☆☆たいかな日記☆☆

きまぐれブログへようこそ。♪♪自然の中で鳥との出会いを求め、近隣、時にはミニ遠征を続けています。♬♬

April 2017

寛ぎ。。。。。

少し贅沢に・・・。
一皿の量は少ないけど満腹、満腹・・・。美味しくいただいた至福のひと時でした。

@RESTAURANT TAMURA。
DSC_0008DSC_0009
DSC_0010
DSC_0011
DSC_0012
DSC_0014
DSC_0015
DSC_0017
DSC_0019
RESTAURANT TAMURA
M7A25。

撮り辛い。。

黒っぽい鳥は撮り辛いです。
子育てが忙しいカワガラス。明日あたり雛が巣立つかも?  でも行けない・・・。

カワガラス(河烏、Brown Dipper)L:22
F00A0655F00A1218
F00A1212
F00A6483
F00A0991
F00A1261

グリーンバック。。

モミジの新芽を啄むコムク。若葉が綺麗です。

コムクドリ(小椋鳥、Chesnut-cheeked Starling)L:19
F00A4350F00A4310
F00A4427

巣材運び。。

メジロが忙しそうに巣材を運んでいました。

メジロ(目白、Japanese White-eye) L:12
F00A4512

気になるよ!!。。

二羽が並んで同じ方向を向いています。何を見ているのでしょう。

モズ(百舌・鵙、Bull-headed Shrike) L:20 
F00A3204

白い花。。

白い山茶花の蜜を吸うヒヨドリ。

ヒヨドリ(鵯、Brown-eared Bulbul) L:27.28.5
F00A4538

ホロ打ち。。

存在をしきりにアピールする雉雄。ホロ打ちの連続写真です。

キジ(雉、Common Pheasant)L:♂81、♀58
F00A3360
F00A3361
F00A3366
F00A3367
F00A3368
F00A3369
F00A3370
F00A3371
F00A3372
F00A3373
F00A3374

書籍紹介。。

お世話になった先輩が書籍を発刊しました。
ご一緒に仕事をし 指導いただいた当時が懐かしいです。

オーラルヒストリー企業法務
目次

しま模様。。

 蝶を友人が見つけましたが 私は蝶初心者です。

トラフシジミ。春型。
F00A5292

神社。。

市内へで行く途中、立ち寄った神社です。・・・・。
DSC_0003bDSC_0001b
C7A25。

市内で昼食。。

蕎麦大好きです。昼食は市内で。美味しくいただきました。@尾張屋
DSC_0002a
DSC_0001a
P7A25。

再挑戦。。

 前回は下見。今回は本番と勇んで行ったけど登山はきつい。分かってはいても 
欲深さに負け 足が向きました。現地についてまず長~い休息。次の行動まで 時間が
かかりました。・・・やはりしんどい・・・

 待つこと1時間。座っていた背後に気配が・・・2mの距離でした。 
 
ヤマドリ(山鳥、Copper Pheasant) L:♂125、♀55
12節ある立派な♂です。
F00A6965
F00A7153
F00A7115
F00A7022
♀。
F00A7084

山城の筍。。

 友人からタケノコが出ているよと誘いがあったので行きました。
あまりにも多くのタケノコが生えていて 途中で掘るのを諦めました。
DSC_0001

御陵にて。。

御陵にキビタキが来ました。美しい声で囀っています。

キビタキ(黄鶲、Narcissus Flycatcher)L:13.5 
F00A6093
F00A6041
F00A6283
F00A6098

渓流。。

山奥は寒く 鳥たちの囀りは少ない。ミソサザイは数羽いました。

ミソサザイ(鰞鷯、Winter Wren)L:10~11
F00A0422F00A0458

蓮華の花。。

欲を言えばもう少し花があったら・・・。

キジ(雉、Common Pheasant)L:♂81、♀58
F00A3428F00A3588
F00A3598

桜満開。。

花の期間は短いので咲いている時に沢山撮ろうと思い近隣を徘徊しました。
コムクの第一陣は一日で消え、第二陣が入らないかと探しましたが数羽いたのみ。

コムクドリ(小椋鳥、Chesnut-cheeked Starling)L:19
F00A2406F00A2493
F00A2465
F00A2300
F00A2512

にゅうない。。

 桜も終わり。この子を撮るのも終わりました。近隣に沢山、来るので何回も行きましたが
雨続きで苦労しました。

ニュウナイスズメ(入内雀、Russet Sparrow)L:14
F00A0007F00A0082
F00A0048
F00A9847
F00A9973
F00A9914
F00A0041

国鳥。。

 この時期は動きが活発です。♂4、♀2を見ました。これから田んぼなどで数多く
見かけるでしょう。次は蓮華畑で・・・。

キジ(雉、Common Pheasant)L:♂81、♀58
F00A0222

いざ、出陣。。

飛び出し前。残念ですが 飛んだのは撮れなかった。
その後、獲物をゲットも 即、カラスが追っかけて横取りされました。苦労は報われず。

オオタカ(蒼鷹、Northern Goshawak) L:♂50、♀58.5、W105-130
F00A3103

夕陽を浴びて。。

夕方です。弱い光にピンクの花が更に赤く染まっていました。
コムクドリも少しピンク色。

コムクドリ(小椋鳥、Chesnut-cheeked Starling)L:19
F00A2125
F00A1958F00A1964
F00A1695

桜雀。。

極、普通の雀です。

スズメ(雀、Eurasian Tree Sparrow) L:14-15
F00A0074

桜鵯。。

桜の蜜はご馳走です。

ヒヨドリ(鵯、Brown-eared Bulbul) L:27.28.5
F00A6509

桜百舌。。

桜と鳥。モズが可愛い。

モズ(百舌・鵙、Bull-headed Shrike) L:20 
F00A6558

ぞろぞろ家族。。

 普段は警戒心が強く撮らしてくれないコジュケイ。でも この地には愛想の良い家族が
います。5羽の群れと4羽の群れが歓迎してくれました。

 国内では100年前に放鳥され その後、増加しています。
コジュケイ(小綬鶏、Chinese Bamboo Partridge) L:27
F00A0767
F00A0339
F00A1085F00A0533

東福寺。。

気が付けば紅葉の若葉が眩しい新緑の季節でした。

 昨夜は元勤務先の同僚との飲み会。集合時間前に立ち寄った東福寺の新緑は
眩しかったです。
DSC_0004
DSC_0002

猫柳。。

春が来た♫♫。カワセミのペアも忙しそう。残念ながら2羽並びは撮れません。

カワセミ(翡翠、Common Kingfisher) L:17 
F00A3833
F00A3859
F00A3922
F00A3931

二度目。。

 桜は咲いたけど天気が悪い。散る前にと思い雨の中、出かけたけど どうもスッキリ
撮れない。また、挑戦か?

ニュウナイスズメ(入内雀、Russet Sparrow)L:14
F00A7774F00A9238
F00A7877
F00A8458

記録。。

 近所の田んぼにいました。不鮮明ですがこの時期に近隣で見たのは初めてなので
 アップします。

ノビタキ(野鶲、Common Stonechat) L:13 
F00A0367

尾が長い。。

 山登りが苦手で遅れ遅れになっていましたが、一度は見ておかねばと思い、急遽、
出かけました。急な山道を何度も休憩しながら やっとたどり着いた先には・・・
 綺麗な♂が待っていました。

ヤマドリ(山鳥、Copper Pheasant) ウスアカヤマドリ L:♂125、♀55 
♂。
F00A5872
F00A5916
♀。
F00A6055

野崎参り。。

 長い石段を登った上にある慈眼寺、野崎観音さん。行程は少々きつい。
 ひょんなことから登って来ました。

 飯盛山の山麓にある慈眼寺の本尊は行基が彫ったと言われる十一面観世音菩薩です。
 1688~1710年頃は野崎参りが盛んで繁栄したそうです。
  
  ♫「野崎参りは 屋形船でまいろ / どこを向いても 菜の花ざかり
    粋な日傘にゃ 蝶々もとまる / 呼んでみようか 土手の人」♫・・・野崎小唄

DSC_0709
DSC_0708

渓流にて(2)。。

ヤマセミの季節です。4個体 みました。2個体の画像を貼ります。

ヤマセミ(山翡翠、Crested kingfisher)L:38 
♀。
F00A3801F00A3797
♂。
F00A3494
F00A3599

渓流にて(1)。。

綺麗な川をゆっくり下っているペア。

オシドリ(鴛鴦、Mandarin Duck)L:45
F00A3534

外来種(2)。。

 近隣の山でも大きな声で合唱している篭脱け鳥。
 中国南部、東南アジアに生息している鳥で江戸時代に飼い鳥として輸入された。

ソウシチョウ(相思鳥、Red-billed Leiothrix) L:15
F00A1699
F00A1702 (1)
F00A1702 (2)

外来種(1)。。

気性が激しい鳥なのでしょう。他の鳥が来ると威嚇します。
中国南部、東南アジアに分布する篭脱け鳥。近年、増え続けています。

ガビチョウ(画眉鳥、Chinese-Hwamei) L:25
F00A0477
F00A0382
巣材運び。
F00A1223

探鳥会終了後。。

昨日は奈良支部探鳥会。終了後、若い人達と一緒に食事をとりました。

クルール@奈良県庁内。@17.4.8
8
奈良公園は桜満開。
DSC_0002

モズ。。

 モズは難しい。セアカモズとアカモズ(カラアカモズもしくはシマアカモズ)との交雑かなぁ。

交雑モズ。セアカモズ(背赤百舌、Red-backed Shrike)L:17
F00A8348F00A8573
F00A8765
F00A9095
F00A8468
セアカモズ(背赤百舌、Red-Backed Shrike) L:17 @2007.22

桜咲く。。

 桜の開花が遅れて やっと咲いたので楽しみにしていたら雨になりました。
今季は満足に撮れないかもしれないニュウナイです。

ニュウナイスズメ(入内雀、Russet Sparrow)L:14
F00A6879
F00A6922
F00A6722
F00A6302 (1)
F00A6840

群れ。。

公園の芝生にいたイカルの群れ。100羽近くいたと思います。

イカル(斑鳩、Japanese Grosbeak)L:23
F00A4065 (2)F00A4065 (1)

バトル。。

イカルの群れに1羽のシメが近づきました。
ところが急に餌をめぐってイカルと争いが勃発。
気性の激しいシメは しばしば、もめ事を起こします。

シメ(鴲、Hawfinch) L:19  & イカル(斑鳩、Japanese Grosbeak)L:23
F00A4037
F00A4036
F00A4035
F00A3944

桜の新芽。。

山の桜はまだ蕾。ウソが美味しそうに新芽を啄んでいます。

ウソ(鷽、Eurasian Bulfinch) L:15.5-16
♂。
F00A5237
F00A5407
♀。
F00A5428

暗すぎ。。

暗い所が好きなクロジ。周囲が暗すぎて撮るのは辛い。

クロジ(黒鵐、Grey Bunting) L:16.5
F00A6156

鳥も花見。。

桜の季節です。鳥も満開の桜を見てからお山へ帰るのでしょうか。

ルリビタキ(瑠璃鶲、Red-flanked Bluetail) L:14
F00A1279 (1)
F00A1441

箏曲演奏会。。

 毎年この時期に開催される恒例の演奏会に友人数名と行きました。
毎回、出演されていた尺八奏者、人間国宝 山本邦山さんが他界してから4年が
経ち  子息が 2代 山本邦山を襲名、関西初披露の会でした。

正派白菊会、箏曲演奏会。@大津、ピアザ淡海。17.4.2
F00A4964
2代 山本邦山さん。
F00A5004
F00A5110
F00A5058
F00A5064
幼い子たちの演奏は微笑ましい。
F00A5040
IMG_001

南方系の鳥。。

 遠方に黒いノビタキがいると連絡がありました。最近は珍鳥が出たと聞いても即、
動かず今回も全く気乗りがしなかったのに何故か急に遠出してしまいました。
往復2,000㎞の旅でした。

クロノビタキ(黒野鶲、Pied Bush Chat) L:13
F00A2169F00A1638
F00A1677
F00A2690
F00A2901
F00A1707a

昨日のこと。。

地元の池にシマアジがはいりました。その数9羽(♂6、♀3)。これほど沢山来たのは
初めてです。

シマアジ(縞味、Garganey) L:38
F00A4805








桜咲く。。

桜の花蜜を吸うコゲラ。少し疲れたのかアクビをしています。

コゲラ(小啄木鳥、Japanese Pigmy Woodpecker) L:15 ♂
F00A1385
F00A1383

さんしゅゆ。。

山茱萸の花が終われば桜の季節です。名残の花に来るアトリ。

アトリ(花鶏、Brambling)L:16
F00A1550
 サンシュユは、薬用植物として江戸時代中期に朝鮮から果実が持ち込まれたもので
春を告げる花木のひとつです。
 葉が芽吹く前に黄色い小花を枝いっぱいに咲かせ、満開の花が黄金色に輝くように咲く
姿から「ハルコガネバナ」の別名があります。

 果実は形・色・大きさなどがグミに似て真っ赤に熟すのでアキサンゴとも呼ばれて、食用、
薬の原料などに用いられます。

カチガラス。。

 久しぶりにカチガラスを見てきました。公園に入ると早くもカシャカシャと鳴く声が聞こえて
きます。数か所に巣があり 子育てが始まっているようです。

カササギ(鵲、Eurasian Magpie) L:45
F00A9978F00A9352
F00A0246
F00A9695
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード