☆☆たいかな日記☆☆

自然の中で鳥との出会いを求め活動しています。近隣での観察が中心ですが、時にはミニ遠征もします。

野鳥(あ)

オガワ。。

 撮影再トライです。連日は珍しい鳥を観ようと大勢の人が集まったので、あまり
撮らずに帰りました。雨の日は人が少ないと考え、雨と強風の日に行きました。
 換羽が進むと綺麗になるけど・・・・。

オガワコマドリ(小川駒鳥、Bleuthroat)L:15。ヒタキ科ノゴマ科。@20年3月。
F00A0197b
F00A0521b
F00A0402b
F00A0356b
F00A0065b
F00A0960b
NBK20M16。2-1。

大唐。。

 2014年3月以来、久しぶりに観ました。この冬は各地で見つかっています。
(日本で観られるモズで最大。)

オオカラモズ(大唐百舌、Chinese Grey Shrike)L:31。モズ科モズ属。@2月撮影。
F00A0702b
F00A0061b
F00A0117b
F00A0525b
F00A0051b
F00A0443b
F00A0152bb
F00A0154bb

アオサギ。。

 ラブラブ。コメント控えます。

アオサギ(蒼鷺、Grey Heron)L:93。サギ科アオサギ属。
F00A0493
F00A0598
F00A0601

F00A0532

再度、アカハラ。。

 先日は綺麗に撮れなかったので再トライしました。

アカハラ(赤腹、Brown-headed Thrush)、L:24、ヒタキ科ツグミ属。
F00A0045b
F00A0060b

芽吹きの季節。。

春です。芽吹いたばかりの木にイソヒヨドリが止まりました。

イソヒヨドリ(磯鵯、Blue Rock Thrush)L:23ー25.5。ヒタキ科イソヒヨドリ属。
F00A0466aF00A0499a

アカハラ。。

 旧跡にいたアカハラ。陽炎メラメラで綺麗に撮れず。

アカハラ(赤腹、Brown-headed Thrush)、ヒタキ科ツグミ属。L:24。
F00A0436

今季と昨季。。

今季と昨季の比較です。昨年より綺麗になっています。(再掲載です。)

オナガガモ×ヒドリガモ 成鳥♂。
今季。
F00A0256b20
昨季。
F00A0259b19

イソヒヨくん。。

 新型コロナで世間は騒がしく、鳥見に出かけるのも遠慮気味です。
 このところ、近隣での散歩徘徊が多く掲載する画像がありません。

 住宅の屋根をイソヒヨドリが支配していました。

イソヒヨドリ(磯鵯、Blue Rock Thrush)L:23-25.5。
F00A0488

遅い草刈り。。

 例年だと1月には終わっている草刈りが 現在 進行中です。
 草刈りが終わったところに早速 下りてきたのはアリスイです。
 この日は2羽を同時に確認+遠くで1羽の声を聴きました。計3羽かな。

アリスイ(蟻吸、Eurasian Wryneck) L: 18。
F00A0558a
F00A0532
F00A0563bb
F00A0567

イソヒトドリ。。

 宮跡にいる愛想の良いイソヒヨくん。

イソヒヨドリ(磯鵯、Blue Rock Thrush)L:23 -25.5。
F00A0199b

F00A0209b

20秒後&34秒後。。

 鳴き声を聞く機会が少ないので参考に掲載します。
 *アオアシシギより鋭く甲高い声です。
 20秒後と34秒後に鳴き声が入ります。@在庫。

ウグイス。。

 今年は暖かいのでホーホケキョが聞こえてくるかも。

ウグイス(鶯、Japanese Bush Warbler)L:14-16。
F00A0800

コガモさん。。

 毎季、数羽が飛来するアメリカさんです。冬鳥が少ないので今季は観られないかと
思っていました。

アメリカコガモ(米国小鴨、Teal)L:37.5。♂。
F00A0108
F00A0036b

威かっている?。。

 コチドリは目が可愛い。この子は少し威かっているように見えるとか。
 でも雰囲気は同じで少し可哀想な名前の鳥。

イカルチドリ(桑鳲千鳥、Long-billed Plover)L:21。
F00A0240bb - コピーF00A0318bb

柿の実。。

 熟した実をつつくエナガ。地味だけど可愛い!。

エナガ(柄長、Long-tailed Tit)L:14。
F00A0573b
葦の茎の中にいる虫も食べます。
F00A0307b

琵琶湖。。

 2年ぶりに琵琶湖のオオワシを観に行きました。いつ飛ぶか分からないので昼食も取らず
 朝から長時間、待ちました。飛んだのは1回のみ、それも15時。我ながら辛抱強い!。 
 山本山のお祖母ちゃんは21年連続の飛来です。

オオワシ(大鷲、Steller's Sea Eagle)L:♂88、♀102、W:220-250。
F00A0022
F00A0563
F00A0595
F00A0630
F00A0645
F00A0737
F00A0743
F00A0753

アオくん。。

 今季も観たアオシギ。周りに同化していてじっくり探さないと見逃します。
 ほとんど寝ていて起きてくれません。起きるまで粘りました。

アオシギ(青鷸、Solitary Snipe)L:31。
F00A0038F00A1010
F00A0780
F00A0040

今日の鳥。。

温暖化のせいか、里に下りてきません。
フイツ、フイツ・・・と口笛を吹くような声で鳴くウソ。近隣で観たい鳥です。

ウソ(鷽、Eurasian Bullfinch)L:15.5-16。@在庫。
F00A0184b
F00A0041b

あとり。。

 里に下りてきた花鶏。数十羽の群れに出会いました。

アトリ(花鶏、Brambling)L:16。
F00A0077bbb
F00A0068bbb
F00A0059bbb

スロースタート。。

 新年は出かけず自宅でのんびり過ごしています。
 と言う分けで掲載する鳥写真がない。そんな時は昔の画像掲載です。

@在庫。
F00A0676b
F00A0682bF00A0699b
F00A0677b
F00A0703b

オシドリ。。

 いつも行く池のオシドリ。静かな水面をスイスイと泳いでいました。

オシドリ(鴛鴦、Mandarin Duck)L:45。
F00A0454b

静かな池で。。

 昨年と同じ個体が再飛来しました。日本に稀に飛来する貴重なカモですが今季も2個体
観ました。別個体は11.26に掲載済。

アカハジロ(赤羽白、Bear's Pochard)L:45。
F00A0023f
F00A0294ff
F00A0043f
F00A0464f

10年目。。

 10年続けて飛来しています。今年も無事、飛来。人慣れしていて愛想良し。

アメリカヒドリ(米国緋鳥、American Wigeon)L:48。F00A0043bF00A0017b

オカヨシ。。

 地味だけど渋い。 近所の池は餌が豊富です。寛いで滞在します。

オカヨシガモ(丘葭鴨、Gadwall)L:50。
F00A0520ff
F00A0529ff

オオタカ。。

 左目が怪我でおそらく見えないと思われるオオタカです。一日中、狩りをしていたけど
捕れてないようです。

オオタカ(蒼鷹、Northern Goshawk)L:♂50、♀58.5、W: 105-130。
F00A0728

今年も来た。。

今季で4年目の飛来です。いつも遠くにいるので綺麗に撮った記憶はありません。

アカハジロ(赤羽白、Bear's Pochard) L:45。
F00A0004

公園です。。

 バックはあまり綺麗ではないけど観た記録です。池の水が汚い。

アカガシラサギ((赤頭鷺、Chinese Pond Heron)L:45。
F00A0988

ソーラーパネル。。

♀は初見です。ソーラパネル。が張られた池の隙間を泳いでいるので絵にならないけどは
記録として掲載します。

アカハシハジロ(赤嘴羽白、Red-crested Pochard)L:50、♀。
F00A0782b
11.11撮影の♂。
IMG_2158

綺麗な個体。。

今年も見たアメリカヒドリ。綺麗な個体です。

アメリカヒドリ(アメリカ緋鳥、American Wigeon)L:48。
F00A0339b
F00A0222b

大きな獲物。。

池干しの季節です。水が少なくなると鷺類がどこからか集まってきて魚類を探します。
この日は大きなタイワンドジョウをゲットしました。

アオサギ(蒼鷺、Grey Heron)L:93。
F00A0191b
F00A0845b

アリちゃん。。

ちらほら見かけるようになったアリちゃん。この冬も宮跡は賑わうでしょう。

アリスイ(蟻吸、Eurasian Wryneck)L:18。
F00A0317
F00A0348F00A0337

堂々、闊歩。。

 ネットがあり近づけないので安心なのでしょう。堂々と歩いていました。

アオアシシギ(青足鷸、Common Greenshank)L:35。
F00A0499bF00A0495b
F00A0456b
F00A0478b

1羽は寂しい。。

 この池では珍しい。時々、見まわりが必要ですね。

ウズラシギ(鶉鷸、Sharp-tailed Sandpiper)L:21.5。
F00A0678b
F00A0740bF00A0756b

地味なシギ。。

周りに同化しているのでじっくり探さないと見失いそう。越冬するかなぁ。

オジロトウネン(尾白当年、Temminck's Stint)L:14.5。
F00A0547bF00A0473b
F00A0535b

静かに休息。。

静かに休む鶲。5分ほど休んでいました。

エゾビタキ(蝦夷鶲、Grey-Streaked Flycatcher)L:14.5-15。
F00A0350b

早朝の山で。。

 まだ、光が射さない早朝です。1羽のハトが木立で休息していました。

アオバト(緑鳩、White-bellied Green Pigeon)L:33。
F00A0018b

元気で良かった。。

今年もやって来た白いオオバン。3年目です。元気だったのが嬉しい。

オオバン(大鷭、Eurasian Coot)L:39。@11.6
F00A0191bF00A0215b

千葉県支部報より。。

 千葉県野鳥の会の会報(19.11)「ほおじろ」にオオキアシシギの記事が掲載されていました。
 記事によれば9月20日~10月1日までの滞在と記載があります。
 IMG_20191130bIMG_20191130c

比較。。

アオアシシギと尾羽を比較しました。

オオキアシシギF00A0691
アオアシシギ。
アオアシシギF00A0445
ツルシギと一緒。
F00A0122

池の記録。。

ツルシギも入ってきました。

F00A0123bF00A0055bF00A0096b
F00A0086b
BG9N1。NBN19O18-N03。

池の記録。。

何度でも撮りたくなります。一生分撮ったかも。

F00A0116b
F00A0126bbF00A0255b
F00A0289b
F00A0293b
F00A0295b
F00A0380b
F00A0332b
F00A0232b
BNU9O26。

池の記録。。

 アオアシシギと行動を一緒にいました。いつまで滞在するかヤキモキします。

(大黄足鷸、Greater Yellowlegs) L:31。
F00A0422b
F00A0233b
F00A0312bF00A0219b
F00A0225b
DAJ9O25。

今日のサギ。。

 大きな鯰を捕まえた!!。呑み込むのに難儀していました。

アオサギ(蒼鷺、Grey Heron)L:93。
F00A0418
F00A0426

池の記録。。

 小魚を食べていました。水が流れている場所に小魚や川エビが沢山いるので採餌は
困らないようです。

F00A0163bF00A0172bF00A0421b
F00A0445b
F00A0472b
HUG9O23。

池の記録。。

 池のそばに数台は車両が止められるけど、近隣住民が嫌がるので大勢、押しかけると
トラブル必死。知人に知らせてよいか悩みます。

F00A0458b
F00A0504bF00A0536b

F00A0539b
F00A0551b
F00A0558b
F00A0691b
DJJ9O22。

池の記録。。

 連日、通いましたが遠くにいて気づく人は少なかった。

F00A0133b
F00A0088bF00A0083b
F00A0098b
F00A0181b
F00A0126b
GAH9O21。

ウミネコ。。

 浜辺の掃除屋さんのウミネコ。海へ行けば沢山いて、鳥やさんが写真を撮ることは
ほとんどありませんが内陸の池では珍鳥です。朝、近所の池で1羽のウミネコが休息
していました。

ウミネコ(海猫、Black-tailed Gull)L:46、W:120。
F00A0650bF00A0665b

烏山椒の実(3)。。

 エゾビタキは少なかった。少し啄んで飛び去りました。

エゾビタキ(蝦夷鶲、Grey-Streaked Flycatcher)L:14.5-15。
F00A0406

烏山椒の実(1)。。

 烏山椒の実が熟れると鳥達が群がります。二時間ほど観察していると数種の鳥が
やってきました。
 オオルリは若♂、♀が複数羽が来ました。

オルリ(大瑠璃、Bleu-and-white Flycatcher)L:16-16.5。
F00A040
F00A0025

まさか?。。

 まさか、関西で観られるとは思っていなかったので驚きです。久しぶりの大物です。
 過去の記録:1983年、豊橋。2004年茨城、浮島。
 その後、各地で出ている噂はありますが、観察記録は少ない。
F00A0442bF00A0436b
MBS9O20。
記事検索
プロフィール

tai_kana98

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード