☆☆たいかな日記☆☆

きまぐれブログへようこそ。♪♪自然の中で鳥との出会いを求め、近隣、時にはミニ遠征を続けています。♬♬

野鳥(か)

黄色い鳥。。

静かな森でキビタキが囀っていました。

キビタキ(黄鶲、Narcissus Flycatcher)L:13.5
F00A3559F00A3266

動きが早い。。

少し白いキタキバシリです。チョロチョロ 動いていました。

キタキバシリ(木走、Eurasian Treecreeper)L:14
F00A3390

雀五十羽。。

暗い早朝です。動きが早く画像が流れ、まともに撮れなかったゴジュウカラです。
日本ではゴジュウカラ、シロハラゴジュウカラ、キュウシュウゴジュウカラの3亜種に
分けられています。

シロハラゴジュウカラ(五十雀、Eurasian Nuthatch)L:14
F00A3301

こげら。。

啄木鳥で最小の可愛いコゲラ。小さな虫を捕りました。
日本では亜種コゲラ、エゾコゲラなど9亜種に分けられる。

エゾコゲラ(小啄木鳥、Japanese Pigmy Woodpecker)L:15
F00A3598

癒される。。

カラスが多い場所です。昨年はカラスに襲われ、繁殖失敗。今年こそ、無事、育って
欲しいです。

コブハクチョウ(瘤白鳥、Mute Swan)L:152
F00A1445b
F00A1420b
F00A2143
F00A1043b

田植えは終わり。。

田植えが終わり静かになった田んぼで採餌するコチドリ。

コチドリ(小千鳥、Little Ringed Plover)L: 16
F00A2286

迫りくる。。

 こちらへ向かってきたので思わず のけ反りました。

クロハゲワシ(黒禿鷲、Cinereous Vulture)L:100-110、W:250-295
F00A0615
F00A0617
F00A0619
F00A0620
F00A0622
F00A0624

でっかいや。。

 急遽、遠征。想像どおり 大きい。眼は可愛いけど 恐いです。
羽根を広げるとオオワシ(W:220-250)より大きく迫力ありです。

クロハゲワシ(黒禿鷲、Cinereous Vulture)L:100-110、W:250-295
F00A0066
F00A0600
F00A9929
F00A0313
餌を持っていると飛びかかります。
F00A9442
車が少し傷ついたかも。
F00A0270

木の上には(動画)。。

餌やり、雛の糞を持ち去るシーンは動画の最後です。(動画 1分21秒)

コサメビタキ(小鮫鶲、Asian Brown Flycatcher) L:13 

木の上には。。

 桜の木と同化した巣を作っているコサメビタキに雛が誕生しました。巣立ちは見に
行けなかったけど無事、巣立ったようです。

コサメビタキ(小鮫鶲、Asian Brown Flycatcher)L:13 @先月の画像です。
F00A7833
F00A8101
F00A8056
F00A7583

軽子。。

 可愛いカルガモの子が近所の池にいます。ず~ッと遠方へ出かけていたので気になって
いました。
 かなり大きく育ち、子供たちだけで遊んでいたけど3羽だけとは少し寂しい。

カルガモ(軽鴨、Eastern Spot-billed Duck)L:61
F00A0915F00A0940
F00A0912

水浴び。。

キジバトの水浴び、散歩途中に出会いました。

キジバト(雉鳩、Oriental Turtle Dove)L:33
F00A8240F00A8252

ふんわり。。

ツバメ(17㎝)より少し大きいコシアカツバメです。ふわ~と浮かんだように飛んできて
着地し 巣材を咥え飛び去りました。

コシアカツバメ(腰赤燕、Red-rumped Swallow)L:19
F00A5242bF00A5671bF00A5727bF00A5463

奮闘中。。

子育てに忙しいコゲラ。
雛の風貌はしっかりした大人ですが親は忙しそうに餌運びをしています。
過保護のように見えますね。

コゲラ(小啄木鳥、Japanese Pigmy Woodpecker)L:15 
巣から見る下界はどんな世界でしょう。
F00A3242b
ご馳走を持ってきた親鳥。
F00A3722
待ちくたびれたのか必死にねだっている子供。
F00A3354b
親が餌を与えています。
 
親が留守の間に巣立ちました。
 
巣立った子は少し離れたヒノキに止まりました。
F00A3696

コサギちゃん。。

アマサギと同じ場所にいたコサギです。

コサギ(小鷺、Little Egret)L:61
F00A2714
F00A2702

幌打ちの季節。。

 昔話をはじめ詩歌やことわざに多く登場する日本人とつながりが深いキジです。
 雉と鷹。雉の草隠れ。雉も鳴かずば撃たれまい。焼け野の雉子、夜の鶴 等ことわざ
 が多く残っています。

キジ(雉、Common Pheasant)L:♂81、♀58
F00A0676bF00A0677bF00A0678b
F00A0679b
F00A0680b
F00A0681b
F00A0683b
F00A0684b
DY8A13。

ペア。。

雌の採餌時、雄は見守っています。

キジ(雉、Common Phaseant)L:♂81、♀58
F00A1683bF00A1459bF00A1675b
F00A0493b
F00A1827b
F00A2222
F00A1438b
F00A1497b

奄美の鳥たち(1)。。

胸からわき腹にかけて本土のコゲラより褐色味が強い。

アマミコゲラ(奄美小啄木鳥、Japanese Pigmy woodpecker)L:15@奄美。
F00A3595

コゲラ。。

桜の葉が繁り始め、早くも初夏の香りが聞こえるようになりました。
桜についた小さな虫を探しているのでしょう。コゲラが忙しそうに動き回って
いました。

コゲラ(小啄木鳥、Japanese Pigmy Woodpecker)L:15
F00A9851
F00A9827

田んぼにて。。

単独行動をすることが多いシギ。2羽以上いるのはあまり見かけません。

クサシギ(草鷸、Green Sandpiper)L:22
F00A3632

続、キビたん。。

もう一度、キビタキ。愛想が良いです。

キビタキ(黄鶲、Narcissus Flycatcher)L:13.5
F00A1239bF00A1243b

藤とキビたん。。

御陵に入ったキビタキくん。頑張って子育てをして欲しいです。
藤の花はまだ咲き始めで満開の花と鳥にはならず残念です。

キビタキ(黄鶲、Narcissus Flycatcher)L:13.5
F00A1091
F00A0966
F00A1008
F00A0950
F00A1189

仲良しカルちゃん。。

仲良しペアが語らっています。微笑ましい光景です。

カルガモ(軽鴨、Eastern Spot-billed Duck)L:61F00A3645F00A0357

ヒンカラカラ。。

愛想の良いコマドリです。ウグイス、オオルリとともに日本三銘鳥と言われています。
ヒンカラカラの囀り声は馬の「いななき」に似ているそうな。「こま」は子馬のこと。

コマドリ(駒鳥、Japanese Robin)L:14
F00A8723F00A9185
F00A8680
F00A6185
F00A6217

桜散る。。

 桜の開花が早すぎて散り桜になりました。いつものシーズンなら桜目当てにやってくる
コムクも花実が少なくガッカリしているでしょう。

コムクドリ(小椋鳥、Chestnutーcheeked Starling)L:19
F00A8025
F00A7838
F00A7531
F00A7547
F00A8196
F00A8180

黒いサギ。。

海辺にいたクロサギです。カメラを向けると飛び去りました。

クロサギ(黒鷺、Pacific Reef  Heron)L:62 
F00A3921F00A3928

コゲラ。。

桜と小啄木鳥。動きが早く追いかけるのは大変です。
地味な鳥ですが可愛い啄木鳥です。

コゲラ(小啄木鳥、Japanese Pigmy Woodpecker ) L:15
F00A9382
F00A9426F00A9396
F00A9358

ゴイサギ。。

 出かけた時、短いエンズを持参しました。
 桜が満開になったら絵になると思いますが如何でしょう。
 大トリミング画像です。

ゴイサギ(五位鷺、Black-crowned Night-Heron)L:57.5
F00A5655b
ホシゴイ。
F00A5677b
噴水の水柱の中です。
F00A5535b

枝止まり。。

今季二度目のクロジです。前回はついでに撮ったクロジ。今回はクロジを撮りにいきました。
数羽いたけど暗い場所で撮り辛い&山登りは少しきつかった。

クロジ(黒鵐、Grey Bunting)L:16.5
F00A4852F00A4557F00A4301

木菟。

 昨年までの喧騒が嘘のように静かな冬でした。今季は見られないと思っていたけど
偶然、出会ったコミミちゃん。夜、活躍するコミミが本来の姿でしょう。
 出かける用事があり、帰りが夜になったので寄り道したら嬉しい出会いがありました。

コミミズク(小耳木菟、Short-eared Owl)L:37-39、W:95-110 @在庫。
F00A1023bF00A1023

くろじ。。

薄暗い場所にいるクロジくん。夏の若葉が茂る木立ちに止まっているのを撮りたいです。

クロジ(黒鵐、Grey Bunting)L:16.5
F00A0165F00A2856

黄色も多い。。

 キレンジャクの群れがいました。おそらく50羽以上は居たと思います。
あっと言う間に赤い実を食い尽くしました。

キレンジャク(黄連雀、Bohemian Waxwing) L:19-20
F00A2268
F00A1169
F00A1827
F00A1817
F00A1686
F00A2500
F00A2511

夫婦。。

まだ寒いけど池は春。暖かくなって春の陽射しがそそぐ日も近いでしょう。

カルガモ(軽鴨、Eastern Spot-billed Duck)L:61
F00A3382F00A3371

キレン。。

最初は1羽、その後増えて7羽確認。更に増えていました。

キレンジャク(黄連雀、Bohemian Waxwing)L: 19-20
F00A2013
F00A1983F00A2654F00A1440F00A4032

かわせみ。。

鳥が撮れない時はカワセミ頼り・・・カワセミさんに失礼かな。
近年、増加傾向にあるのか見かけることが多いです。他の鳥を見に行ったら飛んで
きました。

カワセミ(翡翠、Common Kingfisher)L:17
F00A4263
F00A2432

綺麗な個体。。

 2015年2月に撮ったのと同じ個体です。足を怪我していて不自由そうですが今シーズンも
飛来しています。いつまでも来て欲しいですね。

ギンムクドリ(銀椋鳥、Red-billed Starling)L:24
F00A8961F00A9184

鴨さん(1)。。

池の鴨さんシリーズ。

キンクロハジロ(金黒羽白、Tufted Duck)L:40
F00A5915
F00A5924

ご機嫌伺い。。

 ヤボ用で市内へ出かけることが多いです。そんな時は少し早めに出動してご機嫌伺い。

カワアイサ(川秋沙、Common Merganser)L:65
F00A0699
F00A0433

冬鳥色々(2)。。

何故か1羽だけ。仲間はどこにいるのでしょう。

カシラダカ(頭高、Rustic bunting) L:15
F00A6034

冠。。

カンムリカイツブリが一羽、近隣の池にいます。

カンムリカイツブリ(冠鳰、Great Crested Grebe)L:56、W:85
F00A1205

悩みシリーズ(1)。。

交雑種の親は誰かと考えれば考えるほど頭が混乱します。
この個体はオナガガモより小さくコガモより大きいので親はオナガガモ♂×コガモ♀
と推察。大きさ⇒オナガガモ:♂75、♀53。コガモ37.5。この子は両種の中間位。
また、見て来ました。

オナガガモ×コガモ ♂。
F00A0337F00A0568

リベンジ。。

撮れないので行くのは止めようと思っていましたが背中を押されてリベンジです。
少しはマシなのが撮れたでしょうか?

キクイタダキ(菊戴、Goldcrest)L:10
F00A9603
F00A9601
F00A9387
F00A9042

コイカル。。

イカルより4㎝小さいコイカル♀。枯れ葉に埋もれると頭が見えるだけです。
♀は最近、見てなかったので突入しました。

コイカル(小斑鳩、Chinese Grosbeak)L:19
F00A6994F00A6881

キクイタ。。

思い通りに撮れないキクイタダキ。諦めました。

キクイタダキ(菊戴、Goldcrest)L:10F00A9772F00A9242

お出かけ。。

お出かけと言っても主目的は鳥見ではありませんが少し早めに出て寄り道しました。
お馴染みのカワアイサは健在、変なカモは時間切れで見つからず。

カワアイサ(川秋沙、Common Merganser)L:65
F00A9922F00A9921F00A0083

山は雪化粧。。

北の山は雪。薄っすらと雪化粧の山を背景に飛ぶ白鳥。少しだけ絵になりました。

コハクチョウ(小白鳥、Tundra Swan ) L:120
F00A6439F00A6260

アイサ再登場。。

カワアイサ再登場です。警戒心の強い鳥で魚類を食べますが、他のカモが人にパンを
貰っているので安心なのでしょう。近くまで寄ってきます。

カワアイサ(河秋沙、Common  Merganser)L:65
F00A7659
F00A7698

新年の鳥見(2)。。

子供の頃、群れて飛んでいた黄色い鳥が綺麗だった。何て言う名の鳥かと気になって
いたけど 鳥を見るようになって もやもやがとれました。

カワラヒワ(河原鶸、Oriental Greenfinch)L:14.5~16
F00A5553

良いお年を!。。

今年もお世話になりました。
皆さま、良い年をお迎えください。

今年は動きの鈍い1年でした。来年もゆっくり始動しますので宜しくお願いします。

動きが早いキクイタダキ。再挑戦しましたがほとんどボツ。難しい鳥です。
キクイタダキ(菊戴、Goldcrest)L:10
F00A1745F00A9510
F00A0803
F00A7663
F00A1208
F00A2078F00A9989

外来種駆除。。

外来種駆除に協力するカワウ。
 獲物がデカすぎたけど 折角  仕留めたから食べますよ~👍。

カワウ(河鵜、Great Cormorant)L:82、W:129)
F00A9684F00A9686
記事検索
プロフィール

tai_kana98

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード