☆☆たいかな日記☆☆

きまぐれブログへようこそ。♪♪自然の中で鳥との出会いを求め、近隣、時にはミニ遠征を続けています。♬♬

野鳥(か)

おじぎどり。。

この鳥は山の道路で良く見かけます。
車で走行していると必ず先回りし また道路に下りる行動を数回繰り返します。
何故か横へ逃げることをしない鳥です。

キセキレイ(黄鶺鴒、Grey Wagtail) L:20
F00A8000

キビ♂。。

カラスザンショウの実を突きに来たキビタキ。木が伸びて高いところに実をつけていて
繁り撮り辛い。

キビタキ(黄鶲、Narcissus Flycatcher)L:13.5 
F00A7924F00A8097

コスモス畑(3)。。

コスモス畑にはカワラヒワが沢山いました。

カワラヒワ(河原鶸、Oriental Greenfinch) L:14.5-16
F00A6927F00A6936

山の鳥(5)。。

ふわ~りと飛ぶ姿に哀愁を感じました。

キジバト(雉鳩、Oriental Turtle Dive) L:33
F00A7978

山の鳥(3)。。

暇な山のお客さん。小さな虫をフライキャッチしていました。

コサメビタキ(小鮫鶲、Asian Brown Flycather)L:13
F00A1546

小鳥シリーズ(1)。。

小鳥たちも渡っています。先日と同じ山の同じ鳥です。

コサメビタキ(小鮫鶲、Asian Brown Flycather)L:13
F00A4090

錐合。。

渡り途中。小さな体でどこまで飛んで行くのでしょう。
錐を合わせたような嘴のシギ。

キリアイ(錐合、Broad-billed Sandpiper) L:17
F00A5802F00A5452F00A7201

コオバさん。。

逆光です。少し色だししました。

コオバシギ(小尾羽鷸、Red Knot) L:24.5 
F00A2066
オバさんと一緒。
F00A2038

朝の田んぼ(1)。。

遠くに2羽のコアオアシシギがいました。待っていたら少しだけ近づいてくれました。

コアオアシシギ(小青足鷸、Marsh Sandpiper) L:24
F00A1818F00A1736F00A1740
コアオアシシギ、アオアシシギ。
F00A1781

干潮(1)。。

潮が満ちる前に忙しそうに採餌しているキアシシギ。この干潟では3羽見ただけ。
寂しい限りです。

キアシシギ(黄脚鷸、Grey-tailed Tattler)L:25
F00A2902

秋の始まり。。

桜についた毛虫が好物の小鳥さん。昨年のこの時期は毛虫が多かったけど今年は
少ないような気がします。

コサメビタキ(小鮫鶲、Asian Brown Flycather)L:13
F00A0805

幼鳥です。。

キビタキの幼鳥です。餌を沢山食べ栄養をつけ渡っていくでしょう。

キビタキ(黄鶲、Narcissus Flycatcher)L:13.5 
F00A0977

鷸シリーズ(3)。。

草が繁ったところにいました。

コアオアシシギ(小青足鷸、Marsh Sandpiper) L:24
F00A0417

幼鳥シリーズ(1)。。

公園の池に二番子がいます。

カワセミ(翡翠、Common Kingfisher) L:17 
F00A9829
F00A9801

公園の鳥(1)。。

暇つぶしに撮った鳥。近隣の公園です。

キジバト(雉鳩、Oriental Turtle Dive) L:33
F00A9920

今年のバナナ。。

 昨年に続いてみることが出来たコウライウグイス。皆さん、ルールを守って
遠くから撮っているのでくつろいでいました。

コウライウグイス(高麗鶯、Black-naped Oriole) L:26
F00A7884F00A7946F00A7987

近隣の池。。

雛は5羽。大きくなっています。

カイツブリ(鳰、Little Grebe) L:26、W:43
F00A8346F00A8277

コチドリ。。

今季初の田んぼ巡りです。シギチが入り始めましたが暑いので出かけるは
自重気味です。

コチドリ(小千鳥、Little Ringed Plover) L:16
F00A9546

健在。。

カルガモ親子は健在です。ひと泳ぎしたら田んぼの中へ入って行きます。

カルガモ(軽鴨、Eastern Spot-billed Duck)L:61
F00A7711
F00A7752

近所で。。

地元の池で最後にカワセミを撮ったのは昨年の6月です。時々、見に行ってたけど
カメラを持参しなかったので久しぶりの撮影でした。

カワセミ(翡翠、Common Kingfisher) L:17 
F00A6937 (1)
F00A6986
F00A6937 (2)F00A7004

大きめの子。。

 6羽の子を連れたカルガモの母さんがいました。大きくなってから出て来た
ようです。もう少し小さい時期に見つけたら更に可愛かったのに。

カルガモ(軽鴨、Eastern Spot-billed Duck)L:61
F00A7386
F00A7204
F00A7211
F00A7345

ザリガニ。。

ザリガニ捕りが忙しい若様。
小魚と違って食べ辛いのか食べ終わるまで時間がかかりました。

カワセミ(翡翠、Common Kingfisher) L:17 
F00A5373F00A5401F00A5541
F00A5543
F00A5548
F00A5552
F00A5572
F00A5585

思い通りには・・・。。

短時間の勝負は若い子が来るのみ。欲求不満の連続です。

暑いのでズボラな鳥見を続けています。涼しい早朝、池へ行ってすぐ引き上げる。
行くところがないので同じ行動を続けています。

カワセミ(翡翠、Common Kingfisher) L:17 
F00A4912
F00A4938
F00A4926
F00A4864
F00A4870

そろそろ。。

そろそろシギチの渡りが始まりますが海沿いの池はソーラーパネルで覆われ、鳥たちの
休息場所がなくなりました。近隣も休耕田も少なくなりシギチを探すのは一苦労です。

最近、見てない鳥が入って来ないかな。
コキアシシギ(Lesser Yellowlegs) L:24 @在庫。
IMG_6744

再度、蓮の花。。

再度、カワセミです。

カワセミ(翡翠、Common Kingfisher) L:17 
F00A3089
F00A3100
F00A3100 (2)
F00A3224

かんむり。。

カンムリ親子を拡大してみた。

カンムリカイツブリ(冠鳰、Great Crested Grabe) L:56、W:85
F00A2865F00A2912F00A1852

蓮の花。。

ピンク色が映える小さな池。

カワセミ(翡翠、Common Kingfisher) L:17 
F00A1546F00A1612
F00A1649
F00A1704

ブナ林の主。。

少し前の画像です。4か所で営巣していました。

コノハズク(木の葉木菟、Oriental Scops Owl) L:18-21、W:43-46
F00A9650F00A9780aF00A7933
F00A8510

暑いです。。

暑い日が続きます。ブログアップを中断していましたが徐々に再開します。

陽射し強すぎ、雛が小さすぎ、暑すぎで早々に退散しました。河口のカンムリ夫婦は
1羽のヒナを大切に育てています。

カンムリカイツブリ(冠鳰、Great Crested Grabe) L:56、W:85
F00A2197F00A2208
F00A2500
F00A2616F00A1931

御陵近隣(1)。。

若鳥が3羽いました。

キジ(雉、Common Pheasant)L:♂81、♀58
F00A6468

冠(2)。。

顔の表情、様々。

カンムリワシ(冠鷲、Crested Serprent Eagle) L:50-56、W:110-123 @石垣。
F00A0353F00A0426
F00A7881
F00A1425
F00A7906
F00A7597

冠(1)。。

近づいても逃げません。至近距離で撮れました。

カンムリワシ(冠鷲、Crested Serprent Eagle) L:50-56、W:110-123 @石垣。
F00A0327F00A0865F00A0402
F00A7663
2011年1月5日に名蔵湾沿いの県道で交通事故にあい、保護された当時、幼鳥のシャイ。
足環がついています。雨上がりで ずぶ濡れです。
F00A1467
F00A1466

白い黒い子。。

白いクロサギです。南方に行かないと会えません。

クロサギ(黒鷺、Pacific Reef Heron) L:62 @石垣。
F00A1871F00A6929
F00A6953
遠くに黒い子も。
F00A8422


  余談ですが「クロサギ」と言う本があります。
  「クロサギ」は、夏原武原案の漫画本。シリーズ累計で800万部を越したヒット作品です。
   (ストーリー)
   詐欺師には、人を騙して金銭を巻き上げるシロサギ、異性を餌として心と体を弄ぶ
   アカサギ、人を喰わずシロサギやアカサギのみを喰らうクロサギがいる。
       この作品は、父親が詐欺師(シロサギ)によって嵌められた末に起こ した一家心中で
       ただ独り生き残った青年「黒崎」が、この世の悪いサギを喰い尽くすため、 詐欺師を
   騙し返す“クロサギ”となって立ち向かうと言う作品です。
      鳥とは全く関係ないです。

綺麗な声。。

この時期は良く囀ります。場所は良かったがバックが明るすぎです。

丁度、ブログ開設から6年目です。続いています。

コマドリ(駒鳥、Japanese Robin )L:14
F00A9012
F00A9017

チョロチョロ鳥。。

忙しく動きまわるので撮り辛い。また、宿題が残りました。

キバシリ(木走、Eurasian Treecreeoer) L:14
F00A9194

近所の池(1)。。

子供は5羽。すくすく育って欲しいけど 周りはカラスが一杯。親は大変です。 

カルガモ(軽鴨、Eastern Spot-billed Duck)L:61
F00A9818F00A9726

親子連れ。。

ヨチヨチ泳ぎのカイツブリの子。周囲にはカラスが多いので危険がいっぱい。
子育ては大変です。

カイツブリ(鳰、Little Grebe) L:26、W:43
F00A8239

南国の鳥(10)。。

飛行場近くで営巣しています。年に数回、産卵するとか。
鳥との距離が有り、証拠画像です。

カタグロトビ(肩黒鳶、Black-winged Kite) L:31-35、W:75-87
F00A9357

南国の鳥(2)。。

キジは綺麗ですね。車で走行中 各地で見ましたが車を止め いざ撮ろうと構えると
すぐ草地へ消えます。警戒心強し。

コウライキジ(高麗雉、Korean pheasant) L:♂81、♀58
F00A8515F00A8541F00A8527

緑の中で。。

干潟に居ることが多いクロツラヘラサギ。草原では見たのは初めてかな。

クロツラヘラサギ(黒面箆鷺、Black-faced Spoonbill) L:17
F00A2019

少し心配。。

渡りそびれた鴨さん。怪我をしているのでしょうか?暑くなるので心配です。

キンクロハジロ(金黒羽白、Tufted Duck) L:40
F00A9428

河川敷で。。

違う場所にもコアジサシがいました。
雄は気を引こうと休みなく小魚を運んでいました。その後、どうなったかは知る由もなし。

コアジサシ(小鰺刺、Little Tern)L:22~24
F00A3662
F00A3663
F00A3665
F00A3670

微笑ましい。。

雌にプレゼントする雄。微笑ましい光景です。

コアジサシ(小鰺刺、Little Tern)L:22~24
F00A8269

波打ち際で。。

潮が満ちる前に採餌しないと・・・。忙しそうに動きまわるキアシシギ。

キアシシギ(黄脚鷸、Grey-tailed Tattler)L:25
F00A8293
F00A1917

京女。。

数羽のキョウジョシギが波打ち際にいました。

キョウジョシギ(京女鷸、Ruddy Turnstone) L:22。
F00A8300
F00A6941

こちどり。。

まんまる目のコチドリ。早朝の陽射しはきつく白飛びします。

コチドリ(小千鳥、Little Ringed Plover) L:16
F00A2117
F00A5214
F00A6013

恋の季節。。

蓮華が伸び、撮り辛くなった田んぼです。そろそろ、撮り納めかな。

キジ(雉、Common Pheasant)L:♂81、♀58
F00A7883F00A7801
F00A7803
F00A7652
F00A7638

巣作り(2)。。

燕同様、忙しそう。燕より少し警戒心が強いかな。

コシアカツバメ(腰赤燕、Red-rumped Swallow)L:19
F00A4095
F00A3812
F00A3839
F00A3815
F00A5997
F00A3792
F00A3826a
コシアカツバメ、ツバメ。
F00A5348

山での記録(4)。。

いきなり飛んできたので追いかけるのが精一杯。後で気が付けばカメラの設定ミス。
未だに とっさの判断ができない。情けない・・・・。

キバシリ(木走、Eurasian Treecreeoer) L:14
F00A8753

山での記録(2)。。

暗い所で忙しそうに採餌していたゴジュウカラです。

ゴジュウカラ(五十雀、Eurasian Nuthatch) L:14
F00A8255
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード