☆☆たいかな日記☆☆

きまぐれブログへようこそ。♪♪自然の中で鳥との出会いを求め、近隣、時にはミニ遠征を続けています。♬♬

野鳥(か)

奄美の鳥たち(1)。。

胸からわき腹にかけて本土のコゲラより褐色味が強い。

アマミコゲラ(奄美小啄木鳥、Japanese Pigmy woodpecker)L:15@奄美。
F00A3595

コゲラ。。

桜の葉が繁り始め、早くも初夏の香りが聞こえるようになりました。
桜についた小さな虫を探しているのでしょう。コゲラが忙しそうに動き回って
いました。

コゲラ(小啄木鳥、Japanese PigmyJ Woodpecker)L:15
F00A9851
F00A9827

田んぼにて。。

単独行動をすることが多いシギ。2羽以上いるのはあまり見かけません。

クサシギ(草鷸、Green Sandpiper)L:22
F00A3632

続、キビたん。。

もう一度、キビタキ。愛想が良いです。

キビタキ(黄鶲、Narcissus Flycatcher)L:13.5
F00A1239bF00A1243b

藤とキビたん。。

御陵に入ったキビタキくん。頑張って子育てをして欲しいです。
藤の花はまだ咲き始めで満開の花と鳥にはならず残念です。

キビタキ(黄鶲、Narcissus Flycatcher)L:13.5
F00A1091
F00A0966
F00A1008
F00A0950
F00A1189

仲良しカルちゃん。。

仲良しペアが語らっています。微笑ましい光景です。

カルガモ(軽鴨、Eastern Spot-billed Duck)L:61F00A3645F00A0357

ヒンカラカラ。。

愛想の良いコマドリです。ウグイス、オオルリとともに日本三銘鳥と言われています。
ヒンカラカラの囀り声は馬の「いななき」に似ているそうな。「こま」は子馬のこと。

コマドリ(駒鳥、Japanese Robin)L:14
F00A8723F00A9185
F00A8680
F00A6185
F00A6217

桜散る。。

 桜の開花が早すぎて散り桜になりました。いつものシーズンなら桜目当てにやってくる
コムクも花実が少なくガッカリしているでしょう。

コムクドリ(小椋鳥、Chestnutーcheeked Starling)L:19
F00A8025
F00A7838
F00A7531
F00A7547
F00A8196
F00A8180

黒いサギ。。

海辺にいたクロサギです。カメラを向けると飛び去りました。

クロサギ(黒鷺、Pacific Reef  Heron)L:62 
F00A3921F00A3928

コゲラ。。

桜と小啄木鳥。動きが早く追いかけるのは大変です。
地味な鳥ですが可愛い啄木鳥です。

コゲラ(小啄木鳥、Japanese Pigmy Woodpecker ) L:15
F00A9382
F00A9426F00A9396
F00A9358

ゴイサギ。。

 出かけた時、短いエンズを持参しました。
 桜が満開になったら絵になると思いますが如何でしょう。
 大トリミング画像です。

ゴイサギ(五位鷺、Black-crowned Night-Heron)L:57.5
F00A5655b
ホシゴイ。
F00A5677b
噴水の水柱の中です。
F00A5535b

枝止まり。。

今季二度目のクロジです。前回はついでに撮ったクロジ。今回はクロジを撮りにいきました。
数羽いたけど暗い場所で撮り辛い&山登りは少しきつかった。

クロジ(黒鵐、Grey Bunting)L:16.5
F00A4852F00A4557F00A4301

木菟。

 昨年までの喧騒が嘘のように静かな冬でした。今季は見られないと思っていたけど
偶然、出会ったコミミちゃん。夜、活躍するコミミが本来の姿でしょう。
 出かける用事があり、帰りが夜になったので寄り道したら嬉しい出会いがありました。

コミミズク(小耳木菟、Short-eared Owl)L:37-39、W:95-110 @在庫。
F00A1023bF00A1023

くろじ。。

薄暗い場所にいるクロジくん。夏の若葉が茂る木立ちに止まっているのを撮りたいです。

クロジ(黒鵐、Grey Bunting)L:16.5
F00A0165F00A2856

黄色も多い。。

 キレンジャクの群れがいました。おそらく50羽以上は居たと思います。
あっと言う間に赤い実を食い尽くしました。

キレンジャク(黄連雀、Bohemian Waxwing) L:19-20
F00A2268
F00A1169
F00A1827
F00A1817
F00A1686
F00A2500
F00A2511

夫婦。。

まだ寒いけど池は春。暖かくなって春の陽射しがそそぐ日も近いでしょう。

カルガモ(軽鴨、Eastern Spot-billed Duck)L:61
F00A3382F00A3371

キレン。。

最初は1羽、その後増えて7羽確認。更に増えていました。

キレンジャク(黄連雀、Bohemian Waxwing)L: 19-20
F00A2013
F00A1983F00A2654F00A1440F00A4032

かわせみ。。

鳥が撮れない時はカワセミ頼り・・・カワセミさんに失礼かな。
近年、増加傾向にあるのか見かけることが多いです。他の鳥を見に行ったら飛んで
きました。

カワセミ(翡翠、Common Kingfisher)L:17
F00A4263
F00A2432

綺麗な個体。。

 2015年2月に撮ったのと同じ個体です。足を怪我していて不自由そうですが今シーズンも
飛来しています。いつまでも来て欲しいですね。

ギンムクドリ(銀椋鳥、Red-billed Starling)L:24
F00A8961F00A9184

鴨さん(1)。。

池の鴨さんシリーズ。

キンクロハジロ(金黒羽白、Tufted Duck)L:40
F00A5915
F00A5924

ご機嫌伺い。。

 ヤボ用で市内へ出かけることが多いです。そんな時は少し早めに出動してご機嫌伺い。

カワアイサ(川秋沙、Common Merganser)L:65
F00A0699
F00A0433

冬鳥色々(2)。。

何故か1羽だけ。仲間はどこにいるのでしょう。

カシラダカ(頭高、Rustic bunting) L:15
F00A6034

冠。。

カンムリカイツブリが一羽、近隣の池にいます。

カンムリカイツブリ(冠鳰、Great Crested Grebe)L:56、W:85
F00A1205

悩みシリーズ(1)。。

交雑種の親は誰かと考えれば考えるほど頭が混乱します。
この個体はオナガガモより小さくコガモより大きいので親はオナガガモ♂×コガモ♀
と推察。大きさ⇒オナガガモ:♂75、♀53。コガモ37.5。この子は両種の中間位。
また、見て来ました。

オナガガモ×コガモ ♂。
F00A0337F00A0568

リベンジ。。

撮れないので行くのは止めようと思っていましたが背中を押されてリベンジです。
少しはマシなのが撮れたでしょうか?

キクイタダキ(菊戴、Goldcrest)L:10
F00A9603
F00A9601
F00A9387
F00A9042

コイカル。。

イカルより4㎝小さいコイカル♀。枯れ葉に埋もれると頭が見えるだけです。
♀は最近、見てなかったので突入しました。

コイカル(小斑鳩、Chinese Grosbeak)L:19
F00A6994F00A6881

キクイタ。。

思い通りに撮れないキクイタダキ。諦めました。

キクイタダキ(菊戴、Goldcrest)L:10F00A9772F00A9242

お出かけ。。

お出かけと言っても主目的は鳥見ではありませんが少し早めに出て寄り道しました。
お馴染みのカワアイサは健在、変なカモは時間切れで見つからず。

カワアイサ(川秋沙、Common Merganser)L:65
F00A9922F00A9921F00A0083

山は雪化粧。。

北の山は雪。薄っすらと雪化粧の山を背景に飛ぶ白鳥。少しだけ絵になりました。

コハクチョウ(小白鳥、Tundra Swan ) L:120
F00A6439F00A6260

アイサ再登場。。

カワアイサ再登場です。警戒心の強い鳥で魚類を食べますが、他のカモが人にパンを
貰っているので安心なのでしょう。近くまで寄ってきます。

カワアイサ(河秋沙、Common  Merganser)L:65
F00A7659
F00A7698

新年の鳥見(2)。。

子供の頃、群れて飛んでいた黄色い鳥が綺麗だった。何て言う名の鳥かと気になって
いたけど 鳥を見るようになって もやもやがとれました。

カワラヒワ(河原鶸、Oriental Greenfinch)L:14.5~16
F00A5553

良いお年を!。。

今年もお世話になりました。
皆さま、良い年をお迎えください。

今年は動きの鈍い1年でした。来年もゆっくり始動しますので宜しくお願いします。

動きが早いキクイタダキ。再挑戦しましたがほとんどボツ。難しい鳥です。
キクイタダキ(菊戴、Goldcrest)L:10
F00A1745F00A9510
F00A0803
F00A7663
F00A1208
F00A2078F00A9989

外来種駆除。。

外来種駆除に協力するカワウ。
 獲物がデカすぎたけど 折角  仕留めたから食べますよ~👍。

カワウ(河鵜、Great Cormorant)L:82、W:129)
F00A9684F00A9686

キクちゃん。。

今季は多いようです。各地で観察されています。

キクイタダキ(菊戴、Goldcrest) L:10
F00A6567F00A6568F00A6593
F00A6544
F00A9167

しゃもじサギ。。

地元にきた しゃもじサギ。久しぶりです。

クロツラヘラサギ(黒面箆鷺、Black-faced Spoonbill) L:77
F00A1294
F00A1326
F00A1458
F00A1618

クサシギ。。

草原に住むので草鷸と命名されたけど実際は水辺、水田などにいるシギです。

クサシギ(草鷸、Green Sandpiper) L:22
F00A2285

コガモ。。

自宅近隣の川にも沢山いるコガモです。

コガモ(小鴨、Teal) L:37.5
F00A8782F00A7177

変なカモ。。

この子の親は誰?。コガモより大きくオナガガモより小さい。
オナガの♂×コガモ♀と推定。交雑種はいつも悩みます。

オナガガモ×コガモ ♂。
F00A6725F00A8281
F00A8343

カシラダカ。。

寒くなって来たけど 元気に林の中を飛んでいたカシラダカです。

カシラダカ(頭高、Rustic bunting)L:15
F00A9236

カワラヒワ。。

未だ熟れてないけど、ヤシャブシの実を突いていたカワラヒワ。

カワラヒワ(河原鶸、Oriental Greenfinch) L:14.5-16
F00A9436

カワ。。

綺麗な川に数羽のカワアイサがいました。警戒心は薄いようです。

カワアイサ(河秋沙、Common Merganser) L:65
F00A7888F00A6935F00A7941
F00A7408

朝日。。

朝日が眩しい地元の古墳のある池です。
DSC_0175

カワアイサがいると友人からの知らせがありました。早速、見に行きましたが
数分で飛び去りました。

カワアイサ(河秋沙、Common Merganser) L:65
F00A5241
F00A5292

アジサシ。。

遅い渡りです。また、近所の池を1羽、寂しく飛んでいました。1日だけの滞在でした。

クロハラアジサシ(黒腹鰺刺、Whiskered Tern) L:33-36、W:76-85。
F00A3515F00A4057F00A4038
F00A3705
F00A3937
F00A4005
F00A3630

コウノトリその後。。

コウノトリが4羽揃いました。賑やかになってきました。
豊岡生まれの個体で2013年生1羽、2016年生2羽、2017年生1羽の4羽です。

コウノトリ(鸛、Oriental Stork) L:112。
F00A4725

コウノトリ。。

毎冬、飛来するようになってきたコウノトリ。先週月曜日に4羽飛来しましたが
短時間で飛び去りました。再度、4羽飛来したと聞いたので見に行ったけど1羽
いただけでした。

コウノトリ(鸛、Oriental Stork) L:112。
F00A3232

一生懸命!。。

わき目もふらず穴を掘っていたコゲラ。

コゲラ(小啄木鳥、Japanese Pigmy Woodpecker) L:15 
F00A7946

再度、クロハラ。。

再度、クロハラアジサシ。

クロハラアジサシ(黒腹鰺刺、Whiskered Tern) L:33-36、W:76-85。
F00A1388F00A2205
F00A2393
F00A2474
F00A2789
F00A2008

近隣巡り(5)。。

暗い小枝にいたカシラダカ。今季初撮りです。

カシラダカ(頭高、Rustic bunting)L:15
F00A4872F00A4797

水鳥(1)。。

ゆったり寛ぐキンクロハジロ。ごく 普通の鴨さん。

キンクロハジロ(金黒羽白、Tufted Duck) L:40
F00A2920
F00A4202

飛んでいた。。

自宅近隣を車で走っていたら池の上を飛んでいました。
何度か池に飛び込みましたが魚が獲れなかったのでしょう。飛び去りました。

クロハラアジサシ(黒腹鰺刺、Whiskered Tern) L:33-36、W:76-85。
F00A2213F00A2214
F00A2207
F00A1579
F00A1278
F00A1325
記事検索
プロフィール

tai_kana98

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード