☆☆たいかな日記☆☆

きまぐれブログへようこそ。♪♪自然の中で鳥との出会いを求め、近隣、時にはミニ遠征を続けています。♬♬

野鳥(か)

綺麗な川。。

綺麗な川で獲物を捕まえ得意げなキセキレイ。

キセキレイ(黄鶺鴒、Grey Wagtail) L:20
F00A6566

撮り辛い。。

黒っぽい鳥は撮り辛いです。
子育てが忙しいカワガラス。明日あたり雛が巣立つかも?  でも行けない・・・。

カワガラス(河烏、Brown Dipper)L:22
F00A0655F00A1218
F00A1212
F00A6483
F00A0991
F00A1261

グリーンバック。。

モミジの新芽を啄むコムク。若葉が綺麗です。

コムクドリ(小椋鳥、Chesnut-cheeked Starling)L:19
F00A4350F00A4310
F00A4427

ホロ打ち。。

存在をしきりにアピールする雉雄。ホロ打ちの連続写真です。

キジ(雉、Common Pheasant)L:♂81、♀58
F00A3360
F00A3361
F00A3366
F00A3367
F00A3368
F00A3369
F00A3370
F00A3371
F00A3372
F00A3373
F00A3374

御陵にて。。

御陵にキビタキが来ました。美しい声で囀っています。

キビタキ(黄鶲、Narcissus Flycatcher)L:13.5 
F00A6093
F00A6041
F00A6283
F00A6098

蓮華の花。。

欲を言えばもう少し花があったら・・・。

キジ(雉、Common Pheasant)L:♂81、♀58
F00A3428F00A3588
F00A3598

桜満開。。

花の期間は短いので咲いている時に沢山撮ろうと思い近隣を徘徊しました。
コムクの第一陣は一日で消え、第二陣が入らないかと探しましたが数羽いたのみ。

コムクドリ(小椋鳥、Chesnut-cheeked Starling)L:19
F00A2406F00A2493
F00A2465
F00A2300
F00A2512

国鳥。。

 この時期は動きが活発です。♂4、♀2を見ました。これから田んぼなどで数多く
見かけるでしょう。次は蓮華畑で・・・。

キジ(雉、Common Pheasant)L:♂81、♀58
F00A0222

夕陽を浴びて。。

夕方です。弱い光にピンクの花が更に赤く染まっていました。
コムクドリも少しピンク色。

コムクドリ(小椋鳥、Chesnut-cheeked Starling)L:19
F00A2125
F00A1958F00A1964
F00A1695

ぞろぞろ家族。。

 普段は警戒心が強く撮らしてくれないコジュケイ。でも この地には愛想の良い家族が
います。5羽の群れと4羽の群れが歓迎してくれました。

 国内では100年前に放鳥され その後、増加しています。
コジュケイ(小綬鶏、Chinese Bamboo Partridge) L:27
F00A0767
F00A0339
F00A1085F00A0533

猫柳。。

春が来た♫♫。カワセミのペアも忙しそう。残念ながら2羽並びは撮れません。

カワセミ(翡翠、Common Kingfisher) L:17 
F00A3833
F00A3859
F00A3922
F00A3931

外来種(1)。。

気性が激しい鳥なのでしょう。他の鳥が来ると威嚇します。
中国南部、東南アジアに分布する篭脱け鳥。近年、増え続けています。

ガビチョウ(画眉鳥、Chinese-Hwamei) L:25
F00A0477
F00A0382
巣材運び。
F00A1223

暗すぎ。。

暗い所が好きなクロジ。周囲が暗すぎて撮るのは辛い。

クロジ(黒鵐、Grey Bunting) L:16.5
F00A6156

南方系の鳥。。

 遠方に黒いノビタキがいると連絡がありました。最近は珍鳥が出たと聞いても即、
動かず今回も全く気乗りがしなかったのに何故か急に遠出してしまいました。
往復2,000㎞の旅でした。

クロノビタキ(黒野鶲、Pied Bush Chat) L:13
F00A2169F00A1638
F00A1677
F00A2690
F00A2901
F00A1707a

桜咲く。。

桜の花蜜を吸うコゲラ。少し疲れたのかアクビをしています。

コゲラ(小啄木鳥、Japanese Pigmy Woodpecker) L:15 ♂
F00A1385
F00A1383

カチガラス。。

 久しぶりにカチガラスを見てきました。公園に入ると早くもカシャカシャと鳴く声が聞こえて
きます。数か所に巣があり 子育てが始まっているようです。

カササギ(鵲、Eurasian Magpie) L:45
F00A9978F00A9352
F00A0246
F00A9695

黒面。。

仲良しペア&婚姻色のクロツラヘラサギです。

クロツラヘラサギ(黒面箆鷺、Black-faced Spoonbill) L:17
F00A2995F00A3098
F00A3562
F00A4192
F00A4357

ひばり。。

注意してないと見逃すかも。
白すぎ、ピーカン。綺麗に撮れない・・・これが限度でした。

コヒバリ(小雲雀、Asian Short-toed Lark) L:14 
F00A1365F00A1128
F00A1343
F00A1047
F00A0960

ほおあか。。

久しぶりに会えました。この子は1羽だけ。

コホオアカ(小頬赤、Little Bunting) L:12.5
F00A4986
F00A5054
F00A4612F00A4601

普通種シリーズ(4)。。

カシラダカです。目立たない鳥ですが可愛いです。

カシラダカ(頭高、Rustic bunting)L:15
F00A6300

♂一羽。。

♂が一羽。喉が渇くのか朝、早く水を飲みに来ます。

コイカル(小斑鳩、Chinese Grosbeak) L:19
F00A7395F00A7446

飛び出し。。

飛び出しです。構えていたらうまい具合に飛んでくれました。

コミミズク(小耳木菟、Short-eared Owl) L:37-39、E:95-110 @少し前の画像です。
F00A0275F00A0276F00A0277
F00A0382

春近し(2)。。

少し婚姻色になったカンムリです。

カンムリカイツブリ(冠鳰、Great Crested Grabe) L:56、W:85
F00A4207

山のせせらぎ(2)。。

山の小道を歩いているとカワセミの声が聞こえました。
何故、こんな山奥にいるのか不思議でしたが気が付けば傍に小さな川がありました。
逞しい!!。

カワセミ(翡翠、Common Kingfisher) L:17 
F00A8071

山のせせらぎ(1)。。

小さな川の流れにいたキセキレイです。

キセキレイ(黄鶺鴒、Grey Wagtail) L:20
F00A8109

また、鸛。。

J0119。福井生まれ(2014.6.16生)の♀ ゆめちゃんです。

コウノトリ(鸛、Oriental Stork) L:112。
F00A3541F00A3541a

鸛。。

奈良に2羽のコウノトリがいます。一羽(J0131)は2016.4.15 豊岡生まれの♀。
  もう一羽(J0116)は2015.3.22 千葉・野田生まれの♀です。

野田生まれ♀は未来(みき)と言う名で放鳥後 関東を拠点に飛びまわっていましたが
 その後、愛知、兵庫、岡山、愛媛、滋賀で目撃され今月 奈良へ飛来しました。
2羽は仲が良く金魚の産地界隈の池にいます。

コウノトリ(鸛、Oriental Stork) L:112。2015.3.22生、♀ 未来(みき)。
GPSアンテナ付きです。
F00A1476
F00A1499F00A1520F00A1553

止まりもの。。

休息タイムの画像を集めました。

コミミズク(小耳木菟、Short-eared Owl) L:37-39、E:95-110
F00A5993F00A5811F00A0223
F00A4158F00A6043

葦の中(2)。。

葦の中のカシラダカ。また、撮りました。

カシラダカ(頭高、Rustic bunting)L:15
F00A7644

苦労するがな。。

思いの場所では撮らしてくれない。また、挑戦することになりそう。

クイナ(水鶏、Water Rail) L:29
F00A6685F00A6710F00A6701
F00A6611

唐ちゃん。。

縦斑の多い♀です。

カラアカハラ(唐赤腹、Grey-backed Thrush) L:16.5-19.5
F00A2209F00A2215
F00A2344

正面顔(3)。。

正面から見ると一瞬、迷います。

カシラダカ(頭高、Rustic bunting)L:15
F00A4594

再々・・・。。

いつもと違う場所です。また、行きました。

コミミズク(小耳木菟、Short-eared Owl) L:37-39、E:95-110
F00A1656F00A1497
F00A0901
F00A0912
F00A0993
F00A1006

三種混合(2)。。

二種めは田んぼで数多く見られるカワラヒワです。

カワラヒワ(河原鶸、Oriental Greenfinch) L:14.5-16
F00A6431

逃げる逃げる。。

警戒していて逃げ足早し。良い場所には出て来ません。

クイナ(水鶏、Water Rail) L:29
F00A4861

飛翔。。

苦手な飛翔画像です。皆さんのように上手には撮れません。

コミミズク(小耳木菟、Short-eared Owl) L:37-39、E:95-110
F00A0075F00A9927
F00A9992
F00A9622

遠い止まり木。。

昨季は当地への訪問回数が少なかったけど、今季は足を運ぶつもりです。
昨年の1~3月の訪問は0回です。

コミミズク(小耳木菟、Short-eared Owl) L:37-39、E:95-110
F00A0030b
F00A9700b
F00A9534b
F00A9975b
F00A9618b

シーズン初です。。

出遅れています。愛想は良くなかったです。

コミミズク(小耳木菟、Short-eared Owl) L:37-39、E:95-110
F00A9078
F00A8986
F00A9108F00A9073
F00A8988

寒~い。。

葉が落ち寒々とした枝に佇むカシラダカ。
少なくなったのか絶滅危惧種に指定されました。

☆国際自然保護連盟が2016年12月8日に発表したレッドリストの2016年版の中で、
  新たに絶滅危惧種に指定された種のうち、カシラダカが絶滅危惧II類(VU)に
  位置づけられました。

    カシラダカはホオジロ科の小鳥で、ユーラシアの西端のスカンジナビア半島から
    西端の極東ロシアまで広く繁殖し、ユーラシアの温帯地方の農耕地で越冬します。
    過去30年間に個体数が75‒87%減少したようです。

カシラダカ(頭高、Rustic bunting)L:15
F00A6857

珍しい。。

地元の池では珍しいカモメです。モヤモヤ頭が可愛くて大好きです。

カモメ(鷗、Mew Gull) L:45、W:118
F00A8552F00A8684

謹賀新年

今年はどんな1年になるでしょう
皆さまのご多幸をお祈り申し上げます

コウノトリ

大晦日。。

皆さま、大変、お世話になりました。
新年も引き続きよろしくお願いいたします

クロハラアジサシ

小さなカラス。。

最近、見ることが少なくなった小さなカラスです。
田んぼにコクマルガラスが2羽いました。パンダ顔が見たいんだけど・・・。

コクマルガラス(黒丸鴉、Daurian Jackdaw) L:33
F00A4934

唐草模様。。

最近、撮って無かったので久しぶりに沢山、シャッターを押しました。
警戒心が強く、なかなか撮らせてくれない世界的希少種です。

コウライアイサ(高麗秋沙、Scaly-sided Merganser) L:57
F00A9716F00A9411
F00A8428
F00A9750
種が違うのに何故か仲良し。
F00A9596
F00A9945

黒い鳥。。

黒い鳥を数えたら14羽いました。

コクガン(黒雁、Brant Goose) L:61
F00A9603
F00A9701F00A9782
12羽です。残りの2羽は入らず。
F00A9744

少し離れてた。。

カワセミが2羽。
モミジの枝に止まっていたけど少し離れていました。惜しい!。

カワセミ(翡翠、Common Kingfisher) L:17 @先月末。
F00A2810F00A2644
F00A2730
F00A2436
F00A2902
F00A1803
F00A1942

鳰。。

滋賀県の県鳥です。

奈良時代から、古名を「にお」「にほどり」と言い、漢字「鳰」は水に没入することを
意味しています。

「鳰の海や月のひかりのうつろへば 浪の花にも秋は見えけり」 「新古今集。藤原家隆」

「鳰の海や霞のうちにこぐ船のまほにも春のけしきなるかな」   「新勅撰集。式子内親王」

カイツブリ(鳰、Little Grebe) L:26、W:43
F00A1679F00A2062
F00A2115
F00A2132

カルちゃん。。

池の軽ちゃんもノンビリしています・・・。

カルガモ(軽鴨、Eastern Spot-billed Duck)L:61
F00A1001
F00A2234b

希少種。。

クロツラヘラサギの世界一斉個体数調査(2015年)では3,259羽が確認されました。前年の
調査の2,726羽と比べると、+533羽増加して、初めて3,000羽を越えました。
最大の越冬地は台湾で、世界の60%が越冬しています。

   ☆地域別のクロツラヘラサギの記録数
                                           2014年       2015年       前年比
    台湾                1,659    2,034    +22.6%
    后海湾(香港、深セン)      252      411         +63.1%
         日本                350      371         +  6.0%
         中国                339             330       ▲ 2.7%
         マカオ                 60               55        ▲ 8.3% 
         ベトナム                 40               40                -
         韓国                   26        18        ▲ 30.8%     
      計               2,726     3,259          +19.6%

クロツラヘラサギ(黒面箆鷺、Black-faced Spoonbill) L:17
F00A3875
F00A3691
F00A3680
F00A3670
P6N08。

微笑ましい。。

こんな光景を見ていると心が和みます。早くも春の準備でしょうか。

カンムリカイツブリ(冠鳰、Great Crested Grabe) L:56、W:85
F00A7458F00A7635
F00A7652
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード