F00A0014

休耕田で(2)。。

 水辺の貴婦人です。幼鳥も混じっています。オグロシギと同じ田んぼにいました。

セイタカシギ(背高鷸、Black-winged Stilt) L:37。セイタカイギ科セイタカイギ属。
F00A0337
F00A0157
F00A0100
F00A0110
F00A0205


スズメ。。

ヒレタゴボウに止まっているスズメ。外来植物は繁殖力が強いですね。

スズメ(雀、Eurasian Tree Sparrow )L:14-15。スズメ科スズメ属。F00A0190f




少ない。。

 今季は少ない。例年だと幼鳥が群れているのに1羽も観ない。何故でしょう?。
 何度も観かけるサンショウクイですがグリーンバックで撮れない。

サンショウクイ(山椒食、Ashy Miniver)L:20。サンショウクイ科サンショウクイ属。
F00A0267
F00A0144


サシバ。。

 今週は近隣の山行き週間と決め、毎日、通いました。まだ、渡りは早く地元の猛禽
 のみです。(幼鳥)

サシバ(差羽、鵊鳩、Grey-faced Buzzard)L:♂47、♀51、W:105-115。タカ科サシバ属。
F00A0004

山椒くい。。

 サンショウクイの渡りが始まる季節です。陽射しが強く暑いので日陰で待っていると
ヒリヒリン、ヒリヒリンと辛そうな声で鳴きながら飛んできました。

サンショウクイ(山椒食、Ashy Miniver)L:20。サンショウクイ科サンショウクイ属。♂。
F00A0283
F00A0144


久しぶりの山。。

 渡りのシーズンには まだ早いけど地元の子がいるので久しぶりに山へ上がった。
道路は数日前に土砂崩れがあり通行止めになっていたようで頂上近くの道路の脇に
土嚢がつまれていた。
 山では地元のハチクマ、サシバが数回、舞った。

サシバ(差羽、鵊鳩、Grey-faced Buzzard)L:♂47、♀51、W:105-115。タカ科サシバ属。
F00A0073


セキレイ。。

元気に遊ぶセキレイの子供。独り立ちしています。

セグロセキレイ(背黒鶺鴒、Japanese Wagtail)L:21。セキレイ科セキレイ属。
F00A0551



幼鳥。。

少し大きくなったセイタカシギの幼鳥。ムクドリなどが傍に来ると親が追っ払います。

セイタカシギ(背高鷸、Black-winged Stilt)L:37。セイタカシギ科。
F00A0037g
F00A0411g
F00A0478g
F00A0503g
F00A0778g
F00A0464g

飛んだ。。

ササゴイが飛んだ。グリーンバックに映えます。

ササゴイ(笹五位、Striated Heron)L:52。サギ科ササゴイ属。@在庫。
F00A0322bbg
F00A0890bbg
F00A0891bbg
F00A0892bbg
F00A0894bbg
F00A0898bbg

ペア。。

セイタカシギのペアが田んぼにいた。この時季はグリーンに映えるので嬉しい。

セイタカシギ(背高鷸、Black-winged Stilt)L:37。セイタカシギ科。
F00A0122b

F00A1027b
F00A0139b
F00A0855

3日目。。

時間つぶしに丁度良い。3日間、通いましたが魚が少なくなったようで出が悪くなりました。

ササゴイ(笹五位、Striated Heron)L:52。サギ科ササゴイ属。
F00A0457b
F00A0448bg
F00A0256bg
F00A0643a_eted-1

様子見に。。

様子見にまた、行った。
一日に数回、やってきて20分ほど滞在します。

ササゴイ(笹五位、Striated Heron)L:52。サギ科ササゴイ属。
F00A0218bb
F00A0355bb
F00A0260b
F00A0488b
F00A0298
F00A0623bg
F00A0009gb
F00A0787bb
F00A0788bb

小魚狙い。。

エビや小魚が沢山いるようです。一度に50匹ほどかな。次々と捕食していますが
腹の足しになるのでしょうかねぇ?

ササゴイ(笹五位、Striated Heron)L:52。サギ科ササゴイ属。
F00A0317g

F00A0463
F00A0267g

今季もみた。。

 日陰の無い場所なので曇りの日を狙い行きました。2羽のササゴイが川の中で採餌して
いました。今年はオイカワを捕獲することが多いようす。
 水量が減っていて川の中にある少し高い石に立って狙いを定め、飛び込みます。
増水時は遡上用魚道の脇の人工物の上から狙うので、良い時に行ったのかな。

ササゴイ(笹五位、Striated Heron) L:52。サギ科ササゴイ属。
F00A0196bf

F00A0214b
F00A0217bf
F00A0276b
F00A0279bf
F00A0288bf
F00A0299b
F00A0321b
F00A0330bf

分かりやすい。。

 子供が単独でいると間違えることもあるけど親子で居たので分かりやすい。

セグロセキレイ(背黒鶺鴒、Japanese Wagtail)L:21 。セキレイ科セキレイ属。
F00A0106
F00A0125
F00A0107

忙しそう。。

餌運びが忙しいサシバ君。

サシバ(差羽、鵊鳩、Grey-faced Buzzard)L:♂47、♀51、W:105-115。タカ科サシバ属。
F00A0472b

F00A0516b
F00A0541b
F00A0608b
NBM20J09。

サッチャン。。

餌持ちサシバ。

サシバ(差羽、鶆鳩、Grey-faced Buzzard)L:♂47、♀51、W:105-115) タカ科サシバ属。
F00A0007
F00A0021
MKB20J10。

そうしちょう。。

林内で休んでいると近くまで寄ってきました。

ソウシチョウ(相思鳥、Red-billed Leiothrix)L:15。外来種チメドリ科ソウシチョウ属。
F00A0067f

シジュウカラ。。

休息中のシジュウカラ。

シジュウカラ(四十雀、Japanede Tit)L:15。シジュウカラ科シジュウカラ属。
F00A0615b

F00A0614b

水浴び(4)。。

気持ち良さそう。

シジュウカラ(四十雀、Japanese Tit)L:15。シジュウカラ科シジュウカラ属。
F00A0010b

サッちゃん。。

カエルを持って飛び去りました。里山での出来事です。

サシバ(差羽、鶆鳩、Grey-faced Buzzard)L:♂47、♀51、W:105-115。タカ科サシバ属。
F00A0164f
F00A0169f

餌持ち。。

カナヘビか?餌を運ぶサシバ君。

サシバ(差羽、鶆鳩、Gey-faced Buzzard)L:♂47、♀51、W:105-115。タカ科サシバ属。
F00A0032
F00A0476

セッカ。。

 可愛いけど、あたり一面に聞こえるような大声で鳴くセッカ。どこに大声を出す力が
あるのでしょう。

 セッカの♂は巣をいくつも作り、♀を誘います。♀が気に入ったら交尾、♀が子育てをします。
♀が巣を補修し産卵から子育てまでを全て行います。
 今までの一夫多妻の最高記録は1羽の♂が18の巣を作り、11羽の♀とつがいになった例が
あります。

セッカ(雪花、Zitting Cisiticola)L:13。セッカ科セッカ属。
F00A0618fb
F00A0629fb
F00A0186bf
F00A0596b
F00A0597fb

口いっぱい。。

 沢山のアオムシを咥えています。巣の中の雛全てに行き渡るように人数分(雛数分)を
運ぶのかな。

ソウシチョウ(相思鳥、Red-billed Leiothrix)L:15。外来種チメドリ科ソウシチョウ属。
F00A0348
F00A0329F00A0378

水辺の貴婦人。。

 工事現場いたセイタカシギ。そばで工事車両が活動していても気にせず採餌しています。

セイタカシギ(背高鷸、Black-winged Stilt)L:37。セイタカシギ科セイタカシギ属。
F00A0536b
F00A0411b

F00A0295b
F00A0400b
記事検索
プロフィール

tai_kana98

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード