☆☆たいかな日記☆☆

きまぐれブログへようこそ。♪♪自然の中で鳥との出会いを求め、近隣、時にはミニ遠征を続けています。♬♬

野鳥(あ)

御陵の主。。

早朝、御陵へ行くと梢に止まっています。

オオタカ(蒼鷹、Northern Goshawak) L:♂50、♀58.5、W105-130 ♂。
F00A7516

手持ちで。。

500mm手持ちで撮ったけど重くて安定せず。体力なし。年を感じました。

アカゲラ(赤啄木鳥、Great Spotted Woodpecker) L:24  ♀。
F00A8569

本土のアオバ。。

毎年、青葉の時期に飛来します。今年も見ることが出来ました。

アオバズク(緑葉梟、Brown Hawk-Owl) L:29,W:66-70
F00A6002
F00A6006

田植え準備。。

近所の田んぼです。
耕したら昆虫が出てくるのでしよう。目敏いアマサギが集まってきました。

アマサギ(黄毛鷺、Cattle Egret)  L:51
F00A6866
F00A6857

南国の鳥(5)。。

 かなりの数が繁殖しています。生態系を壊すので駆除していますが追いつかない
ようです。寿命は20~30年で長生きです。

インドクジャク(印度孔雀、Indian Peafowl)L:♂最大230、♀86-90.W:♂44-50、♀40-42
F00A7086F00A1949

南国の鳥(4)

本土のヒヨドリより濃い茶色。南へ行くほど黒いようです。
八重山諸島に生息し 周年 観察できます。

イシガキヒヨドリ(石垣鵯、Brown-eared Bulbul)L:27-28.5
F00A1286
F00A3228

南国の烏(1)。。

石垣で見た鳥シリーズです。(一部、既掲載)
画像整理が遅れています。整理した順にアップします。

八重山地方に分布する留鳥のオサハシブトガラス。本島などのハシブトガラスに
比べ体が小さめです。

オサハシブトガラス(長嘴太烏、 ( Large-billed Crow )L:42 (参:ハシブトガラス L:57)
F00A9561

やはり難しい。。

いつまでたっても上手に撮れない飛びものです。近くを飛んでも気づいた時は既に遅し。
後姿を恨めしそうに見ているだけでピストルのように連写してもゴミの山・・・情けない。

オオアジサシ(大鰺刺、Greater Crested Tern) L:43-53、W:125-130
F00A9936F00A0050
F00A0056
F00A0087

今季初アマ。。

田んぼは稲が伸びていて鳥の姿は見えにくいです。唯一、植えて間もない田んぼが
一か所ありました。そこにいたアマサギです。

アマサギ(黄毛鷺、Cattle Egret)  L:51
F00A6734F00A6733
F00A0294
F00A0312
F00A3365a

水田で。。

田んぼのアオアシシギです。稲の植え方はかなり雑(笑)。

アオアシシギ(青足鷸、Common Greenshank) L:35
F00A1801
F00A8573
F00A9450

地元の池。。

ヒナは大きくなっています。

アオサギ(蒼鷺、Grey-Heorn) L:93  & カワウ(河鵜、Great Cormorant ) L:82、W:12
F00A6058

赤い口。。

にぎやかな子です。グリーンバックに赤い口。。。ぎょうぎょうしい声で囀っていました。

オオヨシキリ(大葦切、Oriental Reed Warbler) 。L:18F00A2486

お山の鳥。。

今季も見ることができました。
寛いでいたので撮りやすかったです。

オオアカゲラ(大赤啄木鳥、White-backed Woodpecker)L:28
F00A2457
F00A2248
F00A2231
F00A2200
F00A2959
F00A3077
F00A3034

いざ、出陣。。

飛び出し前。残念ですが 飛んだのは撮れなかった。
その後、獲物をゲットも 即、カラスが追っかけて横取りされました。苦労は報われず。

オオタカ(蒼鷹、Northern Goshawak) L:♂50、♀58.5、W105-130
F00A3103

渓流にて(1)。。

綺麗な川をゆっくり下っているペア。

オシドリ(鴛鴦、Mandarin Duck)L:45
F00A3534

群れ。。

公園の芝生にいたイカルの群れ。100羽近くいたと思います。

イカル(斑鳩、Japanese Grosbeak)L:23
F00A4065 (2)F00A4065 (1)

桜の新芽。。

山の桜はまだ蕾。ウソが美味しそうに新芽を啄んでいます。

ウソ(鷽、Eurasian Bulfinch) L:15.5-16
♂。
F00A5237
F00A5407
♀。
F00A5428

さんしゅゆ。。

山茱萸の花が終われば桜の季節です。名残の花に来るアトリ。

アトリ(花鶏、Brambling)L:16
F00A1550
 サンシュユは、薬用植物として江戸時代中期に朝鮮から果実が持ち込まれたもので
春を告げる花木のひとつです。
 葉が芽吹く前に黄色い小花を枝いっぱいに咲かせ、満開の花が黄金色に輝くように咲く
姿から「ハルコガネバナ」の別名があります。

 果実は形・色・大きさなどがグミに似て真っ赤に熟すのでアキサンゴとも呼ばれて、食用、
薬の原料などに用いられます。

ピンクが綺麗。。

昨年は見てなかったのでご挨拶に。。2羽のみです。

オオマシコ(大猿子、Pallas`s Rosefinch)L:16-17 
F00A6220
F00A5860
F00A6165
F00A5252
F00A5492

ありすい。。

暖かくなってきたので そろそろ、いなくなるでしょう。
最後かと思い挨拶に伺いました。

アリスイ(蟻吸、Eurasian Wryneck) L:18
F00A7695F00A7737
F00A7739

呉越同舟?。。

いつも行く宮跡の池にいたアオサギとカワウです。

アオサギ(蒼鷺、Grey-Heorn) L:93  & カワウ(河鵜、Great Cormorant ) L:82、W:12
F00A6632

普通種シリーズ(5)。。

今季は見る機会が少なったウソ。温暖化の所為で南下しなくても餌が豊富にあった
のでしょうか。これから先、北の鳥は来なくなるかも。

ウソ(鷽、Eurasian Bulfinch) L:15.5-16
F00A5728
F00A6384

普通種シリーズ(3)。。

黄色が鮮やかになってきました。

アオジ(青鵐、Black-faced Bunting)L:26
F00A6011

海の秋沙。。

綺麗になったウミアイサ。ベタ凪の海岸です。

ウミアイサ(海秋沙、Red-breasted Merganser ) L:55
F00A1068F00A0904

おがわ。。

近隣へ行く用事があったので立ち寄りました。昨年末から滞在中。

オガワコマドリ(小川駒鳥、Bluethroat) L:15
F00A0115F00A0091F00A0141

梅蟻吸。。

最後は定番のアリスイです。

暖かくなって梅林へ出るようになったけど日によって全くダメな日も。
気まぐれで困ります。

アリスイ(蟻吸、Eurasian Wryneck) L:18
F00A8161
F00A9600
F00A8943

木の実大好き。。

沢山のウバメガシの実を置いています。一日、二回やってきます。午後の部です。

アオバト(緑鳩、white-bellied Green Pigeon)L:33
F00A6788
F00A6801F00A7051F00A7182

青空では。。

相変わらず 追っかけておりました。

オオタカ(蒼鷹、Northern Goshawak) L:♂50、♀58.5、W105-130
F00A3511

芦原では。。

撮っているようで撮って無いオオジュリン。

オオジュリン(大寿林、Common Reed Bunting) L:16
F00A4067

久しぶり。。

 過去の記録を調べたら、撮ったのは2012.12でした。4年ほど撮って無い。
それなら行かなくっちゃ。

☆26日、10時過ぎに北へ向かって飛んだそうです。北帰でしよう。
 今冬も元気で、来て欲しいですね。

オオワシ(大鷲、Steller's Sea Eagle) L:♂88、♀102、W:220-250
F00A3273F00A2610
F00A2613
F00A3336
F00A3338
F00A3292
F00A2989
F00A2910
F00A2641
F00A3479
B7F18

ポカポカ陽気。。

今日は暖かい一日でした。ポカポカ陽気に誘われ地元でのんびり過ごしました。
梅の花の中にアリスイが入りましたが枝が密集していて綺麗には撮れません。
梅は無いけど舌出しアリスイが偶然撮れました。

アリスイ(蟻吸、Eurasian Wryneck) L:18
F00A5808F00A6137
F00A5952

寒い日(3)。。

梅開花。今季初の梅アリスイです。

アリスイ(蟻吸、Eurasian Wryneck) L:18
F00A5248

楢枯れ。。

山へ入ると楢枯れが目立ちますが 啄木鳥には 虫がいるので格好の餌場なのでしょう。

アカゲラ(赤啄木鳥、Great Spotted Woodpecker) L:24  ♀。
F00A7939F00A7948

苦労した鷽。。

今季初ウソ。高い枝に数羽いましたが枝被りで苦労しました。

ウソ(鷽、Eurasian Bulfinch) L:15.5-16
F00A8806F00A8792F00A8967
F00A8929

慣れてきたかな?。。

少し慣れて来たのか梅林に出るようになりました。
花絡みはまもなくか・・・・。

アリスイ(蟻吸、Eurasian Wryneck) L:18
F00A1839F00A1911F00A1852

集まる鳥。。

群れになるアトリです。集まるとり➡あつとり➡アトリ。
このところ、沢山見られるようになりました。

アトリ(花鶏、Brambling)L:16
F00A8462

斑鳩の鳥。。

沢山いた斑鳩の鳥。綺麗に撮れない・・・。

イカル(斑鳩、Japanese Grosbeak)L:23
F00A6142

葦の中(1)。。

ヒクイナを撮りにいったら出て来た鶯です。

ウグイス(鶯、Japanese Bush Warbler) L:14-16
F00A3944

愛想悪し。。

私と相性が良くないのか行くタイミングが悪いのか何度行っても良い場所には
出てくれません。

アリスイ(蟻吸、Eurasian Wryneck) L:18
F00A6974F00A6949

絡む。。

相変わらず仲悪し。犬猿の仲、いやいや鷹烏の仲。

オオタカ(蒼鷹、Northern Goshawak) L:♂50、♀58.5、W105-130
F00A6786
F00A6827

ヒドリ。。

少し色が悪いけど。ヒドリガモ。。。。

アメリカヒドリ(アメリカ緋鳥、American Wigeon) L:48
F00A7051

正面顔。。

2羽並びです。挨拶に来たのでしょうか。

エナガ(柄長、Long-tailed Tit)L:14
F00A3822

三種混合(1)。。

ヤシャブシの実を啄んでいる小鳥たちです。アトリは1羽のみ。

アトリ(花鶏、Brambling)L:16
F00A6472

何でも撮る(1)。。

お出かけついでです。ピンぼけであろうが暗かろうが何でも撮ります。

イカル(斑鳩、Japanese Grosbeak)L:23
F00A3162

お待たせ・・・。。

お待たせしました。今季初。取り急ぎアップします。
葦の刈り取りが終わり見易くなりました。

アリスイ(蟻吸、Eurasian Wryneck) L:18
F00A0727
F00A0773

タイガ。。

幸せなことに2度目のオジロビタキです。深くは記載しません。(笑)

オジロビタキ(尾白鶲、Taiga Flycatcher) L:11.5-12  @昨年秋の画像です。
F00A5808
F00A5970
F00A5845
F00A5934
F00A5890
F00A8206
F00A4270
F00A6434
F00A6711
F00A6829
F00A5930

人馴れしてる。。

人を恐れません。待っていると5㍍近くまで来ました。

アカガシラサギ(赤頭鷺、Chinese Pond Heron ) L:45 @2016.12
F00A7774
F00A8260
F00A7734
F00A7287

オシドリ。。

池のオシドリは少ない。気候変動で来なくなったのか、或は、最近、オシドリの休息場所に
釣り人が入って居る所為かは 良く分かりません。

オシドリ(鴛鴦、Mandarin Duck)L:45
F00A8753F00A8723

海鳥。。

シロエリより少し大きいようですが比較鳥がいないので大きさが分かりません。
2羽が仲良く滞在していました。おそらく若様たちでしょう。

オオハム(大波武、Black-throated Loon) L:72、W:120 @昨年末の画像。F00A2337F00A1447
F00A2459
F00A1167

ボサボサ頭。。

ウミアイサ♀が2羽いました。そろそろ♂が見たいんだけど。。

ウミアイサ(海秋沙、Red-breasted Merganser ) L:55
F00A2620
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード