☆☆たいかな日記☆☆

自然の中で鳥との出会いを求め活動しています。主に近隣での観察が中心ですが、時にはミニ遠征もします。

第二陣です。

一挙に入ってきました。その数50羽以上。10~20羽単位の群れが飛んでいました。

コムクドリ(小椋鳥、Chestnut-cheeked Starling)L:19
F00A0570F00A0506
F00A1027
F00A0809
F00A0791
F00A0767
F00A0872

公園の鳥(2)。。

アカハラくんが2羽いました。早く帰らないと・・・。

アカハラ(赤腹、Brown-headed Thrush)L:24
F00A0016

公園の鳥(1)。。

目的の鳥に会えず、仕方なく時間つぶしに撮った鳥さん・・・少し失礼かな。

イカル(斑鳩、Japanese Grosbeak)L:23。
F00A0081

10年ぶりに!!。。

10年ぶりに三宅島へ行きました。懐かしい!!。
関西からは余分に2日必要なので躊躇していましたが誘われたので行ってきました。
期待のアカコッコは少ないような気がしましたが、とりあえず固有種は観察出来ました。
残念ですが満足な証拠写真はありません。

竹芝桟橋。
DSC_8701b
アカコッコ館。
DSC_8717b
大路池。
DSC_8719b
伊豆岬灯台(明治42年建造)。
DSC_8723b
橘丸(2014年就航、5700トン)。
DSC_8739b
東京湾の夜景。
DSC_8761b

高いところに。。

バラバラと飛んでいたコムクくん。高い場所が好きなようです。

コムクドリ(小椋鳥、Chestnut-cheeked Starling)L:19
F00A0411

ネット記事より。。

ネット記事(4/12)

 中華民国野鳥学会は11日、東アジアにしか生息しない絶滅危惧種の
渡り鳥、クロツラヘラサギが今年、台湾で2407羽確認されたと発表した。
世界全体の約54%を占め、昨年より307羽増えたが、2017年の2601羽に
は及ばなかった。
 世界全体では初めて4000羽の大台を突破し、4463羽となった。
 (1月調査)

遠征した。。

久しぶりの茨城です。強行軍で見に行ったハシジロくんです。

ハシジロアビ(嘴白阿比、Yellow-billed Loon)L:89、W:145
F00A0776
F00A0518F00A0889
F00A0957
10年前のハシジロくん。
IMG_9241
BR9A06。

団体さんが来た!。。

一挙に入ってきた可愛いムク。新芽をつついておりまする。

コムクドリ(小椋鳥、Chestnut-cheeked Starling)L:19。
F00A0772F00A0742f
F00A0457f
F00A0438f
F00A0791
F00A0366f

小さな川で。。

川幅が狭かったので近くで撮れました。
コガモたちと一緒なので長期滞在したのかな。

シマアジ(縞味、Garganey) L:38。
F00A0426f
F00A0439f
F00A0394f
F00A0071f
F00A0786

遠くの梢に。。

見た。・・・・・遠かった。

オオアカゲラ(大赤啄木鳥、White-backed Woodpecker)L:28
F00A0495F00A0019

菜の花満開。。

近隣散策です。
普賢寺(観音寺)の前は菜の花が満開。のどかな田舎の感があります。
普賢寺は真言宗智山派の寺院で本尊は十一面観音です。
DSC_8699b
DSC_8698b
DSC_8696b

佐保川。。

桜満開の佐保川です。人は少なく落ち着きます。
DSC_8725d

かしら赤き雀。。

♂、♀がいますが雄のラッパは少ない日でした。

ニュウナイスズメ(入内雀、Russet Sparrow)L:14。
♀。
F00A0365
F00A0356
♂。
F00A0519
F00A0750
F00A0047

畦道に。。

雉がそわそわする季節になりました。蓮華畑が似合う鳥ですが、蓮華を植える農家が
少なくなり、見る機会が少なくなりました。

キジ(雉、Common Pheasant)L:♂81、♀58。
F00A0181

賑やかさん。。

この時期、山へ入るとうるさく囀っています。確実に増えていますね。

ソウシチョウ(相思鳥、Red-billed Leiothrix)L:15。
F00A0346
記事検索
プロフィール

tai_kana98

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード