冬羽のヒバリシギが田んぼに数羽いました。
江戸時代からヒバリに似ているのでヒバリシギと呼ばれていましたがヒバリより
小さいです。

ヒバリシギ(雲雀鷸、Long-toed Stint) L:14.5
F00A2682
F00A2694
K6N07。