鳥枯れ状態が続いているので急遽、植物学者になり水中の藻を撮りました。
  この世界も楽しそうです。

   食虫植物のタヌキモの花です。
   「タヌキモ」(狸藻)の名前は水の中にある袋状の捕虫葉がタヌキの尾に似ていることから
  名づけられたようです。

タヌキモ。
F00A3545
F00A3793
F00A4803
補虫葉。タヌキ似?。
 補虫葉は普段は口を閉じていて袋はペチャンコです。ボウフラが近づくと口を開け一気に水を
吸い込むとボウフラも一緒に入ります。30分ほどで消化が終わると水はブツブツを泡になって
袋の表面から出ていき、また、ペチャンコになります。
F00A4810


 NHK、Eテレ。ミクロワールドにタヌキモについて詳しく
  紹介されています。

        ⇓

  http://www.nhk.or.jp/rika/micro/index_2010_005.html