コアジサシが数羽いました。
 年々、繁殖できる場所が少なくなっています。警戒心が強く危険を察知すると、即座に子育てを諦めてしまいます。

 コアジサシは、日本に夏鳥として渡来し、河川や海岸でコロニーを作り集団繁殖します。
 絶滅が危惧されており、環境省の第4次レッドリスト(H24.8)で絶滅危惧 II 類に位置づけられています。
 また、日豪等の二国間渡り鳥条約に基づき「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」で、国際希少野生動植物種に指定されています。

コアジサシ(小鰺刺、Little Tern)L:22~24
F00A2687