☆☆たいかな日記☆☆

きまぐれブログへようこそ。♪♪自然の中で鳥との出会いを求め、近隣、時にはミニ遠征を続けています。♬♬

December 2017

今年も見た!。。

生息数が減っているカモさんです。レッドリストでは「絶滅危惧 (EN)」に指定。
生息数は10,000羽以下(1994年の記録)。

アカハジロ(赤羽白、Baer's Pochard) L:45
F00A7770F00A6789
F00A6696
F00A7221
F00A7728
F00A7152

白化個体。。

車で走行中、飛んだのを見たので探したら河川敷に下りていました。

ハクセキレイ(白鶺鴒、White Wagtail)L:12
F00A2774F00A3022F00A2812
2013.8に見た個体。
IMG_7542

大賑わい。。

 珍鳥現ると聞き、久しぶりなので見に行きましたが案の定、大勢の人で賑わって
いました。
 鳥はムクの木の実を食べていて地面に下りてくれません。
 (滞在:11月27日~12月2日、前回:2014.2.26~4.12@関東)

ウタツグミ(歌鶫、Song Thrush)L:20-22
F00A0764F00A0347F00A1340
F00A1453
F00A1522

カワ。。

綺麗な川に数羽のカワアイサがいました。警戒心は薄いようです。

カワアイサ(河秋沙、Common Merganser) L:65
F00A7888F00A6935F00A7941
F00A7408

ミコ。。

パンダに なりかけのミコアイサ。全部で30羽ほどいました。

ミコアイサ(神子秋沙、巫女秋沙、Smew) L:42
F00A6431
F00A6274
F00A6457
F00A6489
F00A6119
F00A6387

無残な状態・・・。。

 この時期、この古墳の周りのお濠にかなりの数のオシドリが入ります。以前、トモエガモ
の群れも入りました。
 ところが休息場所の古墳の周りが突然、伐採され無残な状態になっています。
 木が繁ったのが伐採理由かとは思いますが何もこの時期にやらなくても良いのではと
思うのは私だけでしょうか。当然、オシドリは居なくなりました。
 ・・・環境への配慮や野鳥保護を無視する宮内庁・・・

 ☆ウワナベ古墳・・・平城宮の北東にあり 被葬者は明らかではないですが第16代
   天皇の皇后八田皇女と推定されています。
DSC_0193
DSC_0194

雄化個体。。

ホシハジロ♀の雄化個体です。珍しいので掲載します。

ホシハジロ(星羽白、Common Pochard)L:45
F00A9950
F00A0081

忘年会。。

毎月、元勤務先の同僚と飲み語らっています。12月は河豚で忘年会。ほとんどの
メンバーが参加しました。

@松一。17名参加。
DSC_0181DSC_0188DSC_0190
P7D07。

あおばと。。

止まっている脇に木の実があるので長いこと 居座っていました。

アオバト(緑鳩、white-bellied Green Pigeon)L:33
F00A1816F00A1696

ランチ。。

久しぶりに友人とランチ。
鳥見の時はおにぎり2つのみ。日頃、せわしなく食事をとっているので 
たまには落ち着いた雰囲気での食事も良いかも。

於:コトシエール@グランヴイア京都 
DSC_0179DSC_0181
DSC_0182
DSC_0185
DSC_0189
グランヴイア15F から。
DSC_0177a
@P7N15。

4羽 飛来。。

時々、地元の池に入ります。
移動途中の羽根休めでしょう。5分ほど滞在して すぐ飛びました。

ツクシガモ(筑紫鴨、Common Shelduck) L:62.5 
F00A4356F00A4378

朝日。。

朝日が眩しい地元の古墳のある池です。
DSC_0175

カワアイサがいると友人からの知らせがありました。早速、見に行きましたが
数分で飛び去りました。

カワアイサ(河秋沙、Common Merganser) L:65
F00A5241
F00A5292

オシドリ。。

朝は動きが活発です。動きまわっていました。

オシドリ(鴛鴦、Mandarin Duck)L:45
F00A5660
F00A5731
F00A5729
F00A5761

水場の鳥(5)。。

アトリと仲良しメジロくんです。

アトリ(花鶏、Brambling)L:16
F00A1988
メジロ&アトリ。
F00A1895

水場の鳥(4)。。

今季初撮りのシロハラ。

シロハラ(白腹、Pale Thrush)L:24-25
F00A2003
アトリ、メジロ、シロハラ。
F00A1902

水場の鳥(3)。。

少し警戒しているアカハラ。

アカハラ(赤腹、Brown-heaed Thrush)L:24
F00A2020
アカハラ、アトリ、シロハラ。
F00A2012

水場の鳥(2)。。

常連さんのシジュウカラ。

シジュウカラ(四十雀、Japanese Tit) L:15
F00A2048

水場の鳥(1)。。

楽な鳥さん観察は水場の前のベンチに座るに限る!。
座っていると様々な鳥がやってきます。

メジロ(目白、Japanese White-eye) L:12
F00A2068

アジサシ。。

遅い渡りです。また、近所の池を1羽、寂しく飛んでいました。1日だけの滞在でした。

クロハラアジサシ(黒腹鰺刺、Whiskered Tern) L:33-36、W:76-85。
F00A3515F00A4057F00A4038
F00A3705
F00A3937
F00A4005
F00A3630

コウノトリその後。。

コウノトリが4羽揃いました。賑やかになってきました。
豊岡生まれの個体で2013年生1羽、2016年生2羽、2017年生1羽の4羽です。

コウノトリ(鸛、Oriental Stork) L:112。
F00A4725

コウノトリ。。

毎冬、飛来するようになってきたコウノトリ。先週月曜日に4羽飛来しましたが
短時間で飛び去りました。再度、4羽飛来したと聞いたので見に行ったけど1羽
いただけでした。

コウノトリ(鸛、Oriental Stork) L:112。
F00A3232

早朝散歩。。

早朝はお腹が空いているのでしょう。木の実を啄むイカルくんはあまり警戒しません。

イカル(斑鳩、Japanese Grosbeak)L:23
F00A8495F00A8349

これからです。。

公園にいたルリビタキ。餌が豊富なのか まだ出て来ません。

ルリビタキ(瑠璃鶲、Red-flanked Bluetail) L:14
F00A8591

一生懸命!。。

わき目もふらず穴を掘っていたコゲラ。

コゲラ(小啄木鳥、Japanese Pigmy Woodpecker) L:15 
F00A7946

啄む。。

赤い木の実を食べに来たアトリくん。出かけると 毎回、会います。

アトリ(花鶏、Brambling)L:16
F00A8334F00A8572

山の池。。

早朝の人のいない山の池です。今年は来るのが少し遅かったようです。
江戸時代に雄は容姿が良く 美しい「をしどり」に似ているので「をしかも」と
言われていたようですが 少し無理があるカモ。

ヨシガモ(葭鴨、Falcated Duck) L:48
F00A9465F00A9455F00A9527
F00A9424
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード