☆☆たいかな日記☆☆

自然の中で鳥との出会いを求め活動しています。主に近隣での観察が中心ですが、時にはミニ遠征も致します。

ズボラしてます(3)。。

先日見た子と同一個体です。同じフィールドへ通っています。

ジョウビタキ(常鶲、Daurian Redstart)  L:14
F00A0298f

ズボラしてます(2)。。

地味だけど可愛い小鳥さん。また、ホオジロ。

ホオジロ(頬白、Meadow Bunting)L:16.5
F00A0037b
F00A0045f

ズボラしてます(1)。。

 鳥見をサボっています。
 と言うことで近隣で見られる鳥の追っかけのみです。

オシドリ(鴛鴦、Mandarin Duck)L:45
F00A0452f
F00A0504b

ダイサギ。。

 亜種ダイサギ(ダイダイサギ)は脛の色が黄色い。

ダイサギ(大鷺、Great Egret)L:90 。冬鳥。
F00A0671 (1)
F00A0671 (2)

尾白。。

毎年、数羽が飛来する鶲です。今年も見ることができました。

ニシオジロビタキ(西尾白鶲、Red-breasted Flycatcher)L:11-12
F00A0509
F00A0044
F00A0255

色が出ない。。

 諦めムードです。近隣では綺麗な子は撮れません。早くも敗北宣言?。

ベニマシコ(紅猿子、Long-tailed Rosefinch)L:15@在庫。
F00A0106b

F00A0009b
F00A0094b
F00A0068b

真鴨。。

時々、こんな個体ができるようです。珍しいので掲載します。

マガモ(真鴨、Mallard)L:59
F00A0792b
F00A0399b
F00A0753b

下鴨神社。。

 賀茂御祖神社(通称下鴨神社)は平安京造営以前に京を治めていた豪族賀茂氏の
氏神です。ユネスコの世界遺産「古都京都の文化財」の一つで祭神は賀茂建角身命
と玉依媛命。
DSC_8629b

DSC_8642b
DSC_8643b
DSC_8647b
DSC_8649b
DSC_8659b
下鴨神社の入り口にある河合神社。
河合神社DSC_8636b

神子。。

 まだ、沢山います。朝は動きが活発ですぐ潜るので先回りしてカメラを構えていますが
難しい。

ミコアイサ(神子秋沙、Smew) L:42
F00A0709b
F00A0261b
F00A0263b
F00A0285b
F00A0373b
F00A0627b

アワダチソウ。。

朝の陽射しを浴びて佇むホオジロ。何を考えているのでしょう。

ホオジロ(頬白、Meadow Bunting)L:16.5
F00A0049f

田んぼで採餌。。

地元の田んぼです。数えたら16羽。このまま、越冬するでしょうか。

タゲリ(田計理、Northern Lapwing)L:32
F00A0184

F00A0266

三井下鴨別邸。。

 三井家11家の共有の別邸として三井北家(総領家)第10代の三井八郎右衛門高棟が
大正14年(1925年)に建築した旧三井家下鴨別邸です。建築に際し、木屋町三条にあった
木屋町別邸を主屋として移築しました。

旧三井家下鴨別邸は下鴨神社の南にあります。
DSC_8630b
主屋と玄関棟。3階に望楼がある。
DSC_8741b
DSC_8769b
庭園。
DSC_8690b
DSC_8713b
2階座敷から庭を望む。
DSC_8698b
1階座敷から庭を望む。
DSC_8711b
孔雀牡丹図(原在正筆)杉戸絵。
DSC_8717b
墨蘭図(絹本墨画)三井高福筆。明治15年。
三井高福は三井家8代目当主で第一国立銀行、三井銀行、三井物産などを創立し、
三井財閥の基礎を固めた。
DSC_8684b
月下鵞鳥図(紙本墨画)田能村直入筆。
田能村直人は現在の京都市立芸術大学の礎となった京都府画学校の設立に尽力した。
DSC_8692b

近隣です(2)。。

睡蓮の葉がまだ枯れていません。鶺鴒が葉に隠れている虫を探しています。

ハクセキレイ(白鶺鴒、White Wagtail)L:21
F00A0080

近隣です(1)。。

近隣の池に今年もヨシガモは来ています。この池は休息地のようで寛いでいます。

ヨシガモ(葭鴨、Falcated Duck)L:48
F00A0082

地元の池で。。

 毎冬、数羽のカンムリが地元の池にきます。今年も3羽、飛来しています。

カンムリカイツブリ(冠鳰、Great Crested Grebe)L:56、E:85
F00A0634
F00A0659
記事検索
プロフィール

tai_kana98

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード