☆☆たいかな日記☆☆

自然の中で鳥との出会いを求め活動しています。主に近隣での観察が中心ですが、時にはミニ遠征も致します。

樺太。。

 世界的希少種で生息数は1000個体未満と言われています。
 絶滅するかも知れないので出たら 可能な限り 追っかけます。

 ☆カラマツの樹上に草や木の枝を組み合わせた巣を作り、6-8月に2-4個の卵を
  産みます。樹上に巣を作るシギは珍しいです。
   ☆特徴:嘴の基部が太い。足が短い。アオアシシギより小さい。
    (アオアシシギ:L35。嘴が上に反る。足が長い。)

 カラフトアオアシシギ(樺太青足鷸、Nordmann's Greenshank)L:30 @在庫。
F00A1961bF00A1630b
F00A2395b
F00A0409b
F00A1881b
F00A2432b

秋の野罌粟。。

 アキノノゲシの茎はしっかりしていて止まり易いようです。
    花は昼  開き  夕方 しぼむので朝の撮影がベターです。
 
ノビタキ(野鶲、Common Stonechat) L:13
F00A0076b
F00A0048f
F00A0296b
F00A0487b
F00A0209b
F00A0014b

皇室文化。。

 京都文化博物館で催されている「華ひらく皇室文化」の展示・講演会へいきました。
 明治150年を記念した特別展は明治期の宮廷文化の美と技の粋を集めた工芸品が沢山
展示されていました。
 当日は彬子女王殿下(寛仁親王と同妃信子の第一女子)による講演がありました。

開催場所:京都文化博物館。@18.10.16。
DSC_8656
華ひらく皇室文化展会場。
DSC_8662
講演会入場券。
IMG_0002
展示品パンフ。
IMG_0004

よしはらすずめ。。

 渡り途中に立ち寄ったコヨシキリ。草の中へ潜り、動きまわっていました。
 一瞬、上がった時、運よく撮れました。

コヨシキリ(小葭切、Black-browed Reed Warbler)L:14
F00A0007F00A0001
F00A0012

アサギマダラ。。

 セイタカアワダチソウに止まるアサギマダラ。遠い南の国へ飛んで行く準備をしています。

 ☆旅する蝶の生態はまだ解明されていません。2000キロの旅、2日間で740キロ
  の海上移動をした記録があります。
 ☆幼鳥が食べるガガイモ科植物は毒性の強いアルカロイドを含んでいてそれを取り込んで
  いるので毒化していて敵から身を守っています。
   
F00A0548
F00A0589

小さな鳥。。

オギにつかまり止まりするセッカ。小さいのでピントが合わず苦労しました。
下から少しずつ上がって来て上り詰めたら飛び去ります。

セッカ(雪花、Zitting Cisitiola)L:13
F00A0358
F00A0680
F00A0226
F00A0111
アワダチソウにも止まりました。
F00A0152
F00A0634

アワダチソウ。。

 この時季、どこへ行ってもセイタカアワダチソウの花を見かけます。
 黄色い花が草原一面を染め、絨毯を敷き詰めたようです。
 ノビタキは止まり易い高い所に止まり 上の方から虫を探し見つけると飛び降り
 また、定位置へ戻ります。

ノビタキ(野鶲、Common Stonechat)L:13。

少し高いアレチノギクは茎がしっかりしていて止まり易いようです。
F00A0482
F00A0227F00A0161

F00A0642
F00A0828
F00A0363
セイタカアワダチソウのトップにも止まります。
F00A0413
F00A0567
F00A0815F00A0832

尾羽根の数は。。

尾羽根は14枚。タシギ!!

タシギ(田鷸、Common Snipe) L:27
F00A0125
F00A0201
F00A0191

宇奈月。。

 学生時代の友、数名で小旅行を楽しみました。
 京都駅からバスで5時間、宇奈月温泉&黒部へいきました。
    御多分に漏れずこの地も閑散としていました。街中は人影は少なく、幽霊ホテルも
 多々、ありました。

宇奈月の温泉街は閑散としています。@18.10.10
F00A0331b
トロッコ宇奈月駅。
F00A0302b
トロッコ電車。
F00A0249b
F00A0239b
紅葉は少し早いようです。
F00A0065b
F00A0091b
発電所。
F00A0167b
F00A0102d
宇奈月温泉駅。
DSC_8629b
F00A0315b

珍しい。。

 地元の池では初記録です。可愛い幼鳥がいました。人がいても気にせず採餌して
いましたが翌日は見かけません。1日だけの滞在だったのでしょう。

ヨシゴイ(葭五位、Yellow Bittern)L:36
F00A2116f

F00A2306f
F00A1909f
F00A1896b
F00A0791f
F00A091f

オクラの花。。

 今年の夏は天候不順でコスモスの生育が悪く花はマバラです。諦めて近隣の田畑で
ノビタを探しています。

ノビタキ(野鶲、Common Stonechat) L:13
F00A0657b
F00A0471
F00A0379b
F00A0571b

奈良公園。。

先日、所用で奈良公園を歩きました。
興福寺は中金堂再建落慶法要で賑わっていました。 @18.10.8。
DSC_8622
DSC_8609
DSC_8616
先月の台風の爪痕@春日大社参道。
DSC_8612
DSC_8613

トケン。。

愛想の良いホトトギスが毛虫を捕食。この場所が気に入ったのか長期滞在です。

ホトトギス(杜鵑、Lesser Cuckoo)L:28
F00A0564b

F00A0267b
F00A0494b
F00A0395b
F00A0371b
F00A0385b

Jay,Jay。。

林内から急に飛び出すので気が付けば後姿。撮れない。
ヨーロッパでは毎日、違った鳴き声を出す鳥と言われ おしゃべりで信用できない人を
指すようです。

カケス(橿鳥、懸巣、Eurasian Jay)L:33
F00A0090b
F00A0156b
F00A0344b

天気の悪い日。。

休耕田の片隅で忙しそうに動きまわっていたアメウズ。
昨年は9月、今季は10月になって見ました。幼鳥が多いです。

アメリカウズラシギ(アメリカ鶉鷸、Pectoral Sandpiper)L:22
F00A0473b
F00A0350b
F00A0573b
F00A0982b
F00A0827b
記事検索
プロフィール

tai_kana98

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード