☆☆たいかな日記☆☆

主に野鳥の観察が中心ですが最近は何でもあり。風景、行事、植物、動物他、気が向けば撮ります。

野鳥(か)

こちどり。。

 数個体が同じ広場にいます。まもなくペア成立でしょう。

コチドリ(小千鳥、Little Ringed Plover)L:16。チドリ科チドリ属F00A0182b

くろじ。。

 今季は山へ入る回数が少なかったので観ずに終わるかと思っていたら近隣の公園で
 会えました。

クロジ(黒鵐、Grey Bunting) L:16.5。スズメ目ホオジロ科ホオジロ属。F00A0150b

菜の花。。

 キジのペアがいた。菜の花が咲き、のどかな春になりました。田んぼ巡りが楽しくなります。

キジ(雉、Common Pheasant)L:♂81、♀58。キジ科キジ属。F00A0256
F00A0246
F00A0267
F00A0379

換羽進む。。

 かなり換羽が進んでいます。渡り前は綺麗になります。

カシラダカ(頭高、Rustic Bunting)L:15。スズメ目ホオジロ科ホオジロ属。F00A0084b

黄連雀。。

今季初もののキレンジャクです。北日本に多く飛来するキレンジャクですが、近隣に来たのは
キレンジャクの団体さんでした。まだ、ヒレンジャクは観てない。

キレンジャク(黄連雀、Bohemian Waxwing)L:19-20。スズメ目レンジャク科、レンジャク属。F00A0822
F00A0127
F00A0678
F00A0945


コチドリ。。

 夏鳥のコチドリが帰って来た。昨年のように子育てをして欲しいです。
 コチドリは一夫一妻で、雄は早く飛来して縄張りを形成します。早ければ4月中旬に産卵し、
 雌雄で抱卵と抱雛を行います。

コチドリ(小千鳥、Little Ringed Plover)L:16。チドリ科チドリ属。F00A0235



クイナ。。

 連日,平城宮へ行っています。常連さんのクイナが愛想良く迎えてくれます。

クイナ(水鶏、Water Rail)L:29。ツル目クイナ科クイナ属。F00A0224
F00A0292


三種セット(2)。。

 マガンと行動を共にしているコクガン。目が出ない。

コクガン(黒雁、Brant Goose)L:61。カモ科コクガン属。F00A0866
F00A0807


仙波湖に沢山。。

 オーストラリアに居る固有種です。迷って飛来して池にいついています。どこかで
飼育されていたのが逃げたのでしょうか。水戸の仙波湖に沢山います。

コクチョウ(国鳥、Black Swan)カモ目カモ科。F00A0950

クマさん。。

遠くを飛んだ。霞んでいて綺麗に撮れない。これが限界か。

クマタカ(熊鷹、角鷹、Mountain Hawk-Eagle) L:♂70-75、♀77-83。W:140-165。
タカ科クマタカ属。  @在庫。F00A0201
F00A0226
F00A0154


葦を刈ったら。。

 葦の中から出たり入ったり・・・。警戒心の強い鳥です。大半の葦が刈られたので観易く
なりました。

クイナ(水鶏、Water Rail)L:29。ツル目クイナ科クイナ属。F00A0716
F00A0094
F00A0142



こがも。。

気になるコガモがいました。第一回生殖羽だと思います。

コガモ(小鴨、Teal)L:37.5。カモ科マガモ属。♂。F00A0286

餌付け鳥。。

 ヒマワリの種を貰っていて長期滞在になりました。珍鳥なんだけど・・・。
再度の訪問です。

キバラガラ(黄腹雀、Yellow-bellied Tit)L:10、スズメ目シジュウカラ科ヒガラ属。F00A0252f
F00A1214f
F00A0270f
F00A0086f

仲良し(1)。。

 昨年12月中旬から滞在中です。仲良しマガンと一緒にいます。至近距離で撮影したのは
久しぶりです。

コクガン(黒雁、Brant Goose ) L:61。カモ科コクガン属。<F00A0377
F00A0968
F00A0978


白鳥。。

 毎冬、湖北に飛来する白鳥です。冬の使者は田んぼで落穂を探していました。

コハクチョウ(小白鳥、Tundra Awan)L:120。カモ科白鳥属。F00A0113
F00A0677
F00A0682
F00A0264



近隣の鳥(2)。。

 飛んで来ると少し高い場所へ止まり、辺りを見渡し危険が無いと分かれば田んぼへ下り、
採餌します。

カシラダカ(頭高、Rustic Bunting)L:15。スズメ目ホオジロ科ホオジロ属。F00A0264b



黄色い腹。。

 私は初めて観た鳥です。
 国内初記録は友人のT氏です。当時(2010年4月)、島に渡っていたT氏から図鑑に載って
ない鳥がいるので調べて欲しいと電話&メールがありました。私も観たことがない鳥なので
海外の図鑑で調べるとどうもキバラガラに似ていると思うと回答しました。その後、大騒ぎに
なり、大勢の方が島へ渡り確認されました。
 最近は各地で発見され、千葉、大阪、福岡、宮崎で観察されています。

キバラガラ(黄腹雀、Yellow-bellied Tit ) L:10。スズメ目シジュウカラ科ヒガラ属。@在庫。
F00A0500
F00A0485
F00A0197
F00A0010

逃げない。。

 この時期、新年会で市内へ出かけます。途中、この鳥を撮ってから参加するけど今年
の会合は中止。やむなく密を避け、少しだけ観にいきました。人がいても警戒しない。

カワアイサ(川秋沙、Common Merganser) L:65、カモ科ウミアサイ属。@在庫。F00A0208
F00A0406
F00A0447
F00A0010
F00A0277
F00A0071




箆鮒ゲット。。

 大きなヘラブナをゲットしたのに・・・その様子を見ていた友がやってきて欲しそうな
目つきで見ていました。折角、ゲットしたけど捕れまいと流し目でみていたら獲物が
逃げてしまいました。

カワウ(河鵜、Great Cormorant)L:82、W:129。カツオドリ目ウ科ウ属。@在庫。F00A0026
F00A0051
F00A0070
F00A0075
F00A0077



万歳ポーズ。。

 こちらを向いて飛んで来た。よっこらしょ・・・。

カワアイサ(川秋沙、Common Merganser)L:65。カモ科ウミアイサ属。
F00A0559
F00A0562
F00A0588



春に備え(1)。。

 春に備え準備運動中。ぼつぼつ行動開始・・・・?。

カルガモ(軽鴨、Eastern Spot-billed Duck)L:61。カモ科マガモ属。
F00A0071
F00A0078

淡水を好む。。

 近所の池に滞在中です。弱っているようでもないので居心地が良いのでしょう。

カワアイサ(川秋沙、Common Merganser)L:65。カモ科ウミアイサ属。F00A0483
F00A0438
F00A0451


少ない。。

以前は集団で採餌しているのをどこでも見たけど、だんだん、少なくなっています。

カシラダカ(頭高、Rustic Bunting)L:15。スズメ目ホオジロ科ホオジロ属F00A0043
F00A0141


ブッシュの中から。。

 警戒しながらも餌につられて出てきました。

カヤクグリ(茅潜、Japanese Accentor)L:14。スズメ目イワヒバリ科カヤクグリ属。
F00A0244
F00A0224




早いような。。

ボキボキと音がするのでみるとカワウが小枝を折っていた。早くも巣作りか?

カワウ(河鵜、Great Cormorant)L:82、W:129。カツオドリ目ウ科ウ属。F00A0219
F00A0222
F00A0224



カンムリ。。

冬に近隣の池に毎季来るカイツブリ。

カンムリカイツブリ(冠鳰、Great Crested Grebe)L:56、W:85。カイツブリ目カイツブリ科
カンムリカイツブリ属。F00A0833



タラの実(2)。。

油断していたら黒い鳥が・・・残念。良い場所へは上がらず。若鳥です。

マミジロ(眉白、Siberian Thrush) L:23。スズメ目ヒタキ科トラツグミ属。F00A0444b


山へ。。

毎度、おなじみのキビタキ。♀は数羽、来るけど♂は1羽のみ。

キビタキ(黄鶲、Narcissus Flycatcher)L:13.5。スズメ目ヒタキ科キビタキ属。
F00A0226b
F00A0238b


向日葵とカワラヒワ。。

 向日葵の大きな花に止まって休憩中のカワラヒワ。

カワラヒワ(河原鶸、Oriental Greenfinch)L:14.5-16。スズメ目アトリ科カワラヒワ属。F00A0136



カラスザンショウ。。

 常連さんです。渡り前に栄養をつけています。♂、♀がやってきた。

キビタキ(黄鶲、Narcissus Flycatsher)L:13.5。スズメ目ヒタキ科キビタキ属。
F00A0394b
F00A0181b


カラスザンジョウ。。

カラスザンジョウの実が熟し始めると様々な鳥がやってきます。第一陣は地元の鳩です。

キジバト(雉鳩、Oriental Turtle Dove)L:33。ハト目ハト科キジバト属。F00A0321b


早い者勝ち。。

ウドの実は美味しいのでしょう。まだ実は青いけど小鳥たちがつついています。

キビタキ(黄鶲、Narcissus Flycatcher)L:13.5。スズメ目ヒタキ科キビタキ属。F00A0137f
F00A0070f

渡りの季節(1)。。

 山が色づき始め 渡りの小鳥が入り始めました。近所の山では昆虫を探す小鳥が活発に
 動いています。
 コサメビタキ、サメビタキ、エゾビタキ・・・同じように虫を捕る習性は似ています。
 コサメビタキは全国の低山帯落葉広葉樹林で繁殖、サメビタキは高い山にいます。
 エゾビタキは名の蝦夷(北海道)では繁殖せず、千島列島、サハリン等で繁殖します。

コサメビタキ(小鮫鶲、Asian Brown Flycatcher)L:13。スズメ目ヒタキ科サメビタキ属。F00A0369b
F00A0280b
F00A0325b


かけす。。

 思い通りに撮れなかったカケス。再度、行ったけどイメージどおりにはいかず。

カケス(懸巣、橿巣、Eurasian Jay)L:33。スズメ目カラス科カケス属。
F00A0238b
F00A0205b
F00A0107b


栗。。

毬栗をつつくカケス。上手に実を取り出し咥えます。

カケス(橿鳥。懸巣、Eurasian Jay)L:33。カラス科カケス属。@在庫。。
F00A0872b
F00A0621b
F00A0770b
F00A0771b
F00A0926b

コサメ。。

雨上がりでレンズが曇っていた。霞んだコサメです。(笑)@先月撮影。

コサメビタキ(小鮫鶲、Asian Brown Flycatcher)L:13。スズメ目ヒタキ科サメビタキ属。
F00A0105

小啄木鳥。。

 逃げないので不思議に思っていたら傍に巣穴がありました。気にしながらも穴へ入って
いきました。夕方なので早々と塒入りかな。?

コゲラ(小啄木鳥、Japanese Pigmy Woodpecker)L:15。キツツキ科アケゲラ属。
F00A0085ff
F00A0009ff
F00A0016ff

こがも。。

 カモが渡ってくると冬を感じます。今季はどんな出会いがあるでしょう。

コガモ(小鴨、Teal)L:37.5。カモ科マガモ属。
F00A0197
F00A0248

居心地良さそう。。

小魚が豊富です。小さな魚ですが、「食べては休んで再度、食べる」を繰り返していました。

ゴイサギ(五位鷺、Black-crowned Night Heron)L:57.5。ペリカン目サギ科ゴイサギ属。
F00A0200b
F00A0128bf
F00A0189b

鶲。。

いつも同じ鳥のアップですが・・・。綺麗なキビタキ♂。

キビタキ(黄鶲、Narcissus Flycatcher)L:13.5。スズメ目ヒタキ科キビタキ属。F00A0005
F00A0013
F00A0039
F00A0002


幼鳥。。

幼鳥は警戒しないので近づいても逃げない。ゴイサギの幼鳥(ホシゴイ)です。

ゴイサギ(五位鷺、Black-crowned Night Heron)L:57.5.ペリカン目サギ科ゴイサギ属。F00A0245
F00A0327



蕾が残っていた。。

 蓮の花は終盤。黒くなった花托が目立ちます。大きな葉をたどっていると僅かに
 残っている蕾を発見。待つこと1時間・・・幼子が止まった。
 最近、蓮に止まるカワセミは撮ってなかったので嬉しいです。

カワセミ(翡翠、Common Kingfisher)L:17。ブッポソウ目カワセミ科カワセミ属。@在庫。F00A0161
F00A0172
F00A0097
F00A0030

小鮒捕り。。

 カワセミが小鮒を上手にゲット。

カワセミ(翡翠、Common Kingfisher)L:17。ブッポウソウ目カワセミ科カワセミ属。
F00A0187
F00A0199
F00A0208
F00A0216
F00A0225


田んぼ徘徊(1)。。

 近所の休耕田にいた内陸性のシギ「くさちどり」です。

クサシギ(草鷸、Green Sandpiper)L:22。チドリ目シギ科クサシギ属。
F00A0492
F00A0542

水場の鳥(2)。。

 止まり木であたりを見渡し 危険が無いと分かれば水浴びに下りてきます。

キビタキ(黄鶲、Narcissus Flycatcher)L:13.5。ヒタキ科キビタキ属。
F00A0242
F00A0054
F00A0198


水場の鳥(1)。。

「おじぎどり、ちんちんどり」と言われるキセキレイが尾を振りながら虫を探して
います。人がいても我関せず。

キセキレイ(黄鶺鴒、Grey Wagtail)L:20。セキレイ科セキレイ属。
F00A0176
F00A0713

カワセミ。。

久しぶりのカワセミ。幼鳥は元気です。

カワセミ(翡翠、Common Kingfisher)L:17。カワセミ科カワセミ属。
F00A0616
F00A0652





コゲラ。。

コゲラです。2羽が交互にやってきました。

コゲラ(小啄木鳥、Japanese Pigmy Woodpecker)L:15。キツツキ科アカゲラ属。

F00A0080b

キビタキ。。

今年生まれのキビタキの幼鳥です。

キビタキ(黄鶲、Narcissus Flycatcher)L:13.5。ヒタキ科キビタキ属。
F00A0054b

カイツブリ。。

 時々、のぞいていた池だけどカイツブリの子は大きくなっていました。
 油断していました。

カイツブリ(鳰、Little Crebe)L:26、W:43。カイツブリ科カイツブリ属。
F00A0268
F00A0237


記事検索
プロフィール

tai_kana98

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード