☆☆たいかな日記☆☆

きまぐれブログへようこそ。♪♪自然の中で鳥との出会いを求め、近隣、時にはミニ遠征を続けています。♬♬

September 2017

うきちどり。。

今季は各地の水田に入っています。
普段は海上をゆら~り、ゆら~りと漂っていて人に接することが少ない鳥です。
近づいても逃げません。

アカエリヒレアシシギ(赤襟鰭足鷸、Red-necked Phalarope)L:18
F00A8443F00A8129
F00A8198
F00A8491

山の鳥(5)。。

ふわ~りと飛ぶ姿に哀愁を感じました。

キジバト(雉鳩、Oriental Turtle Dive) L:33
F00A7978

山の鳥(4)。。

遠くにいたメジロ。

メジロ(目白、Japanese White-eye) L:12
F00A8937

山の鳥(3)。。

暇な山のお客さん。小さな虫をフライキャッチしていました。

コサメビタキ(小鮫鶲、Asian Brown Flycather)L:13
F00A1546

山の鳥(2)。。

毎度、お馴染みの鳥さんです。

エゾビタキ(蝦夷鶲、Grey-Streaked Flycatcher) L:14.5-15
F00A6392F00A1535

山の鳥(1)。。

バックの青が綺麗です。暇の合間の1カット。

ホオジロ(頬白、Meadow Bunting) L:16.5
F00A5620

1町歩(2)。。

水溜まりを闊歩するアオアシシギ。

アオアシシギ(青足鷸、Common Greenshank) L:35
F00A8725

1町歩(1)。。

正方形の1町歩の広い田んぼです。農家の方が試しに水を張ったら
水鳥の楽園になりました。
残念ですが田んぼの水張りは今年限りとか。

セイタカシギ(背高鷸、Black-winged Stilt) L:37
F00A8343F00A8876

町の鳥。。

北海道千歳市、岡山県高梁市、鳥取県三朝町、熊本県人吉市などの自治体が
町の鳥に指定しています。

ヤマセミ(山翡翠、Crested kingfisher)L:38F00A9797

素早い。。

飛んで来ていきなりタウナギをゲット。何処かで見ていたようです。

アオサギ(蒼鷺、Grey-Heorn) L:93 
F00A8689

ノビちゃん。。

ノビタキの季節です。

ノビタキ(野鶲、Common Stonechat) L:13 
F00A9767 (2)F00A9767 (1)
F00A9902

若狗様。。

お山で待っていると飛んで来た若いイヌワシ。どこまで放浪するのでしょう?。
距離があったけ掲載します。

イヌワシ(狗鷲、Golden Eagle) L:♂78-86、♀85-95、W:170-213
F00A2267
トビが絡む。
F00A2317

また、会った(2)。。

急に飛び出し、木立の裏側へ消えました。

サシバ(差羽、鵊鳩、Grey-faced Buzzard) L:♂47、♀51、W:105-115。
F00A7973F00A7974
F00A7975

また、会った(1)。。

お山へ日参。また、止まっていました。

サシバ(差羽、鵊鳩、Grey-faced Buzzard) L:♂47、♀51、W:105-115。
F00A7751F00A7794
F00A7883
F00A7959

米国。。

待っていると近くまで寄ってきました。ラッキー。
ここ数年、撮って無かったので嬉しい出会いでした。

アメリカウズラシギ(アメリカ鶉鷸、Pectoral Sandpiper) L:22
F00A6193F00A6135F00A6612
F00A7351

ちょぴり遠征。。

 先日、ちょっぴり遠征しました。久しぶりの成果に満足,満足。沢山撮りました。
 世界全体の生息数は400羽(成鳥)以下で絶滅の危機に瀕しています。

ヘラシギ(箆鷸、Spoon-billed Sandpiper)L:15 絶滅危惧ⅠA類(CR) ・・・絶滅寸前
F00A9512
F00A9752b
F00A9002
F00A9707
F00A0687
F00A9181
F00A0718
F00A9392

西山散策。。

何年振りか記憶にない位  遠い昔に行った西山再訪です。
観光シーズンの端境期なのか参拝客はほとんどおりませぬ。静かな山は結構きつく
登るのはこれが最後になるかも知れません。(笑)

高雄山神護寺・・・真言宗寺院。本尊は薬師如来、開基は和気清麻呂。
F00A7377
F00A7413
F00A7480
高台からの遠望。(かわら投げ・・・3枚、200円)
F00A7441
栂ノ尾高山寺・・・創建は建永元年(1206)明恵上人が後鳥羽上皇より寺域を賜り再興した。  
鳥獣戯画が有名です。
F00A7579
F00A7627
枚岡八幡宮・・・平安初期大同4年(809年)に神護寺の守護神として弘法大師によって建てら
れた。44種類の花が描かれた花天井、樹齢300年を超える紅椿、白椿伝説の樹齢200年の
白椿などがある。 
F00A7638
F00A7660
どうしても鳥に目が移りまする。(笑)・・・清滝川にて。
カワガラス(河烏、Brown Dipper)L:22
F00A7539

お山詣で。。

お山です。お泊りさんか、あるいは地元の住人(鳥)か?、2羽のサシバが餌探し。
鋭い目つきでキョロキョロしながらバッタなどの昆虫を何回も捕獲しました。

サシバ(差羽、鵊鳩、Grey-faced Buzzard) L:♂47、♀51、W:105-115。
F00A7297
F00A7227
F00A6712
F00A6779
F00A6865

嘴太。。

ウミネコの群れの中にいました。大きさが違うので すぐ分かりました。
(ユリカモメと同じ大きさ)

ハシブトアジサシ(嘴太鰺刺、Gull-billed Tern) L:33-43、W:85-103
F00A1178
F00A1035
F00A1697
急にノビたのではみ出しました。油断大敵。
F00A1704

やっと会えた。。

やっと会えた鷸は草被りでした。若い個体です。

ハリオシギ(針尾鷸、Pintail Snipe) L:25
F00A3474F00A3109

桜の木です。。

毛虫に食い尽くされ葉っぱがなくなった桜の木に止まるツツドリ。

ツツドリ(筒鳥、Oriental Cuckoo) L:32
F00A5243
F00A5131

猛禽シリーズ(3)。。

地元のサシバがいつも止まる杉の木に長いこと止まっていました。

サシバ(差羽、鵊鳩、Grey-faced Buzzard) L:♂47、♀51、W:105-115。
F00A4342
F00A4008F00A3942
F00A4128

猛禽シリーズ(2)。。

青空なんだけど距離有り。残念。

ハチクマ(八角鷹、蜂角鷹、Honny Buzzard)L:♂57、♀61、W:121-135。
F00A4255F00A4117
F00A4638

猛禽シリーズ(1)。。

いつも行く山は渡りのコースを外れていて飛来数は少ないです。

ツミ(雀鷹、Japanese Sparrowhawk) L:♂27、♀30、W:51-63。
F00A4518

仲良し(2)。。

今季2度目のヒバリシギ。

ヒバリシギ(雲雀鷸、Long-toed Stint) L:14.5
F00A2734

仲良し(1)。。

干上がった田んぼに2羽のシギがいました。
ヨーロッパトウネンは数少ない旅鳥ですが今季は各地から「出ているよ」と便りがあります。

ヨーロッパトウネン or ニシトウネン(欧羅巴当年、Little Stint) L:14
F00A2900
ヒバリシギと一緒。
F00A2568

小鳥シリーズ(3)。。

今年産まれのオオルリ。少しカメラ設定を間違えました。

オオルリ(大瑠璃、Blue-and-white Flycatcher) L:16-16.5
F00A4560

小鳥シリーズ(2)。。

台風が接近しています。被害が無いことを願っています。

エゾビタキ(蝦夷鶲、Grey-Streaked Flycatcher) L:14.5-15
F00A4708a_ited-1F00A4319

小鳥シリーズ(1)。。

小鳥たちも渡っています。先日と同じ山の同じ鳥です。

コサメビタキ(小鮫鶲、Asian Brown Flycather)L:13
F00A4090

錐合。。

渡り途中。小さな体でどこまで飛んで行くのでしょう。
錐を合わせたような嘴のシギ。

キリアイ(錐合、Broad-billed Sandpiper) L:17
F00A5802F00A5452F00A7201

捕獲。。

 電柱から飛んで田んぼに下り、ヒバリをゲット。
 獲物が小さいので腹の足しにはならないと思うけど・・・。

オオタカ(蒼鷹、Northern Goshawak) L:♂50、♀58.5、W105-130 ♂。
F00A7792
F00A7798

山は暇。。

登った日が悪かったのでしょう。
撮りたい鳥は飛びません。暇つぶしに・・・。

トビ(鳶、Black KIte) L:♂58.5-59、♀68.5、W:157-162
F00A4605
F00A8124F00A8055

逆光。。

今季初のツツドリです。桜の葉には好物のケムシが多いようです。

ツツドリ(筒鳥、Oriental Cuckoo) L:32
F00A4042F00A4030F00A4024

ヒバリ似。。

    可愛いヒバリシギ。干上がった水田で採餌していました。

 春秋の渡りの時期に旅鳥として府内に飛来するが個体数は少ない。
 

ヒバリシギ(雲雀鷸、Long-toed Stint) L:14.5
F00A6491F00A6410

減ってきた。。

レッドリスト絶滅危惧II類に指定されています。以前は良く見かけましたが
少なくなっています。

タカブシギ(鷹斑鷸、Wood Sandpiper) L:20
F00A7549

ヒクイナ。。

行動範囲が狭いのか いつも同じ畦道にいるヒクイナ。

ヒクイナ(緋水鶏、Ruddy-breasted Crake)  L:23
F00A4511F00A4158
F00A5380

また、チュウジ。。

チュウジ祭りが続いています。

チュウジシギ(中地鷸、Swinhoe's Snipe) L:27
個体A。
F00A7969
F00A7937
F00A7840
個体B。
F00A3653

タマムシ。。

美しい玉虫。陽が当たると綺麗です。
昆虫販売店で500~2000円で販売しているそうです。

ヤマトタマムシ(玉虫、吉丁虫、Jewel beetle )
F00A8110F00A8112

山の小鳥(3)。。

地元の小鳥さんです。

ヤマガラ(山雀、Varied Tit ) L:14
F00A8065

山の小鳥(1)。。

山にいた小鳥シリーズ。
高い梢に止まり辺りを見て即、飛び去りました。きっと人が居たのが嫌だったのでしょう。
蝦夷方面から来るのでエソビタキとか。

エゾビタキ(蝦夷鶲、Grey-Streaked Flycatcher) L:14.5-15
F00A4051

山の小鳥(2)。。

渡りの途中の羽根休め。少し休んで消えました。

サンショウクイ(山椒食、Ashy Miniver) L:20
F00A8041

コオバさん。。

逆光です。少し色だししました。

コオバシギ(小尾羽鷸、Red Knot) L:24.5 
F00A2066
オバさんと一緒。
F00A2038

オバさん。。

オバシギが数個体 入っていました。

オバシギ(尾羽鷸、Great Kont) L:28.5
F00A3235
フラッグ付き。宮城、鳥の海でつけられたようです。
F00A2699
F00A2631
F00A2629

干潟近くの池。。

数羽のアカアシシギが休息していました。でも遠かった。

アカアシシギ(赤足鷸、Common Redshank)L:27.5
F00A6931F00A6902

一挙に来た。。

急に増えてきたチュウジシギ6個体。今年はチュウジが多いようです。

チュウジシギ(中地鷸、Swinhoe's Snipe) L:27
F00A3644F00A3441F00A3528
F00A3510
F00A4148
F00A3703

朝の田んぼ(2)。。

夏羽のアオアシシギ。朝日を浴びています。

アオアシシギ(青足鷸、Common Greenshank) L:35
F00A1803F00A1918F00A1903
F00A1910

朝の田んぼ(1)。。

遠くに2羽のコアオアシシギがいました。待っていたら少しだけ近づいてくれました。

コアオアシシギ(小青足鷸、Marsh Sandpiper) L:24
F00A1818F00A1736F00A1740
コアオアシシギ、アオアシシギ。
F00A1781

シルエット。。

遠くにいるシギのシルエット。

ホウロクシギ(焙烙鷸、Far Eastern Curlew) L:63
ダイシャクシギ(大杓鷸、Eurasian Curlew) L:60
F00A2241 (2)
ミユビシギ(三趾鷸、Sanderling) L:19 
F00A2241 (1)

干潟(3)。。

潮が満ちて餌が捕れなくなったのでしょう。岩場に上がり休んでいました。

ソリハシシギ(反嘴鷸、Terek Sandpiper) L:23
F00A2819

干潟(2)。。

かなり潮が引いた干潟に30羽ほどのダイゼンがいました。

ダイゼン(大膳、Grey Plver)L:29
F00A2293
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード