☆☆たいかな日記☆☆

きまぐれブログへようこそ。♪♪自然の中で鳥との出会いを求め、近隣、時にはミニ遠征を続けています。♬♬

巣作り最中。。

田んぼ道を車が通った後に出来た轍は泥が盛り上がって、丁度、耕した田んぼのように
なっています。ツバメが目敏く泥を見つけ咥えて飛びました。

ツバメ(燕、Barn Swallow)L:17
F00A5682bF00A5595bF00A5597b

鳩。。

車内で休息。ぼんやり遠くを見ていたら何かいる?。

アオバト(緑鳩、White-bellied Green pigeon)L:33
F00A5252

トビ。。


いつも行く山にペアがいます。高い梢に止まり睨みを利かしています。
カラスが来ると追い払います。子育てをしているのでしょうか。

トビ(鳶、Black Kite)L:♂58.5-59、♀68.5、W:157-162
F00A5394F00A6196

ずぶ濡れ。。

前夜、激しい雨が降りました。雨上がりの朝、山に入るとサシバが枯れ木に止まって
いました。

サシバ(差羽、鵊鳩、Grey-faced Buzzard)L:♂47、♀51、W:105-115。
F00A3778

奮闘中。。

子育てに忙しいコゲラ。
雛の風貌はしっかりした大人ですが親は忙しそうに餌運びをしています。
過保護のように見えますね。

コゲラ(小啄木鳥、Japanese Pigmy Woodpecker)L:15 
巣から見る下界はどんな世界でしょう。
F00A3242b
ご馳走を持ってきた親鳥。
F00A3722
待ちくたびれたのか必死にねだっている子供。
F00A3354b
親が餌を与えています。
 
親が留守の間に巣立ちました。
 
巣立った子は少し離れたヒノキに止まりました。
F00A3696

里山で。。

そろそろサシバの季節と思い、近隣の里山を一巡りしました。
車を止め少し休んでからと モタモタしていたら いきなり飛んできました。
慌ててカメラを準備したけど数カット撮っただけです。油断大敵・・・。

サシバ(差羽、鵊鳩、Grey-faced Buzzard)L:♂47、♀51、W:105-115。
F00A2875F00A2874F00A2859

琴の会。。

友人が出演する琴の会があります。近隣に行かれたら立ち寄りください。
入場無料です。

1.日時:平成30年5月20日(日) 午後12時30分~

2.場所:京都市東部文化会館(京都市山科区椥辻西浦町1-8)   
     ☎075(502)1012。地下鉄東西線 椥辻駅下車
3.友人は尺八、琴の演奏に出演します。

琴の会

雪花。。

旧跡で囀っていたセッカです。
陽射し&風が強く条件は良くなかったけど 今季はまだ撮って無かったので。

セッカ(雪花、Zitting Cisiticola)L:13
F00A3182F00A3160

五月会。。

 いつから始まったのか記憶にないほど遠い昔から続いている「五月会」です。
 毎年5月の初めに元勤務先の同僚が朽木の民宿に集まります。
 今年も例年通り集合し 山菜料理に舌鼓を打ちました。

民宿:朽木、石楠花山荘。
DSC_0210b
DSC_0211b
民宿の裏山にシャガが咲き揃っていました。
DSC_0213b
料理です。山菜がいっぱい。堪能しました。
DSC_0217b
DSC_0227b
DSC_0229bDSC_0219b

コサギちゃん。。

アマサギと同じ場所にいたコサギです。

コサギ(小鷺、Little Egret)L:61
F00A2714
F00A2702

アマちゃん。。

夏の始まり・・・アマサギが活躍する季節です。御陵近隣の農耕地にいました。

アマサギ(黄毛鷺、Cattle Egret)L:51
F00A2728F00A2725

鰭足鷸。。

 近隣に夏羽♀が出たと連絡がありましたが生憎、遠方へ出かけていてパスしました。
 この鳥はほとんど海上で生活しているので人などは恐れず極、近くで撮影できます。
 案の定、近くに来た時、カラスに襲われたそうです。可哀想。
 
 以前、波崎@茨城に住んでいた時、会社の敷地に入り捕まえ近隣の水田に放鳥した
 ことがありました。在庫から掲載します。

ハイイロヒレアシシギ(灰色鰭足鷸、Red Phalarope)L:21
IMG_3313IMG_8317
IMG_8387
IMG_7016

久しぶりに。。

久しぶりに蜻蛉を掲載します。御陵の裏道にいました。

ハラビロトンボ(腹広蜻蛉)、33~40。♀。
F00A2412

やま。。

今季、しばしば登場したウスアカです。

ヤマドリ(山鳥、Copper Pheasant)L:♂125、♀55 @在庫
F00A9789bF00A9680b
F00A2225b

幌打ちの季節。。

 昔話をはじめ詩歌やことわざに多く登場する日本人とつながりが深いキジです。
 雉と鷹。雉の草隠れ。雉も鳴かずば撃たれまい。焼け野の雉子、夜の鶴 等ことわざ
 が多く残っています。

キジ(雉、Common Pheasant)L:♂81、♀58
F00A0676bF00A0677bF00A0678b
F00A0679b
F00A0680b
F00A0681b
F00A0683b
F00A0684b
DY8A13。
記事検索
プロフィール

tai_kana98

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード