☆☆たいかな日記☆☆

主に野鳥の観察が中心ですが最近は何でもあり。風景、行事、植物、動物、食事他、気が向けば撮ります。

野鳥(あ)

休耕田で(1)。。

 数少ない休耕田に尾の黒いシギがいました。

オグロシギ(尾黒鷸、Black-tailed Godwit)L:38.5。チドリ目シギ科オグロシギ属。
F00A0476
F00A0518
F00A0405

定位置で休息。。

 採餌が終わり休息する鷸。この場所も鷸類は少なかった。

アオアシシギ(青足鷸、Common Greenshank)L:35。チドリ目シギ科クサシギ属。
F00A1043
F00A1057
F00A1083

水場の鳥(3)。。

綺麗なオオルリ(♂)がやってきた。

オオルリ(大瑠璃、Blue-and-white Flycatcher)L:16-16.5。ヒタキ科オオルリ属。
F00A0085
F00A0140

3番子。。

最後に巣立った幼鳥。頼もしくなりました。逆光です。

オオタカ(蒼鷹、Northern Goshawk)L:♂50、♀58.5。W:105-130。タカ科ハイタカ属。
F00A0161


伊吹にて。。

久しぶりの伊吹山です。
幼鳥が1羽いるけど まだ飛ぶ回数は少ないそうです。

イヌワシ(狗鷲、Golden Eagle)L: ♂78-86、♀85-95、W:170-213。タカ科イヌワシ属。
頭が無い。気づくのが遅かった。リベンジか。
♂。F00A0197b
F00A0221b
早朝5時30分。暗い。F00A0018b




アマサギ。。

この時季になると近隣の田んぼに集まります。隣の町の池でも休息していました。

アアサギ(黄毛鷺、Cattle Egret)L:51。サギ科アマサギ属。F00A0359
F00A0175
F00A0346
F00A0038

イワツバメ。。

イワツバメが乱舞。葉に沢山の御馳走がいるようです。中にツバメもいました。

イワツバメ(岩燕、Asian House Martin)L:13。ツバメ科イワツバメ属。F00A0119b
F00A0126b
F00A0127b

しっかりしてきた。。

 オオタカの幼鳥がかなり成長したようにみえます。精悍な顔になりました。

オオタカ(蒼鷹、Northern Goshawk)L:♂50、♀58.5。W:105-130。タカ科ハイタカ属。 F00A0115
F00A0487
F00A0346

おおたか。。

元気の良い1番子。飛び回っていました。ひとまず、観察は終わりか?。

オオタカ(蒼鷹、Northern Goshawk)L:♂50、♀58.5、W:105-130。タカ科ハイタカ属。
F00A05951
F00A0608
F00A0610

おおたか。。

暗い所にいて探し辛い。

オオタカ(蒼鷹、Northern Goshawk)L:♂50、♀58.5、W:105-130。タカ科ハイタカ属。
F00A0058
F00A0063

オオルリ。。

オオルリ幼鳥もきました。

オオルリ♂ (大瑠璃、Blue-and-White Flycatcher)L:16-16.5。ヒタキ科オオルリ属。 
F00A0392b

おおたか。。

 翌日、再訪。車を止める場所が少ないので苦労しました。

オオタカ(蒼鷹、Northern Goshawk)L:♂50、♀58.5、W:105-130。タカ科ハイタカ属。
F00A0141
F00A0531
F00A0591
F00A0600
F00A0427

おおたか。。

 オオタカの雛の鳴き声が聴こえた。暫くするといきなり飛び出した。

オオタカ(蒼鷹、Northern Goshawk)L:♂50、♀58.5、W:105-130。タカ科ハイタカ属。
F00A0151
F00A0185
F00A0227
F00A0249
F00A1208

休耕田で。。

 休耕田にサギの集団がいた。中にアマサギが数羽。

アマサギ(黄毛鷺、Cattle Egret)L:51。サギ科アマサギ属。
F00A0512
F00A0521

幼鳥。。

 幼鳥がいた。林内から出てこない。再挑戦か。

オオタカ(蒼鷹、Northern Goshawk)L:♂50、♀58.5、W:105-130。タカ科ハイタカ属。
F00A0625

雄姿。。

 オオタカが休息していた。鋭い眼で睨みつけているようにみえました。

オオタカ(蒼鷹、Northern Goshawk)L:♂50、♀58.5。W:105-130。タカ科ハイタカ属。
F00A0213
F00A0236
F00A0271
F00A0374

ウミネコ。。

 自宅近隣の池で休息中のウミネコ。この池では珍しい。

ウミネコ(海猫、Black-tailed Gull)L:46、W:120。カモメ科カモメ属。
F00A0032

アオバ。。

 毎季、来ている巣に来なかったので諦めていたら、神社に雛がいると連絡があり
ました。あいにく、遠方に出かけていたので巣立ちに間に合いません。
 帰宅翌朝、観に行きましたが日が経っていたので子たちは木の上に上がっていました。

アオバズク(緑葉梟、Brown Hawk-Owl)L:29、W:66-70。フクロウ科アオバズク属。
F00A0349
F00A0344
F00A0305
F00A0651
少し早く巣立った子を含め、3羽誕生。
F00A0726

火の鳥。。

 今年は雛が四羽、巣立ったそうです。残念ですが、観に行けませんでした。

アカショウビン(赤翡翠、Ruddy  Kingfisher)L:27。カワセミ科アカショウビン属。@在庫。
♂。
F00A0076
♀。
F00A0036
F00A0130
F00A0179
F00A0322
F00A0518
F00A0411

田んぼで。。

 アオサギがタウナギを4匹呑込みました。育ち盛りの子たちに運ぶのでしょう。

アオサギ(蒼鷺、Grey-Heron ) L:93。サギ科アオサギ属。
F00A0357
F00A0367
F00A0850
F00A0850b
F00A0766
F00A0794

10年目突入。。

 ブログを始めたのが2011年6月22日。今日で10年目に突入です。飽きっぽい性格なのに
続けられたのは何だったのでしょう。
 おそらく皆さんのご支援があったからだと思います。感謝!。感謝!。

 と言う分けでブログ開設最初に掲載した画像を再掲します。

アカショウビン(赤翡翠、Ruddy Kingfisher) L:27。
img_1585 アカショウビン
img_1144アカショウビン

あおさぎ。。

 朽ちた釣り堀の橋桁でアオサギが子育てをしています。既に親と同じくらい大きくなって
いますが まだ、飛べません。
 親はタウナギを二匹呑込んで来て、吐き出し子に与えました。

アオサギ(蒼鷺、Grey-Heron)L:93 。サギ科アオサギ属。
F00A0888fF00A0917f
F00A0941f

耳を疑う声が・・・。。

 自宅近隣の山です。突然、聴き覚えのある声が・・・。一瞬、戸惑いましたが、数回
聴こえたので慌てて探しました。
 梢に見つけたキョロロー、キョロロー・・・ビックリです。

アカショウビン(赤翡翠、Ruddy Kingfisher)L:27。カワセミ科アカショウビン属。
F00A0013

田植えは終わり。。

田植えが終わった水田にいた少し若い子。色が薄い。2年前と同じ場所に入りました。

オグロシギ(尾黒鷸、Black-tailed Godwit)L:38.5。シギ科オグロシギ属。
F00A0724
F00A0137F00A0076
F00A0385

オオルリ。。

暗い場所で休んでいるオオルリ。綺麗な♂です。

オオルリ(大瑠璃、Blue-and-White Flycatcher)L:16-16.5。ヒタキ科オオルリ属。
F00A0488b

高山の鳥(3)。。

逆光・・・綺麗に撮れない。

アカゲラ(赤啄木鳥、Great Spotted Woodpecker)L:24。キツツキ科アカゲラ属。
F00A0402b

高山の鳥(2)。。

陽射しが強い。また、撮りました。

オオアカゲラ(大赤啄木鳥、White-backed Woodpecker)L:28。キツツキ科アカゲラ属。
F00A0021bF00A0038b

高山の鳥(1)。。

雛が産まれたのでしょう。親鳥は交代で忙しそうに餌を運んでいました。

アカハラ(赤腹、Brown-headed Thrush)L:24、ヒタキ科ツグミ属。
F00A0307b

忙しなく動く・・・。。

 子育ては終わったのかなあ?ペアが遊んでいました。
 動き回るので撮り辛い。

オオアカゲラ(大赤啄木鳥、White-backed Woodpecker) L:28。キツツキ科アカゲラ属。
F00A0238
F00A0268

アマちゃん。。

ちらほら見かけた人もいたようですが、私は今季初撮りです。
田んぼに10羽ほどいました。

アマサギ(黄毛鷺、Cattle Egret)L:51。サギ科アマサギ属。
F00A0372b
F00A0447bF00A0737b

F00A0523b

池の角に。。

池の端っこで採餌しているアオサギ。餌探しに夢中のようです。

アオサギ(蒼鷺、Grey-Heron)L:93。サギ科アオサギ属。
F00A0798bF00A0718b

オオヨシキリ。。

 早くから来ていたけど、今季初撮り。

オオヨシキリ(大葭切、Oriental Reed  Warbler)L:18。ヨシキリ科ヨシキリ属。
F00A0442bb

芽吹きの山。。

 ペアが成立したようです。
 子育てが始まると囀りが少なくなります。声がなくなるので探し辛くなるでしょう。

オオルリ(大瑠璃、Blue-and-White Flycatcher)L:16-16.5。ヒタキ科オオルリ属。@在庫。
F00A0781b
F00A0745b

F00A1054b
F00A1010b
F00A0818b

水たまりで。。

換羽が進んでいます。少し滞在して沢山食べて渡っていくのでしょう。

オジロトウネン(尾白当年、Temminck's Stint)L:14.5。シギ科オバシギ属。
F00A0441bf
F00A0649b

換羽進む。。

 換羽が進んでいました。冬に観るのと違い綺麗。この時期に観たのは初めてです。

アオシギ(青鷸、Solitary Snipe)L:31。シギ科タシギ属。@在庫。F00A0028fbF00A0176bfF00A0212bf
F00A0235bf
F00A0222bf

コバルトブルー。。

 綺麗な声は癒しです。新芽が伸び始めた新緑の山に似合うオオルリ君。綺麗!!。

オオルリ(大瑠璃、Blue-and-white Flycatcher)L:16-16.5。ヒタキ科オオルリ属。@在庫。
F00A0325fb
F00A0162fb
F00A0036fb

F00A0230bb
F00A0293fb
F00A0242fb

アオサギ。。

ここ数年、田んぼに蓮華が増えてきました。

アオサギ(蒼鷺、Grey Heron)L:93。サギ科アオサギ属。
F00A0261

また、行った。。

   午後から出かけた。以前より人は少ない。
     鳥は何度か出てきましたが状況を見ていました。
   夕方になると更に人が少なくなり鳥も落ち着いた感じでした。

オガワコマドリ(小川駒鳥、Bluethraot)L:15。ヒタキ科ノゴマ属。@在庫。
F00A0216b
F00A0128b

F00A0052b
F00A0360b
NKN20M17。3-1。

オガワ。。

 撮影再トライです。連日は珍しい鳥を観ようと大勢の人が集まったので、あまり
撮らずに帰りました。雨の日は人が少ないと考え、雨と強風の日に行きました。
 換羽が進むと綺麗になるけど・・・・。

オガワコマドリ(小川駒鳥、Bleuthroat)L:15。ヒタキ科ノゴマ科。@20年3月。
F00A0197b
F00A0521b
F00A0402b
F00A0356b
F00A0065b
F00A0960b
NBK20M16。2-1。

大唐。。

 2014年3月以来、久しぶりに観ました。この冬は各地で見つかっています。
(日本で観られるモズで最大。)

オオカラモズ(大唐百舌、Chinese Grey Shrike)L:31。モズ科モズ属。@2月撮影。
F00A0702b
F00A0061b
F00A0117b
F00A0525b
F00A0051b
F00A0443b
F00A0152bb
F00A0154bb

アオサギ。。

 ラブラブ。コメント控えます。

アオサギ(蒼鷺、Grey Heron)L:93。サギ科アオサギ属。
F00A0493
F00A0598
F00A0601

F00A0532

とりあえず観た。。

 近々では2016年12月に観たのが最後です。人気の鳥さんで連日、大勢の人が押しかけて
います。

オガワコマドリ(小川駒鳥、Bluethroat)L:15。ヒタキ科ノゴマ属。
F00A0590b
F00A0690b
F00A0668b
BBG20M12。1-1。

再度、アカハラ。。

 先日は綺麗に撮れなかったので再トライしました。

アカハラ(赤腹、Brown-headed Thrush)、L:24、ヒタキ科ツグミ属。
F00A0045b
F00A0060b

芽吹きの季節。。

春です。芽吹いたばかりの木にイソヒヨドリが止まりました。

イソヒヨドリ(磯鵯、Blue Rock Thrush)L:23ー25.5。ヒタキ科イソヒヨドリ属。
F00A0466aF00A0499a

アカハラ。。

 旧跡にいたアカハラ。陽炎メラメラで綺麗に撮れず。

アカハラ(赤腹、Brown-headed Thrush)、ヒタキ科ツグミ属。L:24。
F00A0436

今季と昨季。。

今季と昨季の比較です。昨年より綺麗になっています。(再掲載です。)

オナガガモ×ヒドリガモ 成鳥♂。
今季。
F00A0256b20
昨季。
F00A0259b19

イソヒヨくん。。

 新型コロナで世間は騒がしく、鳥見に出かけるのも遠慮気味です。
 このところ、近隣での散歩徘徊が多く掲載する画像がありません。

 住宅の屋根をイソヒヨドリが支配していました。

イソヒヨドリ(磯鵯、Blue Rock Thrush)L:23-25.5。
F00A0488

遅い草刈り。。

 例年だと1月には終わっている草刈りが 現在 進行中です。
 草刈りが終わったところに早速 下りてきたのはアリスイです。
 この日は2羽を同時に確認+遠くで1羽の声を聴きました。計3羽かな。

アリスイ(蟻吸、Eurasian Wryneck) L: 18。
F00A0558a
F00A0532
F00A0563bb
F00A0567

イソヒトドリ。。

 宮跡にいる愛想の良いイソヒヨくん。

イソヒヨドリ(磯鵯、Blue Rock Thrush)L:23 -25.5。
F00A0199b

F00A0209b

20秒後&34秒後。。

 鳴き声を聞く機会が少ないので参考に掲載します。
 *アオアシシギより鋭く甲高い声です。
 20秒後と34秒後に鳴き声が入ります。@在庫。
記事検索
プロフィール

tai_kana98

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード